ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ – 通仁市場

2014年09月22日

ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ

通仁市場

 
さわやかな秋風と共に、おいしい便りが話題となっている。景福宮のそばにある在来市場として長い歴史を持つ通仁(トンイン)市場のお弁当が人気を集めているとか。特別な韓国のお弁当を探しに、通仁市場へ出かけてみよう。
文/李壮美記者
 
 ここ通仁市場が作られたのは1941年のこと。当時は日本人のための市場として利用されたが、戦争が終わり、露天商たちが集まって自然と市場が形成されていった。市場の発展に従い、現在の公設市場の母体となる建物が1960年代後半になって建てられた。それが5階建ての孝子商街アパートだが、地下と一階は商店街、3階からは住居用で、建てられた当時には、芸能人や近くにある大統領官邸の職員の居住地として人気が高い画期的な建物だった。
 1979年から大きな道路を作るため、周辺にあった韓屋が多く撤去されてしまったが、今でもこの周辺には、昔ながらの下町の風景が残されている。
 今ではアーケードとなった通仁市場だが、過去の通仁市場は人がすれ違うのも難しいほどの狭い路地で、雨が降れば通路はどろどろになってしまう露天市場だった。10年前に市場を大きくリフォームしてアーケードも造られ、現在は市場の中の54店舗の商店と、芸術大学の学生たちが協力し、彫刻設置やお店ごとにその特徴を表現するディスプレイが展示され、かわいいインテリアが通仁市場により一層活気を呼び込んでいる。
 

おかずを自由に選んで食べてみよう!

 そんな通仁市場が最近大きな話題となっているのは、通仁市場の商人たちが運営するコミュニティがトシラク(弁当)カフェと呼ばれるシステムを作ったからだ。簡単にいえば「市場バイキング」だ。
 まず、市場の中央にある市場の顧客満足センターの2階にある「弁当カフェ」に行き、 市場で利用できる葉銭(ヨプチョン/韓国の昔のお金)を購入する。そして、空のお弁当箱をもらい、市場の中にある14ヵ所のおかず屋さんや、軽食店、餅屋などを自由に回って、好きな食べ物をお弁当箱に詰めてもらう。
 なんといっても、ここの魅力は安い料金で、たっぷりとおいしいおかずが楽しめることだ。市場のおかずたちは、多様な種類の野菜のナムルやチャプチェ、豚の煮付けや玉子焼きなどが一つまみで500ウォン、豚の辛い炒めものが二つまみやトンカツ1枚は2千ウォン程度だ。トッポッキ、スンデ、おでんなどの軽食も500ウォン分ずつ購入できる。
 このおかずが詰まった弁当箱を再び弁当カフェに持って行き、2千ウォンを支払うとご飯とスープ、キムチが購入できる。合計4~5千ウォンで、たっぷり一食を解決できる。
 なにより、今まで見るだけだった伝統市場でおかずを選んで食べる楽しみや、昔ながらの市場の人たちの人情を感じる、おかずの追加サービスなど、うれしい体験ができる。
 ここ、通仁市場は他の在来市場に比べておかずの店が多いため、このお弁当バイキングを充分に楽しめ、周辺の市場からもこのシステムを学びに訪れる人たちが増えているという。
 

 

54年間受け継がれた味、油トッポッキ

 弁当カフェの前には孝子洞(ヒョジャドン)昔トッポッキという店がある。店の主人であるチョン・ウォルソンさんは1954年から続くこの店をお母さんから引き継ぎ、今年で60年となる味を守っている。それが、ここ通仁市場でしか食べられないキルム(油)トッポッキだ。普段よく見かけるトッポッキは辛いソースで餅を炒めるが、この油トッポッキは、揚げた餅を醤油風味のソースで炒めたもの。これは昔、王様が食べた宮廷トッポッキの流れを汲むものだ。メニューは、醤油トッポキと粉トウガラシトッポッキで、昔ながらの味を感じることができる。ここで利用される唐辛子は、店の主人が自宅で栽培したそうで、安心して食べられる。
 この日、日本から来たという吉田さん一家は「この通仁市場は、他の市場に比べてきれいで見やすく、静かな中でゆったりと見物することができてとてもよかった」とその感想を語った。
 

Information

地下鉄3号線景福宮駅2番出口から徒歩10分ほど直進するとアーケードが見えてくる。人気の弁当カフェは午前11時から午後5時まで(月~土曜日)運営。
http://tonginmarket.co.kr
Pocket

関連する記事はこちら

テルメデン

冬が旬、京畿道温泉旅行

ソウルから1時間! 日帰り温泉旅行 「冬が旬、京畿道温泉旅行」   冷たい風が身を切るような韓国の冬。寒い季節だけに温泉ほど楽しい旅のテーマもない。特にソウルと隣接し、自然豊かな京畿道は、韓国内でも名所といわれるほど温泉施設が多いことでも有名だ。ソウル中心部から1時間ほどでアクセ…続きを読む

論山_明齋故宅

晩秋の感性充電! 忠清南道・論山

  千年歴史の山寺を越え、両班故宅と近代通りが迎える 韓国旅行の新世界 晩秋の感性充電! 忠清南道・論山    論山は新世界だ。千年の歳月を守ってきた仏教寺院での静かなヒーリングの後に、完璧に保存された朝鮮時代の両班故宅と100年以上前の近代通りの歴史が、けっ…続きを読む

文献書院

世界遺産と伝統酒「韓山素穀酒」祭り 2日間

問い合わせ:コリアトラベル新聞旅行事業部 大成直子(icc24@japanpr.com) TEL:ソウル)02-737-1122   Pocket

外岩里民俗村

百済千五百年の歴史を辿る ‐ 忠清南道

百済千五百年の歴史を辿る 忠清南道      あなたは忠清南道に行ったことがあるだろうか? 韓国の地方観光の中でも慶州や全州などに隠れてあまり知られていないのが事実だが、扶余や公州の百済の遺跡をはじめ、1500年の歴史が刻まれている地方としてよく知られている。…続きを読む

江華島00

仁川江華島を訪ねるとっておきの旅

春を前に新しい仁川の魅力に触れる 仁川江華島を訪ねるとっておきの旅   仁川空港が位置する観光地仁川(インチョン)の魅力を、意外にも知らない人が多い。仁川の最北端にある江華島(カンファド)では、海の向こうに北朝鮮の姿を目の前に望むことのできる江華平和展望台をはじめ、 よ…続きを読む

仁川中華街

仁川開港場Walk ~近代と現代が共存する街を旅する

地下鉄1号線の終点である仁川(インチョン)駅の開港場は異国情緒が溢れる。中華街を象徴する牌楼が異邦人を迎え、その向こう側には日本人が過ごした近代の建物が開花期の姿をそのまま表現している。韓国の中の外国として栄えた仁川のかつての姿を見てみよう。 文/李相直記者 空港で馴染み深い仁川…続きを読む

IMG_0511

平昌冬季五輪まで200日! 江原道のドラマ ロケ地を訪ねて

とうとう開催まであとわずかとなった平昌オリンピック。オリンピックが行なわれる江原道はもちろん、韓国全体が多いに盛り上がっている。そんな中、開催まで200日を控えた7月22日、G‐200花火祭りが春川市で開かれた。また、花火祭りに合せて江原道日本語ブログファムツアーが行なわれ、江原…続きを読む

南沙イェダム村

故宅で儒教の精神に触れ、市場で田舎の人情に出会う 慶尚南道

故宅で儒教の精神に触れ 市場で田舎の人情に出会う   慶尚南道、河東・山清・咸陽・陜川   慶尚南道を訪ねたことはあるだろうか。海の絶景が楽しめる統営や南海、桜が咲き乱れる軍港祭で知られる昌原など、人気の観光地は多い。しかし、海に近い観光地はよく知られているも…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02