ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ – 通仁市場

2014年09月22日

ソウル庶民の生活を体験し、たっぷりの人情と味を楽しむ

通仁市場

 
さわやかな秋風と共に、おいしい便りが話題となっている。景福宮のそばにある在来市場として長い歴史を持つ通仁(トンイン)市場のお弁当が人気を集めているとか。特別な韓国のお弁当を探しに、通仁市場へ出かけてみよう。
文/李壮美記者
 
 ここ通仁市場が作られたのは1941年のこと。当時は日本人のための市場として利用されたが、戦争が終わり、露天商たちが集まって自然と市場が形成されていった。市場の発展に従い、現在の公設市場の母体となる建物が1960年代後半になって建てられた。それが5階建ての孝子商街アパートだが、地下と一階は商店街、3階からは住居用で、建てられた当時には、芸能人や近くにある大統領官邸の職員の居住地として人気が高い画期的な建物だった。
 1979年から大きな道路を作るため、周辺にあった韓屋が多く撤去されてしまったが、今でもこの周辺には、昔ながらの下町の風景が残されている。
 今ではアーケードとなった通仁市場だが、過去の通仁市場は人がすれ違うのも難しいほどの狭い路地で、雨が降れば通路はどろどろになってしまう露天市場だった。10年前に市場を大きくリフォームしてアーケードも造られ、現在は市場の中の54店舗の商店と、芸術大学の学生たちが協力し、彫刻設置やお店ごとにその特徴を表現するディスプレイが展示され、かわいいインテリアが通仁市場により一層活気を呼び込んでいる。
 

おかずを自由に選んで食べてみよう!

 そんな通仁市場が最近大きな話題となっているのは、通仁市場の商人たちが運営するコミュニティがトシラク(弁当)カフェと呼ばれるシステムを作ったからだ。簡単にいえば「市場バイキング」だ。
 まず、市場の中央にある市場の顧客満足センターの2階にある「弁当カフェ」に行き、 市場で利用できる葉銭(ヨプチョン/韓国の昔のお金)を購入する。そして、空のお弁当箱をもらい、市場の中にある14ヵ所のおかず屋さんや、軽食店、餅屋などを自由に回って、好きな食べ物をお弁当箱に詰めてもらう。
 なんといっても、ここの魅力は安い料金で、たっぷりとおいしいおかずが楽しめることだ。市場のおかずたちは、多様な種類の野菜のナムルやチャプチェ、豚の煮付けや玉子焼きなどが一つまみで500ウォン、豚の辛い炒めものが二つまみやトンカツ1枚は2千ウォン程度だ。トッポッキ、スンデ、おでんなどの軽食も500ウォン分ずつ購入できる。
 このおかずが詰まった弁当箱を再び弁当カフェに持って行き、2千ウォンを支払うとご飯とスープ、キムチが購入できる。合計4~5千ウォンで、たっぷり一食を解決できる。
 なにより、今まで見るだけだった伝統市場でおかずを選んで食べる楽しみや、昔ながらの市場の人たちの人情を感じる、おかずの追加サービスなど、うれしい体験ができる。
 ここ、通仁市場は他の在来市場に比べておかずの店が多いため、このお弁当バイキングを充分に楽しめ、周辺の市場からもこのシステムを学びに訪れる人たちが増えているという。
 

 

54年間受け継がれた味、油トッポッキ

 弁当カフェの前には孝子洞(ヒョジャドン)昔トッポッキという店がある。店の主人であるチョン・ウォルソンさんは1954年から続くこの店をお母さんから引き継ぎ、今年で60年となる味を守っている。それが、ここ通仁市場でしか食べられないキルム(油)トッポッキだ。普段よく見かけるトッポッキは辛いソースで餅を炒めるが、この油トッポッキは、揚げた餅を醤油風味のソースで炒めたもの。これは昔、王様が食べた宮廷トッポッキの流れを汲むものだ。メニューは、醤油トッポキと粉トウガラシトッポッキで、昔ながらの味を感じることができる。ここで利用される唐辛子は、店の主人が自宅で栽培したそうで、安心して食べられる。
 この日、日本から来たという吉田さん一家は「この通仁市場は、他の市場に比べてきれいで見やすく、静かな中でゆったりと見物することができてとてもよかった」とその感想を語った。
 

Information

地下鉄3号線景福宮駅2番出口から徒歩10分ほど直進するとアーケードが見えてくる。人気の弁当カフェは午前11時から午後5時まで(月~土曜日)運営。
http://tonginmarket.co.kr
Pocket

関連する記事はこちら

경상남도_전체메인

春がこの上なく似合う場所、韓国・慶尚南道

山あり海ありの自然絶景に 韓国的な感性と伝統美まで、 ここが旅行理想郷! 「春がこの上なく似合う場所、韓国・慶尚南道」 韓半島の最南端。下にはコバルトブルーの南海が、上には名山・智異山が、東には韓国第2の都市であり、関門である釜山と向き合い、全部で8つの市と10の郡が位置する。海…続きを読む

소수서원(항공)

韓国で14番目の世界遺産に「韓国の書院」

2019年7月6日、韓国の9ヵ所の書院がユネスコ世界遺産に登録された。韓国で14番目となる世界遺産だ。韓国の書院は、朝鮮時代の私設の教育機関。世界遺産委員会は今回の登録の背景について「今日まで韓国で教育と社会的慣習として持続してきた性理学に関連した文化的伝統の証拠」であり、「性理…続きを読む

IMG_6481

寄稿| 小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて ― 5.18民主化抗争を想う 文/佐々木静代    韓流ドラマや韓国映画のロケ地巡りの旅があるように、韓国文学の舞台や作者の故郷を訪ねる旅があってもいいのではないだろうか? 「文学で旅する韓国」ツアーはそんな発想から生まれた。この…続きを読む

八公山桜祭り

韓国の春を満喫したいなら? カラフル都市「大邱市」に会いに行こう!!   時間をかけて少しずつやってくる日本の春と違い、韓国の春はその到来もダイナミックだ。グレーだった景色が、ある日突然ピンクや黄色に染まりだし、辛い寒さを味わった冬を一度に忘れさせてくれるパワーがある。…続きを読む

IMG_0670

智異山の麓、儒教と山参の里、慶尚南道・咸陽郡

  韓国の南に、韓国で最初の国立公園がある。慶尚南道、全羅南道、全羅北道の3ヵ道にまたがる智異山を中心とした智異山国立公園だ。北漢山の5倍という広大な面積を誇る智異山は、その面積や峰の数などの数字だけでは表せない様々な奥深さを持つ山だ。そんな智異山の一部を占める慶尚南道…続きを読む

메인_한국민속촌

朝鮮時代にタイムスリップ! 韓国民俗村

韓国の伝統美を五感で楽しむ伝統テーマパーク ヴィンテージな風景に出会うと、過去にタイムスリップしたような不思議な気分になる。韓国民俗村は韓国の伝統と文化を一ヵ所で見ることができる、まさにヴィンテージな野外民俗博物館。1974年にオープンしてからほぼ40年になる今でも韓国を代表する…続きを読む

仁川中華街

仁川開港場Walk ~近代と現代が共存する街を旅する

地下鉄1号線の終点である仁川(インチョン)駅の開港場は異国情緒が溢れる。中華街を象徴する牌楼が異邦人を迎え、その向こう側には日本人が過ごした近代の建物が開花期の姿をそのまま表現している。韓国の中の外国として栄えた仁川のかつての姿を見てみよう。 文/李相直記者 空港で馴染み深い仁川…続きを読む

江原道知事

崔文旬・江原道知事と韓国在住オピニオンリーダー座談会

コリアトラベル新聞主催 崔文旬・江原道知事と韓国在住オピニオンリーダー座談会   2018年に平昌での冬季オリンピックを控えている江原道。これから多くの外国人が江原道を訪れることが予想されるが、そんな江原道をもっと知らせていこうと、崔文旬(チェ・ムンスン)江原道知事とコ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02