秋を満喫したいなら江原道楊口・東海・ 寧越(1)

2020年11月02日

20201017_154702

「天高く馬肥ゆる秋」という言い回しが自然と思い浮かぶ、そんな爽やか季節となりました。今年は新型コロナのため自由に行きたいところへと行けないものの、少し郊外に出かけて気分転換をする時間も必要ではないでしょうか。

ポストコロナにむけて、韓国を代表する観光地といえば江原道(カンウォンド)があげられますが、そんな江原道の中でもまだあまり知られていない穴場といえる楊口(ヤング)郡・ 東海(トンヘ)市・ 寧越(ヨンウォル)郡を訪れてみました。そこには分断国家として歴史の重みを持ちつつ、平和統一を願う人たち、また漁業の町として栄えた歴史を訪問客に伝える姿、韓半島の縮小版が出迎えてくれる姿など、それぞれ個性豊かで、美しい出会いがありました。

文・写真 大成直子

軍隊の町のイメージからスポーツ大会のメッカの町へ・・・ヤング郡
ソウルから車で約3時間。北朝鮮との軍事境界線「DMZ」がある中部山岳地帯の楊口郡へと向かいます。1945年に日本が戦争に敗れ、朝鮮半島が米ソにより38度線で分割されると、ここ楊口郡はソ連軍政のものとなったのち、1948年の朝鮮民主義人民共和国(北朝鮮)政府樹立を経て、北の領土となりました。その後韓国戦争が終わり、韓国領土となりましたが、北朝鮮と陸つながりで一番近く(50km)場所です。楊口に入ると道路の表記には金剛山路が見えますが、これは北側にある絶景の山・金剛山(クムガンサン)へと繋ぐ道路のことで、以前は自由に行き来できた山を懐かしむ名前となっていました。

やはり最北端ということから、軍隊が多い、軍人が多いというイメージが強かった場所ですが、大型のテニス場、青少年プール施設、総合運動場などスポーツ関連施設。実は全国から各スポーツ大会の開催や合宿を目的に1ヶ月に2万~3万名が訪問しているそう。現在は新型コロナで利用客が減少したものの、訪問した日も車椅子のバスケットボール大会が開催されていて500名が利用しているとのことでした。軍部隊に囲まれた田舎の町というイメージから、実際訪問してみると施設が充実したスポーツ都市でした。

そんなスポーツ体験とともに安全保障観光(安保観光)としても有名ですが、郡内にある亥安(ヘアン)面は韓国で唯一南北の統制域内にある居住地域で、現在も6つの集落に470世帯1,700人余りが居住しています。大岩山をはじめとするこの一帯は韓国戦争当時、パンチボウル戦や兜率山戦、カチル峰戦があった激戦地で、幾つもの戦跡碑が建てられており、当時の状況を現在に伝えています。パンチボウル村とも呼ばれており、標高400~500メートルの高い地帯に発達した盆地で、地形がまるでフルーツポンチ(Punch)の器(Bowl)のようであったため、米軍が呼び出してこの名前が広く使われるようになっそう。

戦時中は激戦区だったパンチボウルと大岩山は休戦後、民間の出入りが統制されたため自然環境がそのまま残り、天然記念物のレノックをはじめ、イヌムレスズメ、ハナブサソウなど、多くの貴重な動植物が生息しています。そこで、この亥安面一帯を郡立庭園として整備をはじめ、国立庭園として開発していきながら平和と自然を伝える自然体験庭園としてその姿を残していく計画だそうです。

軍事境界線から1キロメートル南側の地点にある加七峰(カチルボン)の尾根に位置する乙女展望台、南北統一に備えて韓国国民に北朝鮮の実状に対する理解の幅を広げ、統一教育の場として活用される統一館、北韓による軍事境界線以南への新たな浸透方法として模索され掘削されたトンネルである第4トンネルなどがあります。今回は新型コロナと豚コレラにより、入場が難しかったものの、是非次の機会には直接トンネルなど歩いてみたくなりました。

2

北朝鮮から攻めくる際には爆破して、道路を防ぐ役目をする建物。

3

地域の特産品「シレギ(大根の葉の乾燥)」ご飯定食

Pocket

関連する記事はこちら

IMG_0801

自然とアート、歴史にグルメ、楽しみ方いろいろ! 江原道・原州

今年、平昌冬季オリンピックによって全世界にその名が知られるようになった江原道。その江原道という名称は、オリンピックの競技が行なわれた江陵の「江」と、原州の「原」をとって付けられた。江陵と原州は江原道を代表する地域だったというわけだ。そんな2都市のうち、今回は原州を訪ねてみた。 文…続きを読む

百済園

世界遺産の都・扶余の新しい魅力を求めて

韓国の歴史観光地として最も有名なのは、三国を統一した新羅の都である慶州だが、新羅によって滅ぼされた百済の都である扶余も、歴史好きにはたまらない観光地だ。ただ、ほとんどが建物の址のみを見るだけであるため、相当な関心がなければ難しいテーマであったことは事実だ。しかし、それも昔の話にな…続きを読む

소수서원(항공)

韓国で14番目の世界遺産に「韓国の書院」

2019年7月6日、韓国の9ヵ所の書院がユネスコ世界遺産に登録された。韓国で14番目となる世界遺産だ。韓国の書院は、朝鮮時代の私設の教育機関。世界遺産委員会は今回の登録の背景について「今日まで韓国で教育と社会的慣習として持続してきた性理学に関連した文化的伝統の証拠」であり、「性理…続きを読む

水原華城1

世界が感嘆した韓国的美学の精髄「水原華城」

世界が感嘆した韓国的美学の精髄 ユネスコ世界文化遺産「水原華城」  旅行を他の言葉で表現するとすれば、それは「発見」だ。今まで知らなかった世界に足を踏み入れると、その地の歴史と情緒に遭遇し、その発見を通して感動というプレゼントまでもらえるのだから、旅行ほどに価値のあるテーマはない…続きを読む

부여-정림사지-여름--중앙에서-북쪽으로-(5)

百済歴史を巡る扶余の旅

2015年、ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区。忠清南道の扶余郡と公州市、全羅北道の益山市の全部で8ヵ所の遺跡が百済の古の歴史を今に伝えている。その中心となる扶余郡にある百済の遺跡を紹介しよう。 文/町野山宏記者   扶余郡は今から1500年前、三国時代の強国…続きを読む

IMG_2852

[特別インタビュー] 元・外交通商部長官 柳明桓 共通の歴史文化を通じた 観光交流で未来を開こう

共通の歴史文化を通じた 観光交流で未来を開こう 柳明桓元・外交通商部長官 特別インタビュー   韓国の李洪九元首相や福田康夫前総理等とともに、日本と韓国の元老たちによる韓日関係改善のために作られた「韓日賢人会議」のメンバーであり、駐日本大使も歴任した元外交通商部長官(外…続きを読む

IMG_0511

平昌冬季五輪まで200日! 江原道のドラマ ロケ地を訪ねて

とうとう開催まであとわずかとなった平昌オリンピック。オリンピックが行なわれる江原道はもちろん、韓国全体が多いに盛り上がっている。そんな中、開催まで200日を控えた7月22日、G‐200花火祭りが春川市で開かれた。また、花火祭りに合せて江原道日本語ブログファムツアーが行なわれ、江原…続きを読む

南沙イェダム村

故宅で儒教の精神に触れ、市場で田舎の人情に出会う 慶尚南道

故宅で儒教の精神に触れ 市場で田舎の人情に出会う   慶尚南道、河東・山清・咸陽・陜川   慶尚南道を訪ねたことはあるだろうか。海の絶景が楽しめる統営や南海、桜が咲き乱れる軍港祭で知られる昌原など、人気の観光地は多い。しかし、海に近い観光地はよく知られているも…続きを読む




韓国の天気予報韓国のレート
コリアトラベル定期購買

ソウル 路線図
釜山 路線図
テグ 路線図

遯巖書院

新しい韓国が見つかる!大邸広域市
釜山オイソ!
韓国3大アリランの発祥地・密陽市


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence