〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

2016年07月20日

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる
慶尚北道へようこそ」

 

慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

 

李羲道処長 韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産、そして慶尚北道だからこそ味わえる珍味が並び、最近では、韓国を訪れる外国人観光客の足が大幅に増えた観光圏域だ。このような慶尚北道の観光活性化を担当しているところが慶尚北道観光公社である。慶尚北道庁管轄の公企業として世界の観光マーケティングを率いる慶尚北道の観光戦略を慶尚北道観光公社の李羲道処長とのインタビューを通じて聞いてみた。
文/町野山宏記者
2012年6月に発足した慶尚北道観光公社は、慶尚北道の歴史・文化・自然・生態資源などを体系的に開発・広報し、地域観光産業の発展と国内外の観光客誘致活性化を目的とした慶尚北道庁傘下の公企業である。韓国全体の観光を総括する韓国観光公社とは別に、慶尚北道圏の観光競争力拡大のために慶尚北道庁の予算を執行する独立した観光政策機構だ。
今年で発足4年目を迎える短い歴史だが、意欲的な事業の推進によって慶尚北道の観光の位相も大きく改善された。国内はもちろん、外国人観光客市場においても慶州や安東、浦項などの慶尚北道圏の都市の外国人観光客の数が著しく増加するなど、目に見える効果も収めている。
「韓国の観光政策は、開発中心の傾向が非常に強い。慶尚北道はテーマパークやショッピング施設などの大型観光インフラが不足している。慶尚北道観光公社が出帆して、最も重点を置いている部分は、これらの不足しているインフラを観光地自体のソフトウェア的競争力の拡大を通じて克服しようというものであり、実際に歴史と文化に関連するテーマが豊かであるという強みを観光政策にそのまま反映したのが、他の地方観光地に比べて一歩進んだ国内外の観光客の誘致拡大の土台となった」というのが慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長の言葉だ。
最初から国内市場と海外市場を二元化していない観光政策の推進も、慶尚北道観光の内実をすべてのに功を奏した。李羲道処長は、慶尚北道観光公社が発足し、不慣れな外国人観光客の誘致政策を実施するよりも、韓国内のソウルと京畿圏の観光客を慶尚北道圏に誘致する案の研究に集中したと述べた。
「韓国人が楽しさを見出せない観光地やコンテンツが外国人観光客に好評されるということはあり得ない。韓国人観光客がまず満足できる観光コンテンツを成長させれば、外国人観光客市場は自然についてくる」というのが慶尚北道観光公社の政策持論だと付け加えた。
慶尚北道観光公社が最も心血を注ぐ外国人観光客市場は断然、日本である。数値では中国人観光客が圧倒的だが、ショッピングなどの大型観光施設が中心の中国よりも、慶尚北道が追求する文化や歴史のテーマに水準が合う日本市場が慶尚北道のソフトウェア的観光競争力強化に適合していると説明する。

 

「ご当地シャトル・観光説明会など、日本市場のプロモーション強化」

 

李羲道処長は、「日本市場は慶尚北道観光公社の発足以前から慶州の新羅文化や安東の儒教文化などをテーマに多くの日本人観光客が訪問するほど競争力を確保している。現在は、これらの日本人の市場を自由旅行のトレンドに合わせて、より深化するための政策的努力が進行中」だと語った。
慶尚北道が運営する「ご当地シャトル」が、そのような深化の作業の代表格である。慶尚北道が安東市・慶尚北道観光公社と共同で運営している日本人向け観光シャトルバスである「コリアご当地シャトル」は、日本人の個別観光客のほとんどがソウルに集中している不均衡を解消するために、高級観光コースを提供する日帰りバス自由旅行商品だ。現在、安東と聞慶の2つのコースが運営中で、安東コースは水・木・金に出発して屏山書院・河回村・別神クッ仮面劇の観覧など儒教文化探訪にコースが設定されており、聞慶コースは毎週月・火・水・金に出発して聞慶セジェ・聞慶KBSドラマオープンセット場など、韓流文化と韓国の山を楽しむことができるコースで好評を得ている。
日本国内での知名度向上のためのプロモーションにも積極的に取り組む予定である。日本国内のメディアや旅行業界の関係者を招待し、既存の慶州や安東などのおなじみの観光地ではなく、慶尚北道圏の新たな観光地を紹介する招待ファムツアー事業に加え、9月に東京ビッグサイトで開かれる「ツーリズムエキスポジャパン(JATA Tourism EXPO Japan 2016)」にも参加し、慶尚北道の新規観光コースを促進し、秋・冬の祭りの情報、および故宅、テンプルステイ、料理作り、伝統文化体験など多様な体験の商品を集中的に広報する予定だ。

 

9月の大邱‐成田、福岡路線就航に備えた戦略を樹立中」

 

今年9月、新たに日韓路線が開かれる大邱国際空港についても日本人観光客誘致拡大の契機とする予定だ。
李羲道処長は、「大邱国際空港と成田・九州福岡空港との定期便が9月1日に就航する。慶尚北道は金海国際空港より大邱国際空港からのアクセス性に優れている。すでに大邱‐関西の定期便が就航している状況で、日本の代表都市であり、関門である成田と福岡空港路線が開設されているだけに、日本人観光客の慶尚北道旅行の利便性がさらに拡大されるだろう」とし、「東京、大阪、福岡の日本3大都市から大邱国際空港への就航が可能となるため、大邱国際空港を利用する慶尚北道新規モデルコースの開発と推進を含む、大邱国際空港イン・アウトを前提とする観光戦略を策定中」と強調した。
慶尚北道での商品を企画する旅行業界をターゲットにしたインセンティブ制度の広報も強化する予定である。慶尚北道は現在、傘下地方自治体を中心に自治体別の外国人団体旅行客を対象にしたインセンティブ制度を実施している。安東市、青松郡、高霊郡の3つの自治体が団体旅行客を対象に1人1万円前後のインセンティブを提供しており、日本の旅行会社の新規観光地の開発と販売に対する経済的負担を軽減することができる。
李羲道処長は、「慶尚北道観光公社は、慶尚北道の観光をリードする道民公企業として、外国人観光客300人を含む全国の観光客1位、観光の満足度全国1位を目指している。これらの目標を達成するためには、先導市場である日本市場の役割がたいへん重要である。日本人観光客が慶尚北道を訪問して満足できるよう、それと共に、他の地方都市とは違う慶尚北道ならではの競争力を感じることができるように、韓国本来の魅力を見つけることができる新たな観光インフラ造成に最善を尽くしたい」とし、「最も韓国らしい韓国を旅行したいなら、ぜひ慶尚北道を目的地にしてほしい」という言葉を付け加えた。 | www.gtc.co.kr

Pocket

関連する記事はこちら

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む

모바일코리아투어패스

スマートフォン一つで韓国旅行!「モバイルコリアツアーカード」

外国人観光客の恵沢、便利なサービス拡大  外国人観光客の韓国観光の必須アイテム「コリアツアーカード」が利便性とメリットを最大化して「モバイル」として新たに生まれ変わる。アンドロイドOSプラットフォームの「モバイルコリアツアーカード」は、Tマネーを基盤にした交通カード機能と外国人が…続きを読む

百済テーマプロモーション

忠清南道、百済歴史テーマで日本からの観光客4万人誘致に総力

 忠清南道が今年、日本人観光客4万人誘致を目標に百済歴史の旅コースと、ホームステイコースを開発し、修学旅行団体や個人観光客の誘致を推進する。これは2015年に百済歴史遺跡地区がユネスコ世界遺産に登録されてから百済時代の歴史遺跡が集中している公州・扶余と天安、牙山、泰安地域を中心に…続きを読む

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

영천시_K트레블버스

永川市、外国人観光客対象「Kトラベルバス」3月から運行

 慶尚北道永川市が2019年に「外国人観光客誘致元年の年」と定め、外国人観光客誘致のためのKトラベルバスを本格的に運行する。 Kトラベルバスは、ソウル市が2017年から全国の地方自治団体との相互交流協力のために、外国人観光客を対象に運行する地方都市の有料バス自由旅行商品。今年3月…続きを読む

한국관광기념품

大韓民国観光記念品大賞に「景福宮丹青鉛筆」

 「第21回大韓民国観光記念品公募展」大賞(大統領賞)に「景福宮丹青鉛筆」が選ばれた。大賞作は韓国の伝統建築の丹青の美しさと木材の質感が反映されて装飾性と実用性に優れているという評価を受けた。金賞(国務総理賞)はハングルに対する外国人の関心の高さを反映して、ハングルを簡単に学ぶこ…続きを読む

白羊寺

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」 全羅南道長城郡に位置する白羊寺双溪楼の紅葉の絶景。内蔵山国立公園にある白岩山白羊寺は、屏風のような白鶴峰と境内のあちこちにあるもみじが調和し、韓国最高のもみじの名所として知られる。特に双溪楼を背景にした紅葉の絶景が白眉とされて…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02