〈インタビュー〉韓国旅行業協会会長・梁武承

2017年01月31日

KATA_회장B-日韓相互交流人口
1000万人に向けて

韓国旅行業協会会長・梁武承

 

昨年、日韓交流人口は700万人を突破した。その裏では両国政府のみならず、旅行業界の努力があったことは確かだ。そんな韓国旅行業の立役者の一人である韓国旅行業協会(KATA)の梁武承(ヤン・ムスン)会長に、これまでの事業と、2017年の旅行業界の展望、KATAとしての取り組みなどについて話を聞いた。
文/小峰明記者

 

韓国観光産業の現状と日本市場への復興支援について

昨年、韓国の旅行業界は、皆たいへんであったと思う。出国者数は昨年末までで2200万人の水準までたものと推測されており、インバウンドも約1700万人となったが、旅行業界は不況だ。テロが多く発生する中、いろいろ神経を使うことは多くなり、全体的な市場は拡大したものの、旅行業界は良い状況ではなかった。

その中でもKATAとしては、対外的に韓国の観光産業発展と国際交流増進のために多くの施策をしてきた。例えば日本では、東北地方と熊本・大分の2地域の復興のための韓国旅行関係者のファムツアーを実施した。

この応援ツアーのうちの一つは、東北地方観光促進を目的として昨年6月に宮城・秋田・山形を訪れたもの。一昨年の4月に400人の応援ツアーを行ったが、運悪くその年には韓国でMERS(中東呼吸器症候群)が発生したため、その効果を見ることができなかった。それで昨年、もう一度、約240人の訪問団が東北を訪れ、観光促進のための試みを行った。

2つ目は、昨年4月に発生した熊本地震の被害者を応援するために、8月に熊本・大分への訪問団をつくって、被災地を含めた九州観光活性化を支援した。熊本訪問では、日本側もたいへん感動したようだ。九州観光市場が早期正常化することを願っての訪問だったが、実際に現場を訪れてみると、それほど問題がないことを確認し、その様子を韓国の旅行業者に伝えることができた。

また、日本のJATAとは毎年2度の会議を行っている。特に、KATAとしてはJATAが主催している「ツーリズムエキスポジャパン」にも参加して、お互いに日韓の旅行業界の現況も把握しながら、日韓の観光産業全般の多くの懸案を協議し、解決する努力をしてきた。昨年の12月13日には日本から150人の応援団が慶州を訪れ、交流会を行った。2014年から「メガ・ファムツアー事業」として、日韓両国から約400人から3千人規模の訪問団が訪問して相互交流を行ってきた。

2017年の韓国旅行業界の見通し

 

韓国旅行業界はさらに規模が拡大するだろう。旅行業界が抱いている問題は、利用率を高めることだ。利用率を高めるためには消費者の心理を高める施策が必要だ。現在、韓国でも日本と同じように個別旅行と家族旅行が増加した。インターネットによる情報が豊富になって、消費者はさまざまなよい情報を選択できるようになった。多くの個人旅行者がそのような情報をもって、旅行社を使わなくなっていることは確かだ。

そのような実情の中でも、旅行社の利用率を高めるために多くの努力をしているが、旅行社を利用する場合、その利点が多いことを訴えている。消費者の信頼を得ることが重要であり、旅行の時の安全も個人旅行者に比べ確保できることだ。

また、旅行社の販売ツールはさらに多様化するものとみられる。たとえば、「ホームショッピング」による旅行商品の販売は、多くの旅行社が実施している。キャンセル率が高いというリスクがあることは確かだが、これもまた旅行のマーケティングの一つとして継続して行われるだろう。

来年の日本市場に対する取り組みについて

日本市場に関していえば、インバウンド市場は少しずつではあるが、持続的に日本からの訪問客はより回復していくものと予想されている。韓国のインバウンド市場は最悪の状況を脱した。2011年の350万人から、一昨年は180万名まで落ち込んだが、昨年は230万名と回復しており、日本から韓国への訪問は徐々に常用していく傾向にある。そして、アウトバウンドにおいてはいうまでもなく500万人が日本を訪れ、地方への旅行もますます増えている。特に韓国からの旅行客が日本の地方観光活性化に大きく寄与している。実質的に日本のアウトバウンドとしても、韓国市場が活性化すると旅行社が好調となり、市場が拡大して好転する。日本と韓国で訪問者数があまりにも偏ってもよくないが、日本のインバウンド市場が回復傾向にあり、アウトバウンド市場も持続的に増加しているということはよい傾向だということができる。

旅行商品の量が増える一方で、その質が低下しているのも確かだが、日本市場が旅行商品の質を向上するリード市場だと見ている。量だけでなく質も高い旅行商品を提供している。韓国商品も、今まで日本から数十年間日本の旅行客が訪れているため、品質が向上してきており、テーマがある地域などで商品開発が実質的に行われている。

また、ユネスコ世界遺産に登録された百済歴史文化遺産について関心が高い中で、商品開発も今後多くなされていくと期待している。過去のように、団体旅行で来る時代から、旅行者が自ら豊富な情報を集める時代となったため、それに対応するコンテンツを準備することも必要となり、実質的に商品価値を持たなければならない時代となった。また、忠南地域の百済文化圏でも、一地域を商品にして広報していくよりは、公州・扶余・青陽、そして論山などの地域と組んで商品化することが重要だ。

相互交流700万人から1千万人を目指して

 

今まで日韓の相互交流数を700万人にするということが目標であったが、昨年、それを達成した。2012年度に日本から韓国へは350万人、韓国から日本へは280万人が訪問して合計630万人となり、700万人はすぐに達成できると思っていたが、厳しくなった。そして昨年になって700万人を越えた。これから1千万人を目標に進んでいく。先週行われた日韓観光拡大シンポジウムでは、両国政府間で1千万人の目標を立てた。今後、1千万人の日韓間人的交流に向かって目標を明確にして努力をしていこうとしている。

それに対して、両国が努力すべき内容がある。それは旅行社が旅行商品の品質改善していくこと、そして航空会社が航空機の供給を増やすことが必要だ。旅行者が1ヵ所にだけ集中するのではなく、地方へも分散しなければならない。そのためにも、両国政府は航空路線をより拡充できるよう支援が必要であり、民間は路線が拡充された地域の旅行商品をより多様化させ、質を向上させて受け入れ態勢を充実させなければならない。

これは日韓両国の一方が努力してできることではない。今は、日韓の相互交流が不均衡だが、今後、日韓関係が正常化し、さらなる協力関係を構築していけば自動的に回復するだろう。日本側にお願いしたいことは、一つは航空会社の供給の増大だ。供給が増えれば旅行コストが低くなる。韓国で格安航空会社が増えたため、航空料が下がって旅行がしやすくなった。日本から韓国へもより安く来ることができるようになった。他国家に対する競争力を持つためには、もちろん、価格だけでなく、商品のコンテンツを旅行社が開発し、旅行者を地方に分散させることも日本側と共に努力をしていくことが必要だ。

最後に、日本の旅行者に対してお伝えしたいことがある。一つは、韓国の観光は安全だということだ。過去、日韓関係がギクシャクしている時でも日本人観光客に対して危害を加えるようなことはなかった。そのため、安心して韓国旅行に来て欲しい。もう一つは、韓国でも地方の観光コンテンツがたくさん開発されていて、インフラが整っているため、ソウルや釜山だけでなく、地方へ足を伸ばして地方にある新鮮なコンテンツに触れて欲しい。

地方観光に関して、韓国の旅行社と日本のアウトバウンド旅行社がお互いに協力して商品開発に努力を傾け、日韓相互観光客がさらなる交流ができることを望んでやまない。

Pocket

関連する記事はこちら

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

티웨이_대구구마모토

ティーウェイ航空、大邱‐熊本新規就航

 韓国国籍の格安航空会社であるティーウェイ航空が大邱‐熊本路線を11月下旬から新規就航する。大邱 ‐熊本路線は11月29日から週3回(火、木、土)運航し、詳細スケジュールは大邱を午後2時15分に出発して午後3時15分に熊本に到着し、熊本発の便は午後4時15分に出発して5時15分に…続きを読む

lotteworldtower

「韓国のランドマーク123階」 ロッテワールドタワー、グランドオープン

ランドマークホテル「シグニエルソウル」& 展望台「ソウルスカイ」もオープン  世界3位の高さであり、韓国最高の高さを誇るロッテワールドタワーが4月3日にオープンした。 1987年に事業用地選定後、30余年ぶりにソウルの空の上に新しいランドマークとしてそびえ立った。 ロッテグループ…続きを読む

法念院

仏教文化事業団、 東京・関西でテンプルステイを広報

 韓国仏教文化事業団は、2月7日から10日、東京・大阪・京都各地の観光・文化関係者や主要寺院を訪問、韓国仏教テーマツアーを広報した。 東京では、韓国観光公社東京支社、駐日韓国大使館韓国文化院、三進トラベル(旅行社)、クラブツーリズム(旅行社)、仏教タイムス(新聞社)を訪問した。特…続きを読む

신임_관광공사사장

韓国観光公社、安榮培・新社長就任「斬新なアイデアで、観光産業に新しい風起こしたい」

 韓国政府文化体育観光部が、空席だった韓国観光公社社長に安榮培(アン・ヨンベ)・前国政広報処次長を任命、公式業務に入った。新社長の任期は2021年5月16日までの3年間となる。 文化体育観光部は「新任の安榮培社長は、大統領秘書室国政広報秘書官、国政広報処次長を歴任し、政府レベルの…続きを読む

nothumbnail

扶余観光「4色シティツアー」運行

 世界文化遺産百済遺跡地区の中心都市である忠南扶余郡が4つのテーマの2017年度の新規シティツアーバス商品である「4色シティツアー」の正式運行に入った。 シティツアーは、文化観光解説士の深みのある解説と共にユネスコ世界遺産である百済歴史遺跡地区と扶余の観光名所を体験する4つのコー…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02