韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~南部圏~

2015年12月07日

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~南部圏~

 

ありふれた韓国旅行ではない癒しの旅行を求める人たちに、お勧めしたいのが「韓国33観音聖地をめぐる旅」だ。1700年の歴史を誇る韓国の仏教文化は、同じ仏教文化圏の日本のそれとはまた赴きが違い、色鮮やかながらも、素朴なものが多い。寺院の多くが奥深い山の中にあるため、山の霊気も感じることができる。そんな古刹・名刹の中で本尊が観音菩薩である寺院の中から厳選された「韓の国33観音聖地」を一つひとつ巡回することにより、心に安らぎを感じると共に、韓国の隠された美しさも同時に発見できる旅となる。一度に巡るには広範囲にわたるため、4つのエリアに分けてその魅力を把握した後、自分探しの旅へと出かけよう。

文/大成直子

 

菩提庵

智異山と2大観音祈祷道場で祈る

 

韓半島の南地方にある寺院を巡ると、韓国の霊山と呼ばれる智異山(チリサン)で山の気運を、多島海海上国立公園と閑麗海上国立公園で海の美しさと気運を授かる旅が待っている。

まずは智異山にある華厳寺(ファオムサ)へと向かう。雄大な山が連なり、登山のメッカとして国内外から多くの登山客が訪れる韓半島の南部地域にある国立公園・智異山は、かつて山岳信仰の聖地であったほか、仏教の聖地としても知られており、古くは三国時代から霊山としても重要な役割を担ってきた場所だ。

そんな智異山にある寺院の中で有名なのが華厳寺だ。ここは6世紀中旬にインドから来た縁起大使により創建されたとされており、禅宗大本山として栄華を極めたものの大火災により建物が焼失し、現在は全て17世紀以降の朝鮮時代に再建された建物たちとなっている。そんな華厳寺の代表的な建物は2階建ての合掌屋根の大きな建物、国宝67号の覚皇殿(カクファンジョン)だ。ここは670年に新羅の僧、義湘がその内部の壁の石に華厳経を刻んだことから、この寺の名前が華厳寺となったとされるが、この華厳石経は文禄・慶長の役に破壊された。今では8980個の破片となって、影殿に保存されており、現在国宝第301号として指定されている。

また、国宝第35号である寂滅宝宮の四獅子三層石塔は、創建主である縁起の孝行の思いが表現されているため、孝台とも呼ばれている。

今度は全羅南道の順天市にある曹渓山・松広寺(ソングァンサ)へと移動する。ここは仏宝寺刹の通度寺、法宝寺刹の海印寺と並ぶ僧宝寺刹として、韓国三宝寺刹の中の一つだ。この僧宝とは、皇帝や朝廷が高僧に対して送られる僧侶として最高の栄誉とされる「国師」が16人も輩出された特別な寺院だということから付けられた名称だ。

この寺の一番の見所はなんといっても国師殿(国宝第56号)だ。これは1400年頃に建てられたのち、内部に1780年に十六国師の肖像が収められた。そして、1951年に起こった火災によりこの松広寺全体が焼失してしまった際にも、国師殿だけが火魔から守られたことから、国師達の法力によるものだとも伝えられている所だ。

海水観音が迎える祈祷道場

今度は山から海へと移動しよう。2012年に万博が開催された麗水市の端、突山島にある向日庵(ヒャンイラム)は、金鰲山の岩絶壁の上にある。

向日庵は華厳寺(ファオムサ)の末寺として659年に元暁大師が創建したと伝えられおり、他の寺院と違い観音殿が2つという特異な構造を持つ。

山の斜面登り坂の道に沿って寺院への道が続くが、石段道を登ると、人がやっと一人通り抜けることができるかというほどの狭くて長い、岩の隙間が現れる。境内に向かうには、このようなこの岩の隙間を7ヵ所通過するが、この岩の隙間を抜けるごとに願いが一つずつ聞かれるという俗説があるため、ここをを訪れた人たち7個の願いを聞かれるといわれる。境内に入ると絶壁の下には青く輝く南海の海が波打つ。再び狭い岩の隙間道を通過すれば、元暁大師が遂行中に観世音菩薩を親見したと伝えられる観音殿があり、その傍には、海水観音菩薩像が海を眺めて立っている。

そして、向日庵とは海を隔てた慶尚南道・南海にある菩提庵(ポリアム)も全国3大祈祷道場として知られる、観音祈祷道場だ。錦山の頂上近くにある菩提庵は、その周辺を一面、38景の奇怪石群で覆われていて、絶景の風景を誇る場所だ。

683年、ここに観音菩薩を親見した元暁大師は、普光寺と名づけたが、千年が過ぎ、新しい名前を受けることとなる。1660年、朝鮮王朝の太祖李成桂(イ・ソンゲ)がここで100日祈祷を捧げたあかつきに新しい王朝を開いたことにより、菩提庵と改名したためだ。現在も太祖・李成桂が祈ったことを記念して建てられた璿恩殿が残されている。そして、錦山第1展望台とも呼ばれる海水観音像には参拝客の足取りが絶えることがない。この観音像は自分のためではなく、愛する人たちに捧げる人たちの祈祷だけが聞き入れられるといわれ、今日も額を床につけながら祈る多くの人たちの姿が見られる。

 

33観音11 33地図02 33観音14
33観音12 33観音15
33観音13 33観音16
Pocket

関連する記事はこちら

貞洞ベテル教会

ソウルの中の異国を巡る ~ソウル貞洞探訪

ソウルの中の異国を巡る ソウル貞洞探訪   日本の幕末を前後した時代が激動の時期であったように、韓国においても旧韓末(クハンマル)と呼ばれる朝鮮時代末期を前後した時期は、大きく国が揺れ動いた時代だ。諸外国からの新しい文物が紹介される反面、外国勢力が脅威となって、国内では…続きを読む

梵魚寺

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~東南圏~

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~東南圏~   ありふれた韓国旅行ではない癒しの旅行を求める人たちに、お勧めしたいのが「韓国33観音聖地をめぐる旅」だ。1700年の歴史を誇る韓国の仏教文化は、同じ仏教文化圏の日本のそれとはまた赴きが違い、色鮮やかながらも、素朴なも…続きを読む

定林寺址五層石塔

世界遺産登録! 失われし百済の都を歩く

世界遺産登録 失われし百済の都を歩く 公州市・扶餘郡・益山市   韓国で12番目の世界文化遺産が登録された。「百済歴史遺跡地区」という名称の忠清南道の公州市、扶餘郡、全羅北道の益山市にある8つの遺跡だ。百済遺跡地区は公州の公山城(コンサンソン)、公州の宋山里(ソンサンニ…続きを読む

서브01-행사

リゾートと歴史観光を一度に味わう「百済文化団地」

歴史のテーマパーク、壮大スケールで扶余に出現 リゾートと歴史観光を一度に味わう「百済文化団地」 百済文化団地は忠清南道(チュンチョンナンド)扶余(プヨ)郡に位置している公共施設でサビ城(王宮、陵寺、生活文化等)、百済歴史文化館、韓国伝統文化学校と民間施設である宿泊施設(コンド、ス…続きを読む

고인돌1

仁川の江華島(カンファド)文化遺産踏査記

江華島(カンファド)の生き生きとした歴史を感じる 「家しか知らない子供は愚かな者だ」、「旅行に出ると、賢くなる」という西洋の噂のように、旅行は沢山の知恵と教訓を与えてくれる。遊び盛りの子供は全てのことを五感を通して学ぶため、旅行ほどレベルの高いレッスンはないだろう。そして、旅行は…続きを読む

001

大韓仏教・曹渓宗5大本山のひとつ 修徳寺(スドクサ)

  修徳寺は百済威徳王(威徳王:554~597)在位の当時に高僧智明が初めて建てたと推定されています。 第30代王である武王当時、恵顕が《妙法蓮華経》を講説して広く知れられるようになりました。高麗第31代超恭愍王の時にナウン(懶翁:へグン)が寺を修造しましたが、一説には…続きを読む

069

康陵(カンヌン)

泰陵に葬られている文定王后の子で代13代明宗(1534-67/在位1545-67)とその后である仁順王后(1532-75)が葬られているのが康陵です。朝鮮王陵についての詳細は、復元遺物や映像を通し、朝鮮王陵の保存、管理の歴史と山陵祭礼を見ることができます。朝鮮王陵は歴代の王の意思…続きを読む

普門寺

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~西南圏~

韓国33観音聖地をめぐる「私探しの旅」~西南圏~   ありふれた韓国旅行ではない癒しの旅行を求める人たちに、お勧めしたいのが「韓国33観音聖地をめぐる旅」だ。1700年の歴史を誇る韓国の仏教文化は、同じ仏教文化圏の日本のそれとはまた赴きが違い、色鮮やかながらも、素朴なも…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02