雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫 ‐ 江原道

2014年09月22日

雪岳山で自然を楽しみ、南怡島で韓流を満喫

江原道

 
旅行の目的はそれぞれあるが、その目的を「自然」と「休息」に置くならば、韓国の江原道に勝るところはない。韓国一を誇る名山「雪岳山」を筆頭に、韓流の舞台である南怡島はもちろん、秋の食欲をそそるグルメや伝統美あふれる祭りがあり、韓国最高のネイチャーツアーを期待する人ならば、江原道は最高の選択肢となる。 文/町野山宏記者
 
 韓国最高の自然&リゾート観光の聖地・江原道を訪れる旅行において、はずすことができないのが雪岳山だ。高さ(海抜1709m)においては韓国で3位となるが、韓国では誰もが「韓国一の山」と賞賛を惜しまない江原道自然旅行の代表ブランドだ。
 雪岳山(ソラクサン)は1970年に国立公園に指定され、1982年にユネスコによって生物保全地域に指定された自然の宝庫だ。特に紅葉の頃の美しさは群を抜いており、毎年国内外からの多くの観光客が訪れる。
 雪岳山は、大青峰(テチョンボン)を中心に内陸側の内雪岳と海側の外雪岳とに分かれており、それぞれ違う顔を持った自然観光地だが、大きな滝が多い外雪岳のほうが観光客に人気が高い。楽しみ方も多様で、ケーブルカーを利用して展望台に登ることができる手軽な権金城(クォングムソン)コースから、断崖絶壁に囲まれた岩山でありながらも階段が整備されていて比較的登りやすい蔚山岩(ウルサンバウィ)までの軽登山コース(6km、約4時間)、断崖絶壁と四季折々の美しい自然が楽しめる千仏洞(チョンブルドン)渓谷まで行く本格登山コース(17 km、約9時間)など様々なコースが楽しめるため、山を愛するアウトドアマニアならば旅行のコースに雪岳山をぜひ入れておきたい。
 
雪岳山
 
 江原道旅行において、アウトドアに並ぶ代表的なテーマは韓流だ。ドラマ「冬のソナタ」のロケ地である南怡島(ナミソム)は、2002年にドラマがヒットしてから10年が経った今でも、その人気は衰えるところを知らない。
 南怡島は、北漢江の中にある島で、1960年代の後半から島の所有者によって観光地として開発されていたが、「冬のソナタ」のヒットによって一躍有名になった。ドラマの主人公が座ったベンチやメタセコイヤの並木道など、ドラマの中での印象的なロケ地が島のいたるところに散在しており、人気のフォトスポットになっている。
 ドラマのロケ地だけではない。レストランやおしゃれなカフェ、ギャラリー、キャンプ施設などもある。また、各種展示や文化イベントも常時行われているため、何度訪ねても楽しい場所だ。また自然も豊かで、林や池もたくさんあり、ダチョウやクジャク、リス、キンケイなどの動物が放し飼いにされているため、散歩しながらかわいい動物たちとの出会いもあって楽しい。林の中や川沿いを走るミニ汽車が通り、カップルで乗れるレンタサイクルなどもあるため、さまざまな方法で島の散策が楽しめるのもうれしい。
 春から冬まで一年中、四季折々の姿が楽しめる南怡島だが、やはり紅葉の季節は最高だ。9つの池に色とりどりの落ち葉が積もる姿は、思わず散策の足を止めて立ちすくんでしまうほどの美しさだ。
 
南怡島
 

多彩な秋の祭りが江原道の秋の旅行に魅力を添える

 見所たっぷりの江原道は、秋には多くの祭りが行われ、さらにアクティビティ満載となる。10月9日から12日まで、江原道ならではの文化にちなんだ祭りである「旌善(チョンソン)アリラン祭り」が行われる。韓国には幾つかの地方に独特の民謡「アリラン」があるが、旌善地方にも口伝民謡である旌善アリランがある。旌善アリランは江原道の無形文化財第1号に指定されており、このアリランの継承と発展のために毎年行われているのが「旌善アリラン祭り」だ。祭りでは仮装行列や旌善アリランの公演、旌善アリランの競唄大会、地方方言競演大会など、旌善ならではの地方色豊かなイベントが行われる。
 
旌善アリラン祭り
 
 江原道の名産品はたくさんあるが、その中でも名品ブランドとして認められている横城(フェンソン)韓牛は有名だ。韓国で初めて生産履歴追跡システムを導入して、消費者が韓牛の出生地から加工、販売までの履歴を知ることができるようになっており、最高の肉質の韓牛を安心して食べられるようにしたブランドだ。その横城韓牛を味わえる絶好の機会が横城韓牛祭りだ。今年で10回目を迎えるこの祭りでは、横城韓牛を部位ごとに味わえる試食コーナーや、家族料理体験や横城韓牛テーマ牧場など、家族が一緒に楽しめるイベントが盛りだくさんだ。それと共に伝統国楽の公演やブラック・イーグルのエアショーなども行われ、その他の見所も多い。祝祭期間は、10月1日から5日まで。
 
横城韓牛祭り
 
 江原道の襄陽(ヤンヤン)郡はサケの故郷として有名だ。襄陽の南大川(ナムデチョン)は、サケが生まれ、毎年10月には産卵のために帰ってくる川で、1日平均2千匹のサケが急流をさかのぼって帰ってくる。その襄陽で行われるのが襄陽サケ祭りだ。今年は10月17~19日に行われる。メインイベントはサケつかみどり体験で、その他にもサケの魚拓取り体験やサケの生態見学などが楽しめる。
 

江原道の代表グルメ、タッカルビ&マッククス

 江原道を訪ねたらぜひ食べたいのがタッカルビとマッククスだ。タッカルビは今から50年ほど前、春川(チュンチョン)市の居酒屋のおつまみに始まった。1960年代、韓国戦争が終わったばかりの貧しかった時代、豚カルビのピリ辛のタレを鶏肉に漬け込んで食べたのが始まりで、鶏肉にカルビの味付けをしたということで「タッ(鶏)カルビ」と呼ばれようになったという。
 マッククスは、そば粉で作った麺にトンチミ(水キムチの一種)の汁を入れて食べる麺料理だ。マッククスの「マク」は韓国語で「すぐに」、あるいは「その場で」という意味。「作った麺をすぐ食べる」という意味だ。熱くて辛いタッカルビと冷たいマッククスは絶好の組み合わせなので、食べずに帰ったら後悔することになるだろう。
| http://www.gangwon.to
Pocket

関連する記事はこちら

현대

車好きにおススメ! 現代自動車蔚山工場

単一工場としては世界最大の規模、現代自動車蔚山工場 現代自動車は名実共に世界屈指の自動車会社で、蔚山工場は単一工場としては世界最大規模であり、総敷地面積は約500万㎡、年間160万台の自動車生産能力を誇る。 輸出専用埠頭には一万台余りの自動車が並び、見事な眺めを披露する。   P…続きを読む

메인_한국민속촌

朝鮮時代にタイムスリップ! 韓国民俗村

韓国の伝統美を五感で楽しむ伝統テーマパーク ヴィンテージな風景に出会うと、過去にタイムスリップしたような不思議な気分になる。韓国民俗村は韓国の伝統と文化を一ヵ所で見ることができる、まさにヴィンテージな野外民俗博物館。1974年にオープンしてからほぼ40年になる今でも韓国を代表する…続きを読む

益山弥勒寺址

ユネスコ世界遺産登録から2年~再び訪ねる百済の王都

ユネスコ世界遺産登録から2年 再び訪ねる百済の王都    2015年、公州市、扶余郡、益山市の3市郡に残る百済時代の遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、国内外で大きな話題を呼んだ。本紙でも何度か取材を行い、紹介してきたが、新緑が芽生えだす5月、もう一度百済の遺跡を訪ねた。…続きを読む

IMG_4971-

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策

ソウルから1時間半、忠清南道・公州レトロ散策  百済の歴史遺跡がユネスコ世界遺産に登録されて、世界から注目を浴びている忠清南道の公州市だが、百済の遺跡ではないもう一つのスポットが韓国で人気を呼んでいる。それは近代の公州の街の様子が残る旧市街の旅。韓国では「原都心」と呼ばれ、レトロ…続きを読む

IMG_9507

〈2019今年の観光都市〉お茶の香りと潮の香り漂う韓国の隠れた宝石…康津郡

 韓国の南端は海岸が入り組み、美しい海洋観光地として人気だ。統営、南海などは特に有名で、一度は名前を聞いたことがあるかもしれない。それでは康津(カンジン)はどうだろうか。その名前を聞いたことのある人も少ないかもしれない。しかし、2016年に「康津訪問の年」を自ら宣布し、来年201…続きを読む

公山城夜景

公山城、宋山里古墳群、公州市の世界遺産を巡る

公山城、宋山里古墳群 公州市の世界遺産を巡る 今年の7月にユネスコ世界遺産に登録された百済歴史遺跡地区。1500年前の王国だった「百済」の遺跡の価値が認められながら、世界の人々がこの地域に注目し始めた。そんな百済の足跡を巡る過去へのタイムトリップが楽しめるだけでなく、韓国情緒が感…続きを読む

IMG_0511

平昌冬季五輪まで200日! 江原道のドラマ ロケ地を訪ねて

とうとう開催まであとわずかとなった平昌オリンピック。オリンピックが行なわれる江原道はもちろん、韓国全体が多いに盛り上がっている。そんな中、開催まで200日を控えた7月22日、G‐200花火祭りが春川市で開かれた。また、花火祭りに合せて江原道日本語ブログファムツアーが行なわれ、江原…続きを読む

IMG_6029

ソウル駅高架が車道から歩道へ~ソウル路7017を歩く

5月20日、ソウル路7017がオープンした。ソウル駅を見下ろして線路の両側を40年間にわたってつないできた高架道路が市民の憩いの場として生まれ変わったのだ。空中歩道となった高架道路の愛称は「ソウル路7017」。「70」は高架道路が建設された1970年を意味し、「17」は生まれ変わ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02