人気の都市・大邱を「文学」で旅してみませんか?大邱「韓国文学スポット」めぐり

2020年02月14日

메인_대구문학기행

韓国第3の都市「大邱」。ここ数年は日本からの観光客も大幅に伸びている人気の都市です。慶尚北道に位置する広域市で、薬令市があったことから、近年は医療・美容観光にも力を入れており、また数々の韓流ドラマのロケ地が存在するのも人気の秘密です。そんな「大邱」を2012年以来、すでに20数回訪れていますが、今回は出版社クオンが主催する「韓国で旅する韓国」ツアーで訪れてみました。「文学」というキーワードで見た新しい大邱のスポットをご紹介します。

文/佐々木静代(通信員)

まずは大邱が舞台となった小説『庭の深い家(마당 깊은 집)』の著者、金源一(キム・ウォニル)の文学体験館。去年3月にできたそうです。この作品は、朝鮮戦争後の厳しい時代を一人の少年の目を通して描いた長編小説で、戦後、大邱で貧しい暮らしを経験した著者の自伝的小説ともいわれています。その『庭の深い家』のストーリーや登場人物、朝鮮戦争を逃れて大邱に避難してきた人々の生活を紹介するとともに、作家自身の書斎の再現や貴重な原稿などが展示されていました。

この記念館内だけに留まらず、記念館が位置する薬令市通りには、小説の主人公キルナムやお母さんと妹の銅像などがあちこちに点在しています。もう何十回と通った通りだというのに、初めてその存在に気づき、通りを歩きながら小説の世界を感じることができるのです。今までにはない新鮮な感動でした。

 大邱文化花開いた「香村文化館・大邱文学館」

もう一つご紹介するのは「香村文化館・大邱文学館」。1912年に大邱初の普通銀行「鮮南銀行」として建てられたビルを2014年に展示空間へと改修してオープンしました。1、2階は戦後の韓国や大邱の街並み、歴史を紹介する「香村文化館」、3、4階は大邱文学の歴史にまつわる資料を収集、保存した「大邱文学館」になっています。

香村文化館には約60年前、「香村洞」と呼ばれた街並みが再現されています。朝鮮戦争時にソウルから避難してきた多くの作家、芸術家たちが集まって議論をし、人々が集い杯を酌み交わした一番の繁華街でした。ここで多様な大邱の文化の数々も花開いたのでしょう。この日は大邱大学のヤン・ジノ先生がご一緒だったので、再現された居酒屋にあった張り紙の解説を伺うことができました。これは警告文で、赤い文字は反共とあり、「アカ(共産主義者)と思わしい者を申告せよ」と書かれているそうです。当時はまだまだ朝鮮戦争後の爪痕が市民生活に大きく影響を及ぼしていたことが窺えます。こうした一つ一つを丹念に見ていけるようになると、大邱の街から韓国の近代史の一端を学べるのだと実感しました。

3、4階の「大邱文学館」には、大邱を代表する民族詩人である李相和(イ・サンファ)、具常(グサン)、画家の李仲燮(イ・ジュンソプ)などの数々の貴重な初版本、当時を代表する作品などが展示されています。多くの作家・文化人がやはり朝鮮戦争の戦火を逃れ、大邱の街に移り住み、当時の文化の中心として大邱が栄えたことを窺い知ることができ、それを誇りに思う大邱の人々の矜持を感じることができる貴重な場所です。

 チムカルビ・ムンティギなどグルメもいっぱい

ツアーではもちろん観光地も巡りました。 去年 7月、全国の6つの書院ともども世界遺産登録された「道東書院」や韓国全土からも観光客が絶えない「金石光通り」。そして「食」も外せません。参加者のハートを掴んだのは「チムカルビ」。いわずと知れた「大邱十味」の一つですが、私も初めて訪れた地元の人気店は文句なしのおいしさでした。さらにツアー終了後に個人的に出かけた「ムンティギ(牛の刺身)」屋さん、ぜひ次回はみんなに紹介したいお店です。

人気のカフェも多く、人気のお祭りもいっぱいの大邱ですが、時にはちょっと視点を変えた「文学」で旅してみると、新しい「大邱」の発見があるかもしれません。ぜひそんな旅をしてみませんか。

 <Information>

大邱までは日本の主要都市と大邱国際空港間に定期便が多数就航中で便利だ。ソウルからは、KTX(ソウル駅出発)またはSRT(スソ駅出発)を利用し、東大邱駅にて下車(所要時間約1時間45分)。大邱文学館の季節企画展と観覧情報、ツアープログラム情報は、公式サイト(http://www.modl.or.kr/)を通じて確認することができる。|  https://tour.daegu.go.kr/

서브01_문학체험관

金源一の文学体験館、作家の書斎の再現や原稿などが展示されている。

서브02_향촌문화관60年前の街並みが再現されている香村文化館。

서브03_대구문학관大邱文学館、大邱を代表する文学家の初版本が目を引く。

서브04_뭉티기大邱名物のムンティギ(牛の刺身)。

Pocket

関連する記事はこちら

IMG_1669

古都の4つの要件を備えた百済歴史の扉を開く鍵益山市

  ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区のうち、2ヵ所の遺跡を持つ全羅北道益山(イクサン)市。これから世界の人々が訪れる観光地となる益山市の魅力について、益山市の朴慶澈市長に聞いてみた。 文/町野山宏記者 全羅北道 益山市長 朴慶澈   Q.まず最初に…続きを読む

소수서원(항공)

韓国で14番目の世界遺産に「韓国の書院」

2019年7月6日、韓国の9ヵ所の書院がユネスコ世界遺産に登録された。韓国で14番目となる世界遺産だ。韓国の書院は、朝鮮時代の私設の教育機関。世界遺産委員会は今回の登録の背景について「今日まで韓国で教育と社会的慣習として持続してきた性理学に関連した文化的伝統の証拠」であり、「性理…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

甘川文化村

華やかな映画祭が開かれる感性に満ちた港湾都市 – 釜山

韓国最高の海洋観光地として名高い韓国第2の都市・釜山市。ソウルに劣らない見所満載の観光名所だ。釜山の名物は多様だが、秋の釜山を語るテーマは「感性&文化旅行」。素朴な都市の風景に癒され、映画ファンを魅了する釜山国際映画祭が迎えるため、感性を充電する旅行を楽しむなら釜山を置いて他には…続きを読む

공주_메인_공산성

公州・扶余・益山を巡る百済歴史紀行

  聖なる名「百済」、ユネスコ世界遺産の地を訪ねて 世界が認めた百済文化の出発点、百済の都「公州」 公州は百済の第2の都である熊津があったところだ。韓半島の北方地域を掌握していた高句麗に漢江流域を奪われ、追われるように降りてきたのだが、雨降って地固まるというごとく、百済…続きを読む

安東仮面劇

丸ごと楽しむ慶尚北道 ② 〈安東、聞慶、慶山〉伝統村、茶碗の故郷、韓方化粧品

 慶尚北道は韓国の精神 文化の中心地いわれる。ソンビとよばれる儒教の徳目を大成した人が多く住んでいた地域であるためだ。その中心は慶尚北道の中でも安東市にあるといって過言ではない。そして、安東の隣の聞慶にはソンビたちの出世にちなんだ歴史的遺跡があることで知られている。韓国人の間で「…続きを読む

江華島00

仁川江華島を訪ねるとっておきの旅

春を前に新しい仁川の魅力に触れる 仁川江華島を訪ねるとっておきの旅   仁川空港が位置する観光地仁川(インチョン)の魅力を、意外にも知らない人が多い。仁川の最北端にある江華島(カンファド)では、海の向こうに北朝鮮の姿を目の前に望むことのできる江華平和展望台をはじめ、 よ…続きを読む

IMG_6481

寄稿| 小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて ― 5.18民主化抗争を想う 文/佐々木静代    韓流ドラマや韓国映画のロケ地巡りの旅があるように、韓国文学の舞台や作者の故郷を訪ねる旅があってもいいのではないだろうか? 「文学で旅する韓国」ツアーはそんな発想から生まれた。この…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02