[キラリ! 名所] 星州のマクワウリ

2014年06月16日

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉔

 

星州のマクワウリ

 北の大地からアニョハセヨ! 気温の上昇と共に思い出される光景があります。それは釜山で日本語教師として生活していた10年ほど前のこと。半そでシャツにメッシュのベストを着たアジョシ(おじさん)が荷台に山積みになっている黄色い果物を売る光景。ピカピカ光る大きな金の指輪をした日焼けた手で、手際よく真っ黒いビニール袋に黄色い果物を入れる姿を見ると、ついに夏が来たなぁと思ったものでした(道産子の私には釜山の夏は暑すぎました! 笑)。
 ほのかに甘く、冷蔵庫で冷やして食べれば暑さしのぎに最適の果物といえば、韓国では「チャメ」と呼ばれる瓜다카노컬럼49(성주참외)の仲間「マクワウリ」です。
 韓国のマクワウリ生産の70%以上は慶尚北道の南西部、大邱に近い星州(ソンジュ)というところで行われています。洛東江がもたらした肥沃な大地と、夏の豪雨や冬の雪害から守られるように山に囲まれた地形で、マクワウリ生産をしている農家さんは約5千世帯(星州の約4分の1)、作付面積は4千ヘクタールにもなるそうです。
 マクワウリ祭りやマクワウリのモニュメントなど関連ものが多い星州ですが、朝鮮時代から続く伝統的な韓屋村である「ハンゲマウル」、慶尚北・南道に現存する一番大きい山城である「禿用(トギョン)山城」、秋の紅葉が美しい「星州ダム」なども知られています。
 また、星州の南西部は国立公園に指定されている標高1430mの伽倻(カヤ)山に面しています。伽倻山といえば、住所はお隣の慶尚南道・陜川(ハプチョン)になりますが、新羅時代の802年に義湘(ウィサン)によって建立された海印寺(ヘインサ)があります。高麗時代に作られたお経の木版「八萬大蔵経(パルマンテジャンギョン)」は有名ですし、それを収めている「蔵経版殿」はユネスコ文化遺産にも登録されている歴史的価値の高い建物です。星州から海印寺までは車で約1時間。星州でマクワウリを買って持って行けば、よいおやつとなること間違いなしです。
文/高野康夫(通信記者)
Pocket

関連する記事はこちら

noodle3-150x150

ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ – 通仁市場

ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ 通仁市場   さわやかな秋風と共に、おいしい便りが話題となっている。景福宮のそばにある在来市場として長い歴史を持つ通仁(トンイン)市場のお弁当が人気を集めているとか。特別な韓国のお弁当を探しに、通仁市場へ出かけてみよう。 文/…続きを読む

仁川中華街

仁川開港場Walk ~近代と現代が共存する街を旅する

地下鉄1号線の終点である仁川(インチョン)駅の開港場は異国情緒が溢れる。中華街を象徴する牌楼が異邦人を迎え、その向こう側には日本人が過ごした近代の建物が開花期の姿をそのまま表現している。韓国の中の外国として栄えた仁川のかつての姿を見てみよう。 文/李相直記者 空港で馴染み深い仁川…続きを読む

IMG_6029

ソウル駅高架が車道から歩道へ~ソウル路7017を歩く

5月20日、ソウル路7017がオープンした。ソウル駅を見下ろして線路の両側を40年間にわたってつないできた高架道路が市民の憩いの場として生まれ変わったのだ。空中歩道となった高架道路の愛称は「ソウル路7017」。「70」は高架道路が建設された1970年を意味し、「17」は生まれ変わ…続きを読む

水原華城

春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く

「高貴な世界遺産と出会う最もバラエティーな韓国旅行」 春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く  旅行を他の言葉で表現するとすれば、それは「発見」だ。今まで知らなかった世界に足を踏み入れると、その地の歴史と情緒に遭遇し、その発見を通して感動というプレゼントまでもらえるのだから、旅…続きを読む

IMG_4971-

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策  百済の歴史遺跡がユネスコ世界遺産に登録されて、世界から注目を浴びている忠清南道の公州市だが、百済の遺跡ではないもう一つのスポットが韓国で人気を呼んでいる。それは近代の公州の街の様子が残る旧市街の旅。韓国では「原都心」と呼ばれ、レトロ…続きを読む

matsuri02

芸術の秋、食欲の秋、そして…祭りの秋!

韓国の地方へ旅するなら、その土地の祭りに合せて行くことをお勧めしたい。その地方ならではの魅力が祭りに凝縮されているからだ。その土地ならではの特徴をテーマに観光客を呼ぼうと楽しいコンテンツを準備するため、祭りの会場に訪ねさえすれば、見て、知って、食べて、体験して、その地方を充分に楽…続きを読む

雪岳山

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 ‐ 江原道

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 江原道   旅行の目的はそれぞれあるが、その目的を「自然」と「休息」に置くならば、韓国の江原道に勝るところはない。韓国一を誇る名山「雪岳山」を筆頭に、韓流の舞台である南怡島はもちろん、秋の食欲をそそるグルメや伝統美あふれる祭りがあり、韓国…続きを読む

공주_메인_공산성

公州・扶余・益山を巡る百済歴史紀行

  聖なる名「百済」、ユネスコ世界遺産の地を訪ねて 世界が認めた百済文化の出発点、百済の都「公州」 公州は百済の第2の都である熊津があったところだ。韓半島の北方地域を掌握していた高句麗に漢江流域を奪われ、追われるように降りてきたのだが、雨降って地固まるというごとく、百済…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02