私だけの秘密にしたいヒーリング聖地「江原道」 ~2 束草市 ~

2020年06月22日

海と山が作り出す美しい観光地とともに「おいしい」ものが待っている「束草市」

20200606_154958

韓国を代表する美しい山「雪岳山(ソラクサン)」と青く輝く海「東海」、そしてここならではの特産品が楽しめる「中央市場」など、昔から避暑地として、観光地として有名な束草(ソクチョ)市は、先ほど訪問した襄陽郡から30分の距離にあります。江原道の中で一番面積が狭いのに、人口は約8万2千名と人口密度が高く、そこに国内外から多くの観光客が訪れるので活気が感じられます。

そんな束草市で最近注目されている場所が「パダヒャンギロ(海の香り路)」です。 ここは、2018年4月12日に65年ぶりに民間人の出入が可能になった場所。以前この外瓮峙(ウェオンチ)海岸は潜水艦で近づきやすく岩場となっていることから北朝鮮からの武装スパイが侵入したことがあり、海外線は鉄条網で囲まれ軍隊が見守っている場所でしたが、2年前に束草海岸から外瓮峙港へと続く1.74kmの海岸散策路として整備、パダヒャンギロと呼ばれ美しい海と安保観光ができるようになったことから多くの観光客が訪れるようになりました。昨年放送されたtvNの人気ドラマ『ボーイフレンド(남자친구)』の撮影場所となりさらに注目が集まりましたが、主人公のソン・ヘギョはこの路の上に立つホテルの代表、年下のボーイフレンドであり職員のパク・ボゴムとデートを楽しむ場面にも登場ました。

そして次の目的地「アバイマウル」へと向かいます。このアバイというのは江原道の言葉で「おじさん・おじいさん」を指す単語。朝鮮戦争の時に北朝鮮から非難してきた人たち(失郷民のおじさんたち)が暮らしはじめてできた村であり、今でもその家族たちが多く生活しています。ここを訪問する際にはケッペという渡し舟に乗って行き来しますが、韓流ドラマの中でも有名な「秋の童話」のロケ地として登場し注目を集めました。この船は乗る人が船の中央にある太いワイヤーをひっぱりながら移動させますが、5分ほどでアバイマウルへと到着します。ここでは北朝鮮由来のグルメが堪能できますが、やはり有名なのが村の名前が入った「アバイスンデ(豚の腸詰め)やオジンオスンデ(イカの腸詰め)、そしてトウモロコシのマッコリなどで、多くのお店で気軽に食べることができます。

少しお腹が膨れたなら、その近くにある「束草観光水産市場」へと歩いて移動します。ここも食べ歩きファンにはたまらない有名な料理でいっぱいの市場です。定番はなんといってもここが発祥となった「タッカンジョン」。その中でも有名なのが、1983年にこの束草市場で生まれ、全国の百貨店などにも進出した「萬石(マンソク)タッカンジョン」です。もともと「カンジョン」とは餅米を油で揚げてハチミツに浸した甘いお菓子ですが、それを鶏のから揚げで作ったこと大ヒットしました。そして、また新鮮な豚の腸やイカを使ったスンデももちろん並んでいますし季節がらなのかおいしそうなカニがたくさん並んでいます。江原道の特産品であるそばを使ったそば煎餠やあんこ入りのきび餅など、試食や買い食いを少しずつ食べてもはお腹は満足です。

そして、最近束草でインスタ栄えすると有目なカフェである「七星造船所(チルソンチョソンソ)」へ向かいます。 1952年、北朝鮮から来た船職人のチェさんが朝鮮戦争が終わると北朝鮮に戻ろうという思いから、北に近い束草に造船所を作りました。しかし、戻ることができず2017年まで3代にかけて造船所を運営しましたが、運営が厳しくなり弊店。しかし3代目のチェさんの孫が博物館兼カフェとしてリニューアルして現在にいたります。湾のような青草湖を見ながら、古い建物(造船所)とカフェ、そして庭からも湖をみながらゆったりとおいしいコーヒーが楽しめます。

そしてせっかく海辺の束草まできたのだから、おいしい海鮮物を十分楽しみたいもの。そこで刺身専門店が所狭しと並ぶ大浦(テポ)港で、刺身とカニが楽しめる「モグリ刺身店」を訪れることになりました。シーズンによって違うものの、巨大なズワイガニと紅ズワイガニの2種類の茹でかにが堪能できます。ここではカニを頼むとムルフェ(お刺身と野菜の和え物)やヒラメやタイなどの刺身、メウンタンなどたくさんの料理がサービスという値打ちのある食事が楽しめます。

IMG_3010
▲アバイマウルへと向かうケッペ。地域住民は無料で、観光客は500ウォン
IMG_3022
▲多くの人で賑わう束草水産市場。イカスンデ等が並ぶ
IMG_3042      ▲七星造船所。現在は博物館やカフェとして運営。

20200606_195059      ▲新鮮なカニがたくさん食べられる大浦港

Pocket

関連する記事はこちら

経済自由地区地図

韓・日・中・露をつなぐ最高価値のビジネスコンプレックス 東海岸圏経済自由区域

 東海岸圏経済自由区域(East coast Free Economic Zone)は、江原道が先端エコ素材産業や世界の観光・レジャー産業の育成、国際物流・ビジネス団地と国際都市造成を通じ、江原道東海岸地域を環日本海圏の経済中心地として建設するために開発されている経済自由区域(F…続きを読む

江原道海列車

事前に訪ねる江原道・名品旅行「Hello! 2018平昌」

韓流の聖地から歴史名所、ウィンタースポーツ体験まで… 旅行の白眉は江原道に!    心を休ませ、自分自身を振り返る非日常的な時間を過ごしたい。人々が旅行にかける素朴な動きだ。この願いにこの上なくふさわしいのが、他でもない韓国最高の清浄な自然観光地として名高い江原道だ。自…続きを読む

메인_한국민속촌

朝鮮時代にタイムスリップ! 韓国民俗村

韓国の伝統美を五感で楽しむ伝統テーマパーク ヴィンテージな風景に出会うと、過去にタイムスリップしたような不思議な気分になる。韓国民俗村は韓国の伝統と文化を一ヵ所で見ることができる、まさにヴィンテージな野外民俗博物館。1974年にオープンしてからほぼ40年になる今でも韓国を代表する…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

공주_메인_공산성

公州・扶余・益山を巡る百済歴史紀行

  聖なる名「百済」、ユネスコ世界遺産の地を訪ねて 世界が認めた百済文化の出発点、百済の都「公州」 公州は百済の第2の都である熊津があったところだ。韓半島の北方地域を掌握していた高句麗に漢江流域を奪われ、追われるように降りてきたのだが、雨降って地固まるというごとく、百済…続きを読む

大邱チンコルモク

空の道でさらに近づいた大邱、カラフルな魅力満載!

関西 – 大邱定期便就航特集 「空の道でさらに近づいた大邱、カラフルな魅力満載!」 個性満点の都市「大邱」を歩く    ソウルのような都会的な雰囲気が漂いながら、韓国伝統の歴史がそのまま残っている、二重の見どころが愛されている大邱広域市。アクセスも簡単だ。ソ…続きを読む

大伽耶古墳群

「大加耶国の歴史と文化に出会う観光都市、高霊郡へようこそ!」

「大加耶国の歴史と文化に出会う観光都市、高霊郡へようこそ!」   郭龍煥・高霊郡守    慶尚北道高霊郡(コリョングン)ほどの新しく魅力的な観光地があるだろうか。韓国古代史に花火のように強烈な「大加耶(デガヤ)」という1500年前の歴史を投影し、ユネスコ世界遺…続きを読む

2

懐かしくも新しい注目の通り「マンリダンギル」を行く

常に躍動的に開発が進むソウル。都市開発という名で訪れるたびに新しいビルが建ち、街の風景が一変してしまうことが多いのですが、昔ながらの街並みが残されるなか、そのビルや建物を生かして個性的なカフェ、小物店、バーがある場所として注目されているのが麻浦(マポ)区にある望理団(マンリダン)…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02