私だけの秘密にしたいヒーリング聖地「江原道」 ~1 襄陽郡 ~

2020年06月17日

春の暖かい気温や美しく咲く花を見ながらも自由に外に出かけられなかった時間を過ごし、やっと少しずつ日常が戻ってきた6月。今まで経験したことがなかった感染病に対するストレスから開放されるのはやはり、大自然の光と海、そして空気だといえます。

そんな大自然を一番体感できる場所、江原道(カンウォンド)の中でも特に手付かずの自然と豊富な特産品たちで有名な襄陽(ヤンヤン)、 束草(ソクチョ)、高城(コソン)に1泊2日の週末旅行へといざ出発!そんな旅の第一弾は襄陽からご紹介します。

(取材協力:江原道)

 

江原道代表空港と静かに佇む先年古刹にあえる「襄陽」

ソウルから高速バスで4時間。東に向かってひたすら走ると美しい日本海(東海)が迎える襄陽郡に到着します。現在は人口1万8千人弱という規模ですが、一時期には炭鉱の町として約5万人以上の住民が暮らし繁栄しました。

そんな襄陽郡には江原道所在国際空港である「襄陽国際空港」があります。雪岳山(ソラクサン)と東海(トンヘ)という韓国の代表的な休養地への拠点となる空港であり、江原道の関門といえる場所です。

1階は入国専門、2階は出国専用となっていて、国内線+国際線が同じフロアにあります。規模が小さめな空港なので動線がスムーズですが、小さいながらも売店や免税店も完備。現在はフライカンウォンという航空会社が済州島に1日3便で運航していますが、近い未来には日本の大阪や福岡へのフライトも予定しているそうです。駐車場は無料で利用できるためか、十分なスペースに車がぎっしり止まっています。

また、7月からはソウルの金浦空港からのフライトも準備されているので、休暇中込み合うバスを利用しなくても1時間あまりで手軽に江原道へと避暑が楽しめのがうれしいです。

そんな空港を後に次に訪れたのが美しい海のそばに静かに佇む観音様で有名な「洛山寺(ナクサンサ)」。韓国の人が襄陽という地名を聞けばすぐ思い出すほど有名な寺院であり、観光地としても人気な場所です。ここは4大観音聖地(江華・普門寺、南海・菩提庵、麗水・向日庵)のひとつとして、義湘大師が671年に創建したと伝えられていますが、様々な火災が多くおき、特に2005年にあった江原道の大きな山火事で寺院のほとんどが被害に会いながらも、現在は復元されています。

美しい山の道にそって境内に入り義湘台へと向かいます。ここは義湘大師が洛山寺を創建する際に座禅した場所として1925年に立てられた東屋です。ここから見える海や松の木たちは義湘大師が見た当時と変わらずそのままの風景だったのかと少し感動を感じます。そして、そのまま道沿いに境内を歩いていくと一番高い所に、深く青い海と共に大きな海水観音像が見えてきます。高さ16m、周囲3.3m、人々の苦しみを聞けばその姿を見せて救済すると言われる観音様として多くの人たちがその前で各自の祈りをささげていました。そんな雄大な姿の足元には小さなヒキガエルの石造が見えます。これは青蛙神という三本足のヒキガエルの霊獣で、財運に強いと言われながらその姿に触れると2つの願いを聞いてくれるといわれています。せっかく訪問したので是非なでながらかなってほしい望みを祈っていきましょう。

いくら美しい観光地でも、おいしい料理の前ではその魅力は弱まってしまうもの。江原道の名物料理であり、今の季節にふさわしいマッククス店を地域の方に紹介してもらい訪問しました。スンミョンオク(순면옥)という襄陽国際空港から10分距離にある冷麺、マッククス専門店にはこの日も多くの地元民、観光客でいっぱいです。マッククスとは冷たい蕎麦粉を使った麺料理で、冷麺タイプのムルマッククスと辛いソースを絡めて食べるビビンマッククスの2種類から選べます。日本ではソバといえば歯ごたえがあるものの柔らかい感じがしますが、こちらの麺はハサミでカットして食べる韓国冷麺タイプで噛み切れないほどの弾力と、ソバの香りがミックスされています。せっかくなのでビビンククス(辛め)とムルククス(冷麺タイプ)の2種類を頼みます。ムルククス自体にはもとから凍らせたスープがたっぷりと入っていますが、ビビンククスも冷たいスープが付いてきて、それを好みで入れ、お酢、からし、砂糖を混ぜて楽しみます。普通の冷麺と違って、ソバの香ばしさと甘辛いソース、それに野菜たちが混ぜる「江原道に来たなぁ」と感じさせてくれるソウルフードの完成です。ここに欠かせないのがカムジャジョン(ジャガイモのチヂミ)。純粋にジャガイモを磨って焼くだけなのに、香ばしさが一品のサイドメニューといえます。

お腹がふくれると、次の目的地である束草(ソクチョ)へと向かいます。

IMG_2947

▲江原道の外国からの玄関口、襄陽国際空港

20200606_140146

▲ 江原道の代表料理の一つ、マッククス

20200606_145719                ▲ 4大観音聖地のひとつ、洛山寺の海水観音像

Pocket

関連する記事はこちら

平昌郡守

「2018冬季五輪開催の地・平昌、世界的リゾート観光聖地として跳躍」

Special Interview   「2018冬季五輪開催の地・平昌、 世界的リゾート観光聖地として跳躍」   沈在國・平昌郡郡守   ソウルから東に90分余り、仁川空港から出発すると、3時間で到着する天恵の観光都市、江原道がある。江原道のいたる…続きを読む

公山城

百済時代へのタイムトリップを楽しむ旅「忠清南道」

華麗なる文化の香りが漂う古都 百済時代へのタイムトリップを楽しむ旅「忠清南道」   韓国・三国時代の一国として、古代より日本と関係の深かった百済。そんな百済文化の1番地として名前が上がるのが忠清南道にある公州(コンジュ)と扶余(プヨ)だ。錦江に沿って隣接している二つの都…続きを読む

安東仮面劇

丸ごと楽しむ慶尚北道 ② 〈安東、聞慶、慶山〉伝統村、茶碗の故郷、韓方化粧品

 慶尚北道は韓国の精神 文化の中心地いわれる。ソンビとよばれる儒教の徳目を大成した人が多く住んでいた地域であるためだ。その中心は慶尚北道の中でも安東市にあるといって過言ではない。そして、安東の隣の聞慶にはソンビたちの出世にちなんだ歴史的遺跡があることで知られている。韓国人の間で「…続きを読む

大伽耶古墳群

「大加耶国の歴史と文化に出会う観光都市、高霊郡へようこそ!」

「大加耶国の歴史と文化に出会う観光都市、高霊郡へようこそ!」   郭龍煥・高霊郡守    慶尚北道高霊郡(コリョングン)ほどの新しく魅力的な観光地があるだろうか。韓国古代史に花火のように強烈な「大加耶(デガヤ)」という1500年前の歴史を投影し、ユネスコ世界遺…続きを読む

IMG_6481

寄稿| 小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて ― 5.18民主化抗争を想う 文/佐々木静代    韓流ドラマや韓国映画のロケ地巡りの旅があるように、韓国文学の舞台や作者の故郷を訪ねる旅があってもいいのではないだろうか? 「文学で旅する韓国」ツアーはそんな発想から生まれた。この…続きを読む

南沙イェダム村

故宅で儒教の精神に触れ、市場で田舎の人情に出会う 慶尚南道

故宅で儒教の精神に触れ 市場で田舎の人情に出会う   慶尚南道、河東・山清・咸陽・陜川   慶尚南道を訪ねたことはあるだろうか。海の絶景が楽しめる統営や南海、桜が咲き乱れる軍港祭で知られる昌原など、人気の観光地は多い。しかし、海に近い観光地はよく知られているも…続きを読む

2017cityofyear

2017今年の観光都市

今年最も期待される地方都市の旅、2017今年の観光都市 2017年の韓国観光は 「光州南区・江陵市・高靈郡」へ! 「今年の観光都市」は、韓国政府文化体育観光部が、観光の潜在力が大きい韓国の中小都市3ヵ所を選定、体系的な地方観光産業の育成とマーケティング、そして国内外の観光客に新し…続きを読む

公山城夜景

公山城、宋山里古墳群、公州市の世界遺産を巡る

公山城、宋山里古墳群 公州市の世界遺産を巡る 今年の7月にユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区。1500年前の王国だった「百済」の遺跡の価値が認められながら、世界の人々がこの地域に注目し始めた。そんな百済の足跡を巡る過去へのタイムトリップが楽しめるだけでなく、韓国情緒が感…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02