私だけの秘密にしたいヒーリング聖地「江原道」 ~2 束草市 ~

2020年06月22日

海と山が作り出す美しい観光地とともに「おいしい」ものが待っている「束草市」

20200606_154958

韓国を代表する美しい山「雪岳山(ソラクサン)」と青く輝く海「東海」、そしてここならではの特産品が楽しめる「中央市場」など、昔から避暑地として、観光地として有名な束草(ソクチョ)市は、先ほど訪問した襄陽郡から30分の距離にあります。江原道の中で一番面積が狭いのに、人口は約8万2千名と人口密度が高く、そこに国内外から多くの観光客が訪れるので活気が感じられます。

そんな束草市で最近注目されている場所が「パダヒャンギロ(海の香り路)」です。 ここは、2018年4月12日に65年ぶりに民間人の出入が可能になった場所。以前この外瓮峙(ウェオンチ)海岸は潜水艦で近づきやすく岩場となっていることから北朝鮮からの武装スパイが侵入したことがあり、海外線は鉄条網で囲まれ軍隊が見守っている場所でしたが、2年前に束草海岸から外瓮峙港へと続く1.74kmの海岸散策路として整備、パダヒャンギロと呼ばれ美しい海と安保観光ができるようになったことから多くの観光客が訪れるようになりました。昨年放送されたtvNの人気ドラマ『ボーイフレンド(남자친구)』の撮影場所となりさらに注目が集まりましたが、主人公のソン・ヘギョはこの路の上に立つホテルの代表、年下のボーイフレンドであり職員のパク・ボゴムとデートを楽しむ場面にも登場ました。

そして次の目的地「アバイマウル」へと向かいます。このアバイというのは江原道の言葉で「おじさん・おじいさん」を指す単語。朝鮮戦争の時に北朝鮮から非難してきた人たち(失郷民のおじさんたち)が暮らしはじめてできた村であり、今でもその家族たちが多く生活しています。ここを訪問する際にはケッペという渡し舟に乗って行き来しますが、韓流ドラマの中でも有名な「秋の童話」のロケ地として登場し注目を集めました。この船は乗る人が船の中央にある太いワイヤーをひっぱりながら移動させますが、5分ほどでアバイマウルへと到着します。ここでは北朝鮮由来のグルメが堪能できますが、やはり有名なのが村の名前が入った「アバイスンデ(豚の腸詰め)やオジンオスンデ(イカの腸詰め)、そしてトウモロコシのマッコリなどで、多くのお店で気軽に食べることができます。

少しお腹が膨れたなら、その近くにある「束草観光水産市場」へと歩いて移動します。ここも食べ歩きファンにはたまらない有名な料理でいっぱいの市場です。定番はなんといってもここが発祥となった「タッカンジョン」。その中でも有名なのが、1983年にこの束草市場で生まれ、全国の百貨店などにも進出した「萬石(マンソク)タッカンジョン」です。もともと「カンジョン」とは餅米を油で揚げてハチミツに浸した甘いお菓子ですが、それを鶏のから揚げで作ったこと大ヒットしました。そして、また新鮮な豚の腸やイカを使ったスンデももちろん並んでいますし季節がらなのかおいしそうなカニがたくさん並んでいます。江原道の特産品であるそばを使ったそば煎餠やあんこ入りのきび餅など、試食や買い食いを少しずつ食べてもはお腹は満足です。

そして、最近束草でインスタ栄えすると有目なカフェである「七星造船所(チルソンチョソンソ)」へ向かいます。 1952年、北朝鮮から来た船職人のチェさんが朝鮮戦争が終わると北朝鮮に戻ろうという思いから、北に近い束草に造船所を作りました。しかし、戻ることができず2017年まで3代にかけて造船所を運営しましたが、運営が厳しくなり弊店。しかし3代目のチェさんの孫が博物館兼カフェとしてリニューアルして現在にいたります。湾のような青草湖を見ながら、古い建物(造船所)とカフェ、そして庭からも湖をみながらゆったりとおいしいコーヒーが楽しめます。

そしてせっかく海辺の束草まできたのだから、おいしい海鮮物を十分楽しみたいもの。そこで刺身専門店が所狭しと並ぶ大浦(テポ)港で、刺身とカニが楽しめる「モグリ刺身店」を訪れることになりました。シーズンによって違うものの、巨大なズワイガニと紅ズワイガニの2種類の茹でかにが堪能できます。ここではカニを頼むとムルフェ(お刺身と野菜の和え物)やヒラメやタイなどの刺身、メウンタンなどたくさんの料理がサービスという値打ちのある食事が楽しめます。

IMG_3010
▲アバイマウルへと向かうケッペ。地域住民は無料で、観光客は500ウォン
IMG_3022
▲多くの人で賑わう束草水産市場。イカスンデ等が並ぶ
IMG_3042      ▲七星造船所。現在は博物館やカフェとして運営。

20200606_195059      ▲新鮮なカニがたくさん食べられる大浦港

Pocket

関連する記事はこちら

경상북도_메인_주왕산

慶尚北道の冬を楽しむ5つのテーマ

慶尚北道の冬を楽しむ5つのテーマ 「冬がいい、慶尚北道がいい、慶尚北道冬の旅」    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州や安東に代表される歴史遺産、そして慶尚北道だからこそ味わえる珍味が満載…続きを読む

キムドンス庁長1

[インタビュー] キム・ドンス 東海岸圏経済自由区域庁長

Special Interview 「東北アジアをつなぐ 最高価値のビジネスコンプレックス、 東海岸圏経済自由区域です」 キム・ドンス 東海岸圏経済自由区域庁長         東海岸圏経済自由区域(East coast Free Economic Zone)…続きを読む

江原道海列車

事前に訪ねる江原道・名品旅行「Hello! 2018平昌」

韓流の聖地から歴史名所、ウィンタースポーツ体験まで… 旅行の白眉は江原道に!    心を休ませ、自分自身を振り返る非日常的な時間を過ごしたい。人々が旅行にかける素朴な動きだ。この願いにこの上なくふさわしいのが、他でもない韓国最高の清浄な自然観光地として名高い江原道だ。自…続きを読む

公州市長

<インタビュー>忠清南道 公州市 呉施徳市長

世界が認める 歴史文化都市として成長、 公州市   Interview 忠清南道 公州市長 呉施徳 世界遺産に登録された百済の都は3つの時代に分かれる。その2番目の時代である熊津時代は、当時熊津と呼ばれた今の公州市に都を築いた。63年という短い期間であったにもかかわらず…続きを読む

桂山聖堂

大邱市近代建築散策

大邱の近代史を歩く 大邱市近代建築散策  様々な魅力を持つ韓国第3の都市・大邱だが、その一つが、魅力的な近代建築が多く残っているという点だ。大邱の近代史を目の当たりにしてきたという歴史性はもちろんのこと、建築物自体の美しさも優れたものが多く、街歩きが好きな人たちをひきつけて止まな…続きを読む

IMG_0511

平昌冬季五輪まで200日! 江原道のドラマ ロケ地を訪ねて

とうとう開催まであとわずかとなった平昌オリンピック。オリンピックが行なわれる江原道はもちろん、韓国全体が多いに盛り上がっている。そんな中、開催まで200日を控えた7月22日、G‐200花火祭りが春川市で開かれた。また、花火祭りに合せて江原道日本語ブログファムツアーが行なわれ、江原…続きを読む

경남_메인

今までにないワンランク上の韓国旅行楽しさは基本、癒される慶尚南道アンチエイジングの旅

一杯のお茶が心と体を健康にさせ、韓方が素材となり美から健康まで任せられる冬の旅行先がある。これ以上ないほど韓国らしい観光スポットと、なかなか味わえない食たちまで来る人を待っていて「バラエティー」という修飾語が本当にふさわしい。韓国旅行はある程度行った経験がある人でも、まだあまり聞…続きを読む

八公山桜祭り

韓国の春を満喫したいなら? カラフル都市「大邱市」に会いに行こう!!   時間をかけて少しずつやってくる日本の春と違い、韓国の春はその到来もダイナミックだ。グレーだった景色が、ある日突然ピンクや黄色に染まりだし、辛い寒さを味わった冬を一度に忘れさせてくれるパワーがある。…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02