寄稿| 小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

2018年01月03日

小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

― 5.18民主化抗争を想う

文/佐々木静代

 

IMG_6481 韓流ドラマや韓国映画のロケ地巡りの旅があるように、韓国文学の舞台や作者の故郷を訪ねる旅があってもいいのではないだろうか? 「文学で旅する韓国」ツアーはそんな発想から生まれた。このツアーは、日本で韓国文学の翻訳出版を手掛ける出版社クオンから誕生した。

2016年に始まったこのツアーは、1回目の昨年、大河小説「土地」の作者である朴景利(パク・キョンニ)の故郷・統営(トンヨン)を訪ね、「土地」がドラマ化された際のロケ地・河東(ハドン)まで足を伸ばした。そして2017年は今、ブッカー国際賞の受賞によって韓国で最も注目を集める作家・韓江(ハン・ガン)の「少年が来る」の舞台となった光州へ向かった。

小説で描かれているのは、5・18光州民主化抗争である。だが、それを告発するのではなく、あの時、あの場所で暮らしていた少年たちや女性たちの思いが綴られている。

今回の旅では、現在「5・18国政課題実行推進委員長」でもあるアン・チョンチョル先生と、全南大学や高校で歴史の教鞭を執っている妹のアン・チョンエ先生が抗争の現場を案内、解説してくださった。当時、抗争の発端となった全南大学の4年生と2年生だったお二人は、まさに抗争そのものを体験された方でもある。韓国の歴史に一石を投じた歴史的事件にもかかわらず、明らかにされていないことも多く、明らかにすべきことも多い光州民主化抗争。その実際にあったできごとと、後世に語り継ぐ意義について、語ってくださった。

IMG_6417 全南大学正門前に集合し、当時のご自身たちの体験も交えながら、解説が始まる。紅葉で美しく彩られているこの場所で、大勢の学生たちと国から派兵された軍が対峙していたという。アン・チョンエ先生は、「あの日(5月18日)は中間試験シーズンで図書館に勉強しに行っていました。実はそんな学生がほとんどでした。しかし、軍の突入といった事件の勃発に、民主化を実現するために『命を懸けて戦おう、戦わなくていけない』と思い、民主化運動をリードしている人々と一緒に行動することにしたのです」と語る。抗争が起きる寸前まで普通に暮らしていたが、軍の突入という事態に、「これは何か間違っている、これは見過ごすことはできない」と、立ち上がった人々が大勢いたことに驚きを隠せなかった。

続いて向かったのは、尚武館(サンムグァン)と全南道庁。「少年が来る」の第1篇に登場する少年ドンホが、運ばれてくる遺体にその特徴を記す仕事を手伝う場所だ。中に入ると、小説で読んだ時のイメージよりも小ぢんまりとしていることに皆、一様に驚いた。天井以外は張り替えられているが、その場所に何百人もの方々の遺体が並べられ、その横で涙する遺族の姿があったことを思うと足がすくんでしまう。

そして郊外にある「国立5・18民主墓地」では1980年5月に死去の墓石を見ると、改めてこの方たちがあの闘争で命を落とした事実を突きられた気持ちになる。この時、命を落としたり、連行されていった学生や市民たちの多くは、普通に暮らしていた人たちだったが、軍事政権の暴挙の前に自ずと「民主化」を掲げて命を懸けて闘うことになったのだ。

1980年といえば、私もちょうど18歳。大学に入学し、ウキウキしていた頃だ。その同じ時期に同じ世代の若者が直面していたことを簡単には想像できないが、そんなできごとをこうして一冊の本を通して知ることができたことは、本当に貴重なことだったと改めて胸に刻むこととなった。

もちろん光州がこの歴史的事件だけの街ではない。今では「光州ビエンナーレ」を開催するなど、芸術・文化の街としても人気を集めている。国立光州博物館や光州市立美術館、光州民俗博物館がずらりと揃うミュージアムエリアも見どころだ。

韓国の歴史の中で大きな役割を果たすこととなった光州だが、その歴史的な意義をしっかりと伝えながらも、これから未来に向かって新しく大きく生まれ変わっていく魅力ある街である。韓国を愛する人にはぜひ一度は訪れていただきたい場所の一つだ。

Pocket

関連する記事はこちら

다카노컬럼49(성주참외)

[キラリ! 名所] 星州のマクワウリ

韓国旅行がもっと楽しくなる「キラリ! 名所」㉔   星州のマクワウリ  北の大地からアニョハセヨ! 気温の上昇と共に思い出される光景があります。それは釜山で日本語教師として生活していた10年ほど前のこと。半そでシャツにメッシュのベストを着たアジョシ(おじさん)が荷台に山…続きを読む

経済自由地区地図

韓・日・中・露をつなぐ最高価値のビジネスコンプレックス 東海岸圏経済自由区域

 東海岸圏経済自由区域(East coast Free Economic Zone)は、江原道が先端エコ素材産業や世界の観光・レジャー産業の育成、国際物流・ビジネス団地と国際都市造成を通じ、江原道東海岸地域を環日本海圏の経済中心地として建設するために開発されている経済自由区域(F…続きを読む

IMG_2632

建築で巡る近代史~忠清北道・清州市

 忠清北道の中心・清州(チョンジュ)。ソウルから高速バスに乗れば1時間半で到着する。韓国人にとっては歴代の大統領の別荘地として使われた青南台(チョンナムデ)がよく知られ、日本人にはドラマのロケ地となった壁画村「寿岩(スアム)ゴル」などが有名だが、レトロ建築を巡る街歩き旅行も、この…続きを読む

IMG_1669

古都の4つの要件を備えた百済歴史の扉を開く鍵益山市

  ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区のうち、2ヵ所の遺跡を持つ全羅北道益山(イクサン)市。これから世界の人々が訪れる観光地となる益山市の魅力について、益山市の朴慶澈市長に聞いてみた。 文/町野山宏記者 全羅北道 益山市長 朴慶澈   Q.まず最初に…続きを読む

雪岳山

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 ‐ 江原道

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 江原道   旅行の目的はそれぞれあるが、その目的を「自然」と「休息」に置くならば、韓国の江原道に勝るところはない。韓国一を誇る名山「雪岳山」を筆頭に、韓流の舞台である南怡島はもちろん、秋の食欲をそそるグルメや伝統美あふれる祭りがあり、韓国…続きを読む

水原華城

春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く

「高貴な世界遺産と出会う最もバラエティーな韓国旅行」 春の花が迎える世界遺産「水原華城」を歩く  旅行を他の言葉で表現するとすれば、それは「発見」だ。今まで知らなかった世界に足を踏み入れると、その地の歴史と情緒に遭遇し、その発見を通して感動というプレゼントまでもらえるのだから、旅…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

堤川市長

「韓方と自然ヒーリングの新名所、2016年の観光都市・堤川市です」

「韓方と自然ヒーリングの新名所、 2016年の観光都市・堤川市です」   インタビュー: 李根圭・堤川市長    2016年、忠清北道堤川(チェチョン)市が世界的な観光都市へと成長する。韓国政府が指定した「2016今年の観光都市」に堂々と名を連ね、2014年か…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02