ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ – 通仁市場

2014年09月22日

ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ

通仁市場

 
さわやかな秋風と共に、おいしい便りが話題となっている。景福宮のそばにある在来市場として長い歴史を持つ通仁(トンイン)市場のお弁当が人気を集めているとか。特別な韓国のお弁当を探しに、通仁市場へ出かけてみよう。
文/李壮美記者
 
 ここ通仁市場が作られたのは1941年のこと。当時は日本人のための市場として利用されたが、戦争が終わり、露天商たちが集まって自然と市場が形成されていった。市場の発展に従い、現在の公設市場の母体となる建物が1960年代後半になって建てられた。それが5階建ての孝子商街アパートだが、地下と一階は商店街、3階からは住居用で、建てられた当時には、芸能人や近くにある大統領官邸の職員の居住地として人気が高い画期的な建物だった。
 1979年から大きな道路を作るため、周辺にあった韓屋が多く撤去されてしまったが、今でもこの周辺には、昔ながらの下町の風景が残されている。
 今ではアーケードとなった通仁市場だが、過去の通仁市場は人がすれ違うのも難しいほどの狭い路地で、雨が降れば通路はどろどろになってしまう露天市場だった。10年前に市場を大きくリフォームしてアーケードも造られ、現在は市場の中の54店舗の商店と、芸術大学の学生たちが協力し、彫刻設置やお店ごとにその特徴を表現するディスプレイが展示され、かわいいインテリアが通仁市場により一層活気を呼び込んでいる。
 

おかずを自由に選んで食べてみよう!

 そんな通仁市場が最近大きな話題となっているのは、通仁市場の商人たちが運営するコミュニティがトシラク(弁当)カフェと呼ばれるシステムを作ったからだ。簡単にいえば「市場バイキング」だ。
 まず、市場の中央にある市場の顧客満足センターの2階にある「弁当カフェ」に行き、 市場で利用できる葉銭(ヨプチョン/韓国の昔のお金)を購入する。そして、空のお弁当箱をもらい、市場の中にある14ヵ所のおかず屋さんや、軽食店、餅屋などを自由に回って、好きな食べ物をお弁当箱に詰めてもらう。
 なんといっても、ここの魅力は安い料金で、たっぷりとおいしいおかずが楽しめることだ。市場のおかずたちは、多様な種類の野菜のナムルやチャプチェ、豚の煮付けや玉子焼きなどが一つまみで500ウォン、豚の辛い炒めものが二つまみやトンカツ1枚は2千ウォン程度だ。トッポッキ、スンデ、おでんなどの軽食も500ウォン分ずつ購入できる。
 このおかずが詰まった弁当箱を再び弁当カフェに持って行き、2千ウォンを支払うとご飯とスープ、キムチが購入できる。合計4~5千ウォンで、たっぷり一食を解決できる。
 なにより、今まで見るだけだった伝統市場でおかずを選んで食べる楽しみや、昔ながらの市場の人たちの人情を感じる、おかずの追加サービスなど、うれしい体験ができる。
 ここ、通仁市場は他の在来市場に比べておかずの店が多いため、このお弁当バイキングを充分に楽しめ、周辺の市場からもこのシステムを学びに訪れる人たちが増えているという。
 

 

54年間受け継がれた味、油トッポッキ

 弁当カフェの前には孝子洞(ヒョジャドン)昔トッポッキという店がある。店の主人であるチョン・ウォルソンさんは1954年から続くこの店をお母さんから引き継ぎ、今年で60年となる味を守っている。それが、ここ通仁市場でしか食べられないキルム(油)トッポッキだ。普段よく見かけるトッポッキは辛いソースで餅を炒めるが、この油トッポッキは、揚げた餅を醤油風味のソースで炒めたもの。これは昔、王様が食べた宮廷トッポッキの流れを汲むものだ。メニューは、醤油トッポキと粉トウガラシトッポッキで、昔ながらの味を感じることができる。ここで利用される唐辛子は、店の主人が自宅で栽培したそうで、安心して食べられる。
 この日、日本から来たという吉田さん一家は「この通仁市場は、他の市場に比べてきれいで見やすく、静かな中でゆったりと見物することができてとてもよかった」とその感想を語った。
 

Information

地下鉄3号線景福宮駅2番出口から徒歩10分ほど直進するとアーケードが見えてくる。人気の弁当カフェは午前11時から午後5時まで(月~土曜日)運営。
http://tonginmarket.co.kr
Pocket

関連する記事はこちら

IMG_1669

古都の4つの要件を備えた百済歴史の扉を開く鍵益山市

  ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区のうち、2ヵ所の遺跡を持つ全羅北道益山(イクサン)市。これから世界の人々が訪れる観光地となる益山市の魅力について、益山市の朴慶澈市長に聞いてみた。 文/町野山宏記者 全羅北道 益山市長 朴慶澈   Q.まず最初に…続きを読む

雪岳山

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 ‐ 江原道

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 江原道   旅行の目的はそれぞれあるが、その目的を「自然」と「休息」に置くならば、韓国の江原道に勝るところはない。韓国一を誇る名山「雪岳山」を筆頭に、韓流の舞台である南怡島はもちろん、秋の食欲をそそるグルメや伝統美あふれる祭りがあり、韓国…続きを読む

平昌郡守

「2018冬季五輪開催の地・平昌、世界的リゾート観光聖地として跳躍」

Special Interview   「2018冬季五輪開催の地・平昌、 世界的リゾート観光聖地として跳躍」   沈在國・平昌郡郡守   ソウルから東に90分余り、仁川空港から出発すると、3時間で到着する天恵の観光都市、江原道がある。江原道のいたる…続きを読む

大関嶺「ハヌル牧場」

2018年冬季オリンピック開催地を巡る「江原道ヒーリング旅行」

   寒い冬が始まった12月2日から1泊2日の日程で「江原道オピニオンリーダー招請事業」が行われた。「2018年平昌(ピョンチャン)オリンピック」を1年2ヵ月後にひかえた江原道の旅行には、記者を含めた4人が参加した。今回のツアーの参加者は、それぞれいろいろな分野での発信…続きを読む

2017cityofyear

2017今年の観光都市

今年最も期待される地方都市の旅、2017今年の観光都市 2017年の韓国観光は 「光州南区・江陵市・高靈郡」へ! 「今年の観光都市」は、韓国政府文化体育観光部が、観光の潜在力が大きい韓国の中小都市3ヵ所を選定、体系的な地方観光産業の育成とマーケティング、そして国内外の観光客に新し…続きを読む

江原道

美しい大自然の中でヒーリング旅行「江原道」

美しい大自然の中でヒーリング旅行 私がリフレッシュされる、ここが江原道   心を休ませ自分自身を顧みる日常とは違った時間を過ごしたい。これが人々が旅行に出かける素朴な動機ではないだろうか。この要求に本当に相応しい土地はここ、江原道(カンウォンド)だ。自然の美しさにかけて…続きを読む

IMG_6029

ソウル駅高架が車道から歩道へ~ソウル路7017を歩く

5月20日、ソウル路7017がオープンした。ソウル駅を見下ろして線路の両側を40年間にわたってつないできた高架道路が市民の憩いの場として生まれ変わったのだ。空中歩道となった高架道路の愛称は「ソウル路7017」。「70」は高架道路が建設された1970年を意味し、「17」は生まれ変わ…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02