オンタクト韓国旅行 「ドラマで見かけたあの場所へ行ってみよう」~江原道編~

2020年12月02日

IMG_3427
新型コロナで一日中家で過ごしながら、いつになったら海外旅行に行くことができるのかなとブルーになる人も多いのではないでしょうか。直接行くことはできなくても韓国の情緒が楽しめる韓流ドラマを通じて、寂しさを埋めている方々の変わりに、「愛の不時着」、「サイコだけど大丈夫」で登場した名所をご紹介します。

アフターコロナではここに行きたい、そんな場所にご案内します。

 

「サイコだけど大丈夫」原州小金山吊り橋

20201128_100612

この日初めに訪れた原州(ウォンジュ)はソウルから車で1時間半で到着できる都市。そんな原州の新しい観光名所として人気なのが小金山(ソグムサン)吊り橋です。小金山は海抜345mとあまり高くない山ですが、美しい姿が人気で展望台から眺める風景が素敵な場所。入り口で3000ウォンの入場料を払うと、2000ウォンは原州で使えるチケットがもらえます。吊り橋へと向かう道には暖かいおでんやコーヒー、マッコリなど誘惑する屋台が並びます。そして、15分ほど歩くと吊り橋へと向かう578個もの階段が・・。この階段を上ると、キム・スヒョン君とソ・イェジさんのデート場所となった吊り橋があります。長さ200m、高さ100mの吊り橋は韓国内の山岳歩道橋の中で一番高い所で、約40Fの高さに該当するそうです。一度に1000人が乗っても大丈夫なほどの耐久性があるそうですが、秋の紅葉シーズンにはこれ以上の人が通るそう。。風がふけばゆっくりと揺れ、スリル満点です。今はコロナ予防から一方通行となっていて、怖くても引き返すことはできません。が、すばらしい風景になんとか通り過ぎることができます。12月以降には、ガラスでできたスカイウォークもオープンするそうで、恋人たちの観光名所としてまた、人気が上がりそうです。

 

「愛の不時着」 寧越ピョルマロ天文台

IMG_3540

次にまた車で1時間半かけて訪れたのは 寧越(ヨンウォル)郡にある蓬萊山(ポンネサン)の頂上にあるビョルマロ天文台です。 日本でも大人気となった「愛の不時着」の第一話の中で、 セリ(ソン・イェジン)が パラグライダーで飛行中に突風で飛ばされ、北朝鮮に入ってしまうシーンが撮影された場所となるビョルマロ天文台は、寧越郡にある蓬莱(ポンレ)山頂上に建設された国内最大規模の天文台です。もともとは韓国ではじめて作られた民間天文台として有名でしたが、このドラマにより、国内でもパラグライダーに関心が高まり、一般人がパラグライディングを体験しにたくさん来るようになったそう。

全国に40箇所ほどあるパラグライディング体験場の中でも、人気が高い場所だそうで、実はセリが飛行に乗ったシーンは別の場所で撮影されたものの、飛行中にセリが見た風景はここで撮影されました。実際にはソン・イェジンさんとパラグライディングの国家代表が二人一緒に飛行しましたが、ドラマでは見事に一人で飛行しているように編集されています。簡単な訓練を受けると空を飛ぶことができる特別な時間を過ごすことができます。

20201128_121701

運動の後にはおいしい料理を。江原道の中でも山岳地である寧越では、山で取れる野菜をたっぷり利用した「ナムルご飯」が有名です。そんな江原ナムルご飯専門店「山の中の友達たち」では、直接栽培した野菜を化学調味料が加わらない手作り調味料で作られた体と口がうれしい料理たちが味わえます。テーブル一杯に並ぶナムルと、江原道名物のチヂミ、そして手作り味噌のテンジャンチゲ。毎朝作られる手作り豆腐は口に入れると溶けてしまうほど柔らかく、熟成キムチととても合います。日本の奈良県で農家レストランにて修行したというご主人は、地元の食材と心温まるおもてなしを日本で学んだと話してくれました。

 

少し足を伸ばしてアリランの故郷旌善へ

20201128_162351

寧越から車で1時間。ドラマの撮影地ではないものの、せっかくここまで来たので旌善(チョンソン)郡も回ってみます。韓国3大アリランのひとつ、旌善アリランの里として有名な場所ですが、ここは金鉱掘進する途中で発見された天然の鍾乳洞や金鉱坑道を利用し、「金と大自然の出会い」というテーマで開発した国内唯一のテーマ型洞窟である「画岩(ファアム)洞窟 」が待っています。

この画岩洞窟は韓国では唯一、入り口と出口が違う洞窟だそうで、入り口付近は昔どのように金を採取していたのかが展示されており、下へ下へと下る階段が継続して続きます。急な階段が続く中、鍾乳洞が待っていて、美しい風景に心は癒されますが、また出口へと向かうために階段を上らないといけません。観覧道は1803mと長いため、1時間半くらいにかけてゆっくりと鑑賞されることをお勧めします。

20201128_174641

また、旌善中心部には旌善アリラン市場が有名です。毎月2と7がつく日には昔ながらの5日市がたち、周辺で栽培された農産物が一同に集まり、多くの人たちで賑わいます。

そんなアリラン市場で是非食べたいのがコットゥンチギソバ。鼻打ちソバという意味を持つこの麺は、太くて腰の強い麺をすするときに鼻を打ってしまうからだそうで、日本のそばつゆに似たスープにキムチとゴマ、のりがタップリ載せられていて、お腹に優しい蕎麦です。もちろん、名物のゴンドゥレマッコリと、ソバ粉のチヂミも一緒に食べると大満足でもお手軽な夕食が楽しめます。

Pocket

関連する記事はこちら

江原道

美しい大自然の中でヒーリング旅行「江原道」

美しい大自然の中でヒーリング旅行 私がリフレッシュされる、ここが江原道   心を休ませ自分自身を顧みる日常とは違った時間を過ごしたい。これが人々が旅行に出かける素朴な動機ではないだろうか。この要求に本当に相応しい土地はここ、江原道(カンウォンド)だ。自然の美しさにかけて…続きを読む

4

秋を満喫したいなら江原道楊口・東海・ 寧越(2)

朝日で輝く海が来る人を迎えてくれる東海市 山岳地帯を見てから、美しい海を見るために墨湖港(ムコハン)と東海港(トンヘハン)という2つの国際港がある東海市(トンヘ)市へと向かいます。この地域では1960~70年台にイカとスケソウダラが大量に捕れ、小高い山に次々に海が見えるように家を…続きを読む

IMG_2852

[特別インタビュー] 元・外交通商部長官 柳明桓 共通の歴史文化を通じた 観光交流で未来を開こう

共通の歴史文化を通じた 観光交流で未来を開こう 柳明桓元・外交通商部長官 特別インタビュー   韓国の李洪九元首相や福田康夫前総理等とともに、日本と韓国の元老たちによる韓日関係改善のために作られた「韓日賢人会議」のメンバーであり、駐日本大使も歴任した元外交通商部長官(外…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

20200606_154958

私だけの秘密にしたいヒーリング聖地「江原道」 ~2 束草市 ~

海と山が作り出す美しい観光地とともに「おいしい」ものが待っている「束草市」 韓国を代表する美しい山「雪岳山(ソラクサン)」と青く輝く海「東海」、そしてここならではの特産品が楽しめる「中央市場」など、昔から避暑地として、観光地として有名な束草(ソクチョ)市は、先ほど訪問した襄陽郡か…続きを読む

IMG_2632

建築で巡る近代史~忠清北道・清州市

 忠清北道の中心・清州(チョンジュ)。ソウルから高速バスに乗れば1時間半で到着する。韓国人にとっては歴代の大統領の別荘地として使われた青南台(チョンナムデ)がよく知られ、日本人にはドラマのロケ地となった壁画村「寿岩(スアム)ゴル」などが有名だが、レトロ建築を巡る街歩き旅行も、この…続きを読む

閑麗水道眺望ケーブルカー

「閑麗水道の秘境を抱く韓国代表文化芸術都市、 統営市へようこそ!」

「閑麗水道の秘境を抱く韓国代表文化芸術都市、 統営市へようこそ!」   インタビュー: 金東鎭・統営市長    韓国の南端にある統営(トンヨン)は、昔からの歴史と海洋文化が息づく韓国3大美港の一つに数えられる。秀麗な海の絶景によって「韓国のナポリ」と賞賛され、…続きを読む

20200606_145719

私だけの秘密にしたいヒーリング聖地「江原道」 ~1 襄陽郡 ~

春の暖かい気温や美しく咲く花を見ながらも自由に外に出かけられなかった時間を過ごし、やっと少しずつ日常が戻ってきた6月。今まで経験したことがなかった感染病に対するストレスから開放されるのはやはり、大自然の光と海、そして空気だといえます。 そんな大自然を一番体感できる場所、江原道(カ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02