秋を満喫したいなら江原道楊口・東海・ 寧越(2)

2020年11月02日

4

朝日で輝く海が来る人を迎えてくれる東海市

山岳地帯を見てから、美しい海を見るために墨湖港(ムコハン)と東海港(トンヘハン)という2つの国際港がある東海市(トンヘ)市へと向かいます。この地域では1960~70年台にイカとスケソウダラが大量に捕れ、小高い山に次々に海が見えるように家を建てながらノゴルダムという村ができました。個人がそれぞれ家を建てたため、道路設置や舗装工事など行われず、人が何とか上れるように細い土の道がそれぞれの家を結びました。捕れた魚を高台で干すために、魚を背負って上へ上へと登っていくため、常に土の道はどろどろで、妻はなくても長靴がないと暮らせないといわれたほどだったそう。

あまりにもたくさん現金が入り、ここで暮らす犬でも1万ウォンをくわえて行き来きしたと言い、万福(マンボク)と呼ばれる犬もいたとか。そんな裕福でたくさんの人たちで賑わった漁業村も、魚の収穫量が減りながら人口も減り、2000年代に入ると老人と風化した家が残ってしまいました。そこで町おこしをしようと企画されたのが壁画による街づくり。釜山の甘川(カンチョン)洞、統営のトンピラン村なども壁画で有名ですが、ここの壁画は談画と呼ばれています。おばあさん(生活能力が高いため、ワンダーばあさんと呼ばれた)たちの苦労が壁画で紹介され、これを見るだけで東海市の生活がわかるようになっているからです。今ではおしゃれなコーヒーショップがたくさんできて、東海市が若い作家たちに長期滞在場所を提供し、美しい自然による活動協力を行っています。海と色とりどりの風景を記念に残すためSNSの名所としても多くの人たちが訪れます。ドラマ「華麗なる遺産」や、イ・ヨンエの映画「春の日は過ぎゆく」もここで撮影されました。海の近くには東海の海でのみ捕れた鮮魚を安く購入できる

墨湖港水産市場があり、市場の一角には捕れたての魚をさばいてくれるおばあさんにお願いして、その場で新鮮な海鮮をおいしく食べることができます。

またおいしい魚にはおいしいお酒もはずせません。韓国を代表する医学書である東医宝鑑にて、様々な中毒の解毒剤として処方されたと記録されているチジャンスという水から作り出される「チジャンスマッコリ」は乳酸菌が普通のマッコリに比べて1.8倍(1800億)も入っている健康的なお酒。地域の特産品であるかぼちゃやトウモロコシなどフュージョンマッコリが人気です。カニと一緒に味わうと、旅の疲れも一度に吹っ飛ぶおいしさです。

 

5

 

東海で取れたスルメ。

6

身がタップリ詰まっている!と説明してくれる市場のおばさん。

Pocket

関連する記事はこちら

7.홍천중앙시장

芸術の秋、食欲の秋、紅葉の秋を満喫 江原道 洪川・春川へワンディトリップ

芸術の秋を探して・・・江原トリエンナーレ 夏の暑さがいつまでも続くと思っていたら一瞬で秋の気配を感じるほど、気温差が激しい最近。秋の訪れは町の風景にある赤く・黄色く染まる木々の紅葉の風景だけでなく、料理がいつも以上においしく感じることからも感じられるのではないでしょうか。 美しい…続きを読む

IMG_6029

ソウル駅高架が車道から歩道へ~ソウル路7017を歩く

5月20日、ソウル路7017がオープンした。ソウル駅を見下ろして線路の両側を40年間にわたってつないできた高架道路が市民の憩いの場として生まれ変わったのだ。空中歩道となった高架道路の愛称は「ソウル路7017」。「70」は高架道路が建設された1970年を意味し、「17」は生まれ変わ…続きを読む

仁川中華街

仁川開港場Walk ~近代と現代が共存する街を旅する

地下鉄1号線の終点である仁川(インチョン)駅の開港場は異国情緒が溢れる。中華街を象徴する牌楼が異邦人を迎え、その向こう側には日本人が過ごした近代の建物が開花期の姿をそのまま表現している。韓国の中の外国として栄えた仁川のかつての姿を見てみよう。 文/李相直記者 空港で馴染み深い仁川…続きを読む

matsuri02

芸術の秋、食欲の秋、そして…祭りの秋!

韓国の地方へ旅するなら、その土地の祭りに合せて行くことをお勧めしたい。その地方ならではの魅力が祭りに凝縮されているからだ。その土地ならではの特徴をテーマに観光客を呼ぼうと楽しいコンテンツを準備するため、祭りの会場に訪ねさえすれば、見て、知って、食べて、体験して、その地方を充分に楽…続きを読む

IMG_4971-

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策  百済の歴史遺跡がユネスコ世界遺産に登録されて、世界から注目を浴びている忠清南道の公州市だが、百済の遺跡ではないもう一つのスポットが韓国で人気を呼んでいる。それは近代の公州の街の様子が残る旧市街の旅。韓国では「原都心」と呼ばれ、レトロ…続きを読む

2

懐かしくも新しい注目の通り「マンリダンギル」を行く

常に躍動的に開発が進むソウル。都市開発という名で訪れるたびに新しいビルが建ち、街の風景が一変してしまうことが多いのですが、昔ながらの街並みが残されるなか、そのビルや建物を生かして個性的なカフェ、小物店、バーがある場所として注目されているのが麻浦(マポ)区にある望理団(マンリダン)…続きを読む

大関嶺「ハヌル牧場」

2018年冬季オリンピック開催地を巡る「江原道ヒーリング旅行」

   寒い冬が始まった12月2日から1泊2日の日程で「江原道オピニオンリーダー招請事業」が行われた。「2018年平昌(ピョンチャン)オリンピック」を1年2ヵ月後にひかえた江原道の旅行には、記者を含めた4人が参加した。今回のツアーの参加者は、それぞれいろいろな分野での発信…続きを読む

文献書院

世界遺産と伝統酒「韓山素穀酒」祭り 2日間

問い合わせ:コリアトラベル新聞旅行事業部 大成直子(icc24@japanpr.com) TEL:ソウル)02-737-1122   Pocket


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence