「ソウルドラゴンシティホテル」オープン

2017年10月31日

4つのホテルブランド、1700室の客室、韓国初のホテルプレックス

 

드래곤시티호텔B ソウルの新しいホテルランドマークとなるソウルドラゴンシティが10月1日に公式オープンした。ソウルドラゴンシティは国内最大規模である1700室を有することが最大の特徴で、地上40階規模で龍の形をモチーフにした三つのタワーにアコーホテルズ系列の四つのホテルが運営される。

ホテルのブランドは、アコーホテルズグループの高級ホテルブランドで韓国に初進出するグランドメルキュール(Grand Mercure/202室)とノボテルスイート(Novotel Suites/286室)に加え、プレミアム級ホテルであるノボテル(Novotel/621室)と大衆的なシティホテルタイプのイビススタイル(Ibis Styles/591室)の4つのホテルが共同で営業して韓国初のライフスタイルホテルプレックス(hotel-plex)を国内外の観光客に提供する予定だ。

ランドマーク級コンベンションインフラも注目に値する。約4900人まで収容可能なコンベンション施設を通して、セミナー、ビジネスミーティングだけでなく、さまざまな礼式や宴会、還暦祝いなどのイベント会場として活用可能な会議室17室、グランドボールルーム2室、プライベートダイニングルーム8室などを備え、韓国内の単一建物のホテルとしては最大のコンベンション規模を誇る。

特に、コンベンション施設の3階と5階に位置する多目的グランドボールルームは、ルームあたり1189㎡規模で各1972人まで収容可能。枠がないノーベゼル技術が適用された最新式の超大型LEDメディアウォールと最先端のオーディオビジュアル機器を完備した。

ソウルドラゴンシティが誇るエンターテイメント空間であるスカイキングダムには5つのF&B施設が備えられている。スカイキングダムはソウルドラゴンシティの三つのタワーのうち2つの上部をつなぐスカイブリッジで、31〜34階にある。キングスバケーション、クイーンズガーデン、ザ・リボンなどダイニングを兼ねたラウンジバーとパーティールームが備えられている。

ソウルドラゴンシティは、高級からエコノミーまで異なる四つのホテルが持つコンセプトと特長を積極的に活用し、自由と団体旅行、個人や家族旅行、短期および中長期宿泊まで、あらゆる種類の旅行者に幅広い選択肢を提供する予定だ。

ソウルドラゴンシティ側は「全95ヵ国に4000以上のホテルを保有している世界最大のホテルチェーンの一つであるアコーホテルズグループのノウハウとネットワークをもとに、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、中東まで世界市場を攻略する計画」と明らかにした。

一方、ソウルドラゴンシティは開場を記念して12月31日までの特別なプロモーションパッケージをリリースする。グランドメルキュールアンバサダーソウル龍山、ノボテルスイートアンバサダーソウル龍山、ノボテルアンバサダーソウル龍山は全ての顧客に15%の割引を提供する。イビススタイルアンバサダーソウル龍山は、最大30%の割引を提供する。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

에어서울_롯데연계프로모션

エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。 エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウ…続きを読む

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

신화월드_테마파크

済州の新名所、神話ワールド・ テーマパークが9月末から順次オープン

 済州島に位置する超大型複合リゾートの神話ワールドが9月末からテーマパークをはじめ、複合リゾート内エンターテイメント施設を続けてオープンし、本格的な営業を開始する。 まず、9月30日には、神話テーマパークがオープンする。アニメのキャラクター「ラバ」で有名な(株)トゥバエンとの提携…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

光化門旅行社代表

〈韓国インバウンド旅行社特集2〉光化門旅行社

DMとサイトを活用して種まき 光化門旅行社 ㈱光化門旅行社代表理事 李光錫(イ・グァンソク)  光化門旅行社は、1994年に設立し、22年間、日本と深い関係を維持しながら旅行業を営んできたインバウンド旅行社だ。かつては東京、大阪、福岡に事務所を置いていたが、通信手段の発達によって…続きを読む

歓待キャンペーン

平昌冬季オリンピックに備え親切なゲスト歓迎広告キャンペーン実施

韓国観光公社は2016‐2018韓国訪問の年と2018平昌冬季オリンピックに備えた汎国民おもてなし意識の向上と、江原地域住民の親切なゲスト歓迎の雰囲気拡散のために、年末から本格的な観光客のおもてなしキャンペーンを実施する。 「いつも笑顔の大韓民国‐2018平昌冬季オリンピック、あ…続きを読む

한국관광공사_지하철_앱북

「韓国の地下鉄旅行ガイド」リリース

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国を訪問する外国人の個人旅行をサポートするために、全国の電車・地下鉄路線と連携して駅周辺の観光地を紹介するモバイル向け「韓国の地下鉄旅行ガイド」を4ヵ国語(英語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語)で発行したと発表した。 「韓国の地下鉄旅行ガイド…続きを読む

KATA_회장s

〈インタビュー〉韓国旅行業協会会長・梁武承

日韓相互交流人口 1000万人に向けて 韓国旅行業協会会長・梁武承   昨年、日韓交流人口は700万人を突破した。その裏では両国政府のみならず、旅行業界の努力があったことは確かだ。そんな韓国旅行業の立役者の一人である韓国旅行業協会(KATA)の梁武承(ヤン・ムスン)会長…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02