ユネスコ世界遺産をめぐる 朝鮮王朝の王の墓 王陵

2010年09月24日

朝鮮王陵とは1392年から518年間続いた朝鮮王朝の時代の歴代王族が眠る墓のことです。朝鮮王陵は1408年から1966年のおよそ5世紀に渡って造られ、韓国が申請した朝鮮王陵40基がユネスコ世界遺産として登録されています。韓国の中で世界遺産として9番目に登録され、ソウル近郊を中心に、地方にも点在しています。価値ある遺跡として、また現在も祭礼が行われているという点でも優れているとされています。朝鮮王陵がソウル市とその近郊にある理由は、当時の都を中心に10里~100里(4km~40km)の間に建てるという決まりがあったことによるものです。王陵は儒教の礼法により作られることから、一定の形式を保っており、どの王陵も似たような空間構造になっています。

進入空間があり、祭祀空間、陵寝空間に別れているなか、賽室、ホンサル門、ペウィ、参道、T字閣、陵寝、文官、魂遊石があります。

1

朝鮮王朝展示館

27代、519年間にわたり朝鮮を統治した国王と王妃の墓、朝鮮王陵。500年の長きにわたって続いたひとつの王朝、その王陵がほぼ損傷無く残っているのは世界に類を見ないといえます。朝鮮王陵は優れた王陵として、文化的でかつ学術的価値があると世界に認めら、ユネスコ世界遺産に登録されました。康陵にある朝鮮王朝展示館では国葬の手順をはじめ朝鮮王陵に関わる歴史や文化、三陵祭礼、王陵の管理、そして泰陵、康陵にまつわる物語などをテーマごとに見て回ることができます。

 

韓国に点在する王陵

1長陵、2章陵、3坡州三陵、4西三陵、5西五陵、6温陵、7貞陵、8泰陵、康陵、

9ウィ陵、10、宣陵、靖陵、11ホン陵、仁陵、12東九陵、13光陵、14思陵、

15洪陵、裕陵 16隆陵、健陵 17英陵、寧陵、18荘陵

4

文定王后(ムンジョンファンフ)ユンシ 泰陵(テルン)

朝鮮時代の第11代国王中宗の后、文定王后(1501-65)が葬られたのが泰陵で、陵は単陵形式になっています。土の暮下には雲と十二支神を意味する防衛神が彫られており、屏風石があります。文官石像の高さは260cmあり、左側の文官石像は右手で左手を覆っていて、右側の文官石像はその反対の姿勢をとっています。泰陵は王妃の単陵とは思えないほど壮大で、当時の文定王后の勢力がどれほどのものであったかということを推測させます。文定王后は中宗大王のそばに埋められることを願っていましたが、中宗の陵がある地域は地盤が低く、洪水の被害が頻繁に起こるため陵を造ることができず、現在の場所に単陵として作られることとなりました。T字閣は韓国戦争の時に破損し石垣と礎石だけが残っており、現在あるものは1994年に復元されたものです。

Pocket

関連する記事はこちら

고인돌1

仁川の江華島(カンファド)文化遺産踏査記

江華島(カンファド)の生き生きとした歴史を感じる 「家しか知らない子供は愚かな者だ」、「旅行に出ると、賢くなる」という西洋の噂のように、旅行は沢山の知恵と教訓を与えてくれる。遊び盛りの子供は全てのことを五感を通して学ぶため、旅行ほどレベルの高いレッスンはないだろう。そして、旅行は…続きを読む

069

康陵(カンヌン)

泰陵に葬られている文定王后の子で代13代明宗(1534-67/在位1545-67)とその后である仁順王后(1532-75)が葬られているのが康陵です。朝鮮王陵についての詳細は、復元遺物や映像を通し、朝鮮王陵の保存、管理の歴史と山陵祭礼を見ることができます。朝鮮王陵は歴代の王の意思…続きを読む

부여-궁남지-초가을-(2)

百済時代の愛の物語が込められた「宮南池」

  古の百済の都「泗沘(サビ)」は現在の忠清南道扶余郡にあった。ユネスコ世界遺産に登録された「百済歴史遺産地区」の8つの遺跡のうち半分が扶余郡に位置するが、世界遺産に登録された遺跡のほかにも魅力的な百済の遺跡が扶余の地に残っている。それが「宮南池(クンナムチ)」だ。 宮…続きを読む

菩提庵

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~南部圏~

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~南部圏~   ありふれた韓国旅行ではない癒しの旅行を求める人たちに、お勧めしたいのが「韓国33観音聖地をめぐる旅」だ。1700年の歴史を誇る韓国の仏教文化は、同じ仏教文化圏の日本のそれとはまた赴きが違い、色鮮やかながらも、素朴なも…続きを読む

001

大韓仏教・曹渓宗5大本山のひとつ 修徳寺(スドクサ)

  修徳寺は百済威徳王(威徳王:554~597)在位の当時に高僧智明が初めて建てたと推定されています。 第30代王である武王当時、恵顕が《妙法蓮華経》を講説して広く知れられるようになりました。高麗第31代超恭愍王の時にナウン(懶翁:へグン)が寺を修造しましたが、一説には…続きを読む

서브01-행사

リゾートと歴史観光を一度に味わう「百済文化団地」

歴史のテーマパーク、壮大スケールで扶余に出現 リゾートと歴史観光を一度に味わう「百済文化団地」 百済文化団地は忠清南道(チュンチョンナンド)扶余(プヨ)郡に位置している公共施設でサビ城(王宮、陵寺、生活文化等)、百済歴史文化館、韓国伝統文化学校と民間施設である宿泊施設(コンド、ス…続きを読む

光化門1

光化門の街にたたずむ歴史の空間 景福宮

景福宮(キョンボックン)はにぎやかなオフィス街に位置しています。光化門の前は大きな道路があり車や人が行き交います。しかし光化門をくぐって中に入るとそこには歴史の足跡がうかがえる空間が広がります。まるで光化門は現代から過去にタイムスリップできる境界の門のようです。宮内を散策するとこ…続きを読む

定林寺址五層石塔

世界遺産登録! 失われし百済の都を歩く

世界遺産登録 失われし百済の都を歩く 公州市・扶餘郡・益山市   韓国で12番目の世界文化遺産が登録された。「百済歴史遺跡地区」という名称の忠清南道の公州市、扶餘郡、全羅北道の益山市にある8つの遺跡だ。百済遺跡地区は公州の公山城(コンサンソン)、公州の宋山里(ソンサンニ…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence