芸術の秋、食欲の秋、紅葉の秋を満喫 江原道 洪川・春川へワンディトリップ

2021年11月05日

芸術の秋を探して・・・江原トリエンナーレ

7.홍천중앙시장

夏の暑さがいつまでも続くと思っていたら一瞬で秋の気配を感じるほど、気温差が激しい最近。秋の訪れは町の風景にある赤く・黄色く染まる木々の紅葉の風景だけでなく、料理がいつも以上においしく感じることからも感じられるのではないでしょうか。

美しい風景と共に、美しい芸術が楽しめる特別な場所があると聞いて訪れたのは「江原国際トリエンナーレ2021」が開催されている江原道の洪川(ホンチョン)郡。

ソウルから約2時間半ほど車に乗って到着した洪川は、静かな典型的な田園風景が広がります。2013年に2018平昌冬季オリンピック誘致にむけて開催された平昌ビエンナーレを皮切りに、今年で6回目を迎える視覚芸術祭りといわれるこの展示会は、3回がワンサイクルとして開催されていますが、今回はタイトルを「暖かい再生、Warm Revitalization」と題して、洪川郡内の4つの会場で開催されていました。

IMG_3713

 

再生1が開かれる展示場は1973年に竣工され、軍事施設として使用された弾薬整備工場です。今回のトリエンナーレでは、20年以上にわたり閉鎖されていたこの空間を、芸術空間へと変えました。巨大な規模の屋外設置作品もありますが、キネティックアートと呼ばれる動く美術や、メディアアートのような映像芸術など、主に「技術が中心となる作品」が多く展示されます。今まで動かなかったベルトコンベアーを使って芸術作品がゆっくりと動く姿など、少し怖い雰囲気がある弾薬工場を、派手な色合いで塗装しながら、技術の再生という意味を見せる作品たちが見られました。

IMG_3727

 

再生2が開かれる展示場は瓦洞(ワドン)分校です。韓国戦争直後の1954年に開校したものの、児童数が減り2015年に廃校となったところです。今回のトリエンナーレではこの利用されていなかった空間を美術作品でいっぱいな空間へと大きく変えました。運動場だった場所にはここにも巨大なパビリオンがいくつかあります。地域と共同して作られた軽食やコーヒーが楽しめる建築型カフェパビリオンや、住民・学生が江原の作家と共同で作った立方体験食品パビリオン、そして生態美術を実験できるビニールハウスである半円柱型植物パビリオンがあります。また、以前、教室として利用されたいた場所では絵画、映像、設置などが一緒に展示されていました。主に生態再生という意味を込めて人間と自然の関係を探求する作品たちです。

IMG_3684

 

再生3この低市場は洪川美術館です。 1956年に竣工されただけに登録文化財に指定されています。洪川区役所、邑事務所、上下水道事業所として使用され、2013年に美術館として再誕生したそうです。今回のトリエンナーレは、この空間で2019年江原作家展、2020年江原キッズトリエンナーレ、そして今年のイベントである江原国際トリエンナーレ2021を照明する江原トリエンナーレアーカイブ展示を開催します。また、江原道民生花遺物アーカイブ展、そして日常を主宰と素材とした国内外の芸術家たちの作品で構成された一山の芸術アーカイブ展を広げます。最後の展示はここをアパート空間のように飾って日常再生という意味を込めました。

IMG_3749

 

再生4が開かれる展示場は洪川中央市場です。 1970年代末、既存の場を2階に育て常設市場化し、2015年から現代化事業が盛んなところです。今回のトリエンナーレは、この空間とともに、紅川伝統市場で市場商人と地域民がコラボレーションするコミュニティアートを広げます。商人たちのギャグをベースにしたメディアアートやパフォーマンスアート、紅川の音を採集したサウンドアート、リサーチアート、遊び型コミュニティアートなどその姿も多様です。観客は、洪川中央市場の屋上からこれらの芸術的な成果物を全体的に眺めることができます。市場のあちこちと屋上に興味深い作品が設置されています。地域の再生を図りながら、人生の空間で芸術饗宴を広げます。

 

食欲の秋を探して・・・春川タッカルビ

IMG_375320211030_132947

春川の中心街となる明洞(ミョンドン)には、黄金の鶏が来る人たちを迎えます。鶏の案内する中道に入ると、タッカルビ専門店が集まるタッカルビ通りが現れます。春川タッカルビは、1960年代に豚肉の代わりに鶏肉をタレに漬けてカルビのように炭火で焼いて食べられたことからその歴史が始まったとされています。その後、鶏肉にキャベツ、玉ねぎなどの野菜を加えて鉄板で炒めて食べるスタイルに変化しました。リーズナブルでボリュームがあるので、大学生や軍人に人気となり、その頃タッカルビは「庶民のカルビ」、「大学生のカルビ」という愛称で呼ばれました。1970~80年代に春川明洞の裏道にタッカルビのお店が続々とオープンし、タッカルビ通りが形成されました。現在は150メートルほどの通りの両側にタッカルビのお店が並んでいます。この通りでは、炭火タッカルビと鉄板タッカルビはもちろん、もう一つの春川の郷土料理である春川マッククスも味わうことができます。

色合いを見ると辛くて、甘くて、塩からそうに見えるものの、そのまま食べてもおいしく、ご飯が無くてもすいすいと口の中に入っていきます。もちろん、サンチュやケンニプなどの野菜に来るんで食べてもおいしいです。しかしなんといっても〆のタッカルビチャーハンは誰がなんと言おうとNO.1の味だといえます。

 

紅葉の秋を探して・・・三嶽山ケーブルカー

IMG_3769

IMG_3776

お腹も一杯になり、次には風景を楽しむ番。都心にいながらも湖・山がすぐ近くにある観光スポット・春川市で今一番ホットな場所となっているのが三嶽山(サマクサン)ケーブルカーです。ここは先月10月8日に開通したばかりのケーブルカーで、なんと韓国で一番長い3.23kmもの距離を衣厳湖(ウォアムホ)と三嶽山の美しい風景を堪能することができます。

10月末までコロナ対策により、1台に4名しか乗れない状況からか、すごい人気となっており、ケーブルカーに乗るためには1~2時間並んで入場券を買うしかない状況でした。

ケーブルカーは60台ありますが、そのうちの20代は床が強化ガラスでできたクリスタル型キャビンとなっていて、脚の下に湖が広がり、また山がひろがりと、空を飛んでいるような、一味違った楽しさが楽しめます。

普通なら目の前にある、見える頂上にケーブルカーの到着場がありますが、このケーブルカーはその山を一度越えて、また次の高い山の頂上に到着場があります。往復の乗車時間は30分。料金は2万3000ウォンー2万8000ウォン(約2200円-2700円)と少し高めですが、ケーブルカーに乗って春川市内を展望する見晴らしはそれ以上の価値がありました。

また、来年の5月には春川市内の中島にレゴランドも誕生するなど、今後も目が話せないホットな場所だといえます。

Pocket

関連する記事はこちら

百済園

世界遺産の都・扶余の新しい魅力を求めて

韓国の歴史観光地として最も有名なのは、三国を統一した新羅の都である慶州だが、新羅によって滅ぼされた百済の都である扶余も、歴史好きにはたまらない観光地だ。ただ、ほとんどが建物の址のみを見るだけであるため、相当な関心がなければ難しいテーマであったことは事実だ。しかし、それも昔の話にな…続きを読む

8

2022オンライン永東干し柿祭

オンライン:2022.01.05〜2022.01.25 新型コロナ時代でも永東干し柿のすばらしさを広くお知らせし、販売を促進できる事業を推進し、地域経済活性化に寄与しようとするお祭り。 オンラインフェスティバルの効率性と期待効果を最大化するために、販売に重点を置いたプラットフォー…続きを読む

메인_한국민속촌

朝鮮時代にタイムスリップ! 韓国民俗村

韓国の伝統美を五感で楽しむ伝統テーマパーク ヴィンテージな風景に出会うと、過去にタイムスリップしたような不思議な気分になる。韓国民俗村は韓国の伝統と文化を一ヵ所で見ることができる、まさにヴィンテージな野外民俗博物館。1974年にオープンしてからほぼ40年になる今でも韓国を代表する…続きを読む

202205_03_092845

旅行客・現地人が一番お勧めする海の旅行先はどこ?

データ調査機関「コンシューマーインサイト」が調査した「2021旅行者·現地人の国内旅行地評価および推薦調査」資料を発表した結果、旅行資源の中で「海·海辺」の推薦率が最も高い基礎自治体(市郡区)は慶尚南道(キョンサンナムド)の南海(ナメ)と巨済(コジェ)がそれぞれ83%と1位となっ…続きを読む

경상남도_전체메인

春がこの上なく似合う場所、韓国・慶尚南道

山あり海ありの自然絶景に 韓国的な感性と伝統美まで、 ここが旅行理想郷! 「春がこの上なく似合う場所、韓国・慶尚南道」 韓半島の最南端。下にはコバルトブルーの南海が、上には名山・智異山が、東には韓国第2の都市であり、関門である釜山と向き合い、全部で8つの市と10の郡が位置する。海…続きを読む

IMG_1669

古都の4つの要件を備えた百済歴史の扉を開く鍵益山市

  ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区のうち、2ヵ所の遺跡を持つ全羅北道益山(イクサン)市。これから世界の人々が訪れる観光地となる益山市の魅力について、益山市の朴慶澈市長に聞いてみた。 文/町野山宏記者 全羅北道 益山市長 朴慶澈   Q.まず最初に…続きを読む

IMG_6481

寄稿| 小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて

小説「少年が来る」の舞台、光州を訪ねて ― 5.18民主化抗争を想う 文/佐々木静代    韓流ドラマや韓国映画のロケ地巡りの旅があるように、韓国文学の舞台や作者の故郷を訪ねる旅があってもいいのではないだろうか? 「文学で旅する韓国」ツアーはそんな発想から生まれた。この…続きを読む

IMG_7496

釜山旧都心ストーリーツアー

釜山に隠された物語に出会う 釜山旧都心ストーリーツアー    多彩な観光地が旅人を誘惑する街・釜山。ソウルに比べると街の規模は小さいものの、山あり海あり街ありの人気観光地だ。そんな釜山に数年前から人気が出ている観光が、旧市街を歩くツアー。「釜山旧都心ストーリーツアー」と…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence