「ソウル16ヵ所の観光地が1枚で」ディスカバーソウルパス発売

2016年09月21日

故宮・韓流体験館など有料観光地70%割引

ディスカバーソウルパス ソウル市とソウル観光マーケティング(株)が、ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地の入場も可能で、交通カードとしても使える外国人観光客向け1日観光パス「ディスカバーソウルパス(Discover Seoul Pass)」を発売した。

ディスカバーソウルパスは観光施設1日利用券で、最初に利用する観光施設の入場時刻から24時間利用できるパスで、韓国の公共交通機関利用のICカードであるT-money機能も備えた一石二鳥のパスだ。

販売価格は3万9,900ウォンで、パスを購入すれば、対象となる16ヵ所の観光施設を個別訪問した場合、合計した入場料の15万2,000ウォンより70%以上割引した金額で、24時間、16ヵ所の有料観光施設のうち、一部の設備だけ訪問してもパスを購入価格以上のメリットを享受できる。

パスで入場できる観光地16ヵ所は、△景福宮△昌徳宮△昌慶宮△徳寿宮△宗廟△西大門刑務所歴史館△サムスン美術館「リウム(Leeum)」△国立現代美術館ソウル館△ミュージアム・キムチ間△Nソウルタワー展望台△MBCワールド△K-Live東大門△トリック愛・ミュージアム△グレバンミュージアム△博物館は生きている△フィギュアミュージアムW。

入場施設は、グローバル観光レビューサイトである「トリップアドバイザー」のビッグデータを分析、外国人観光客の選好度が高い体験・観覧施設を中心に最終選定した。

それと共にソウル市は、代表的な観光地はもちろん、韓流体験観光地、美術館・博物館など様々な形でソウルの文化に出会える観光地を幅広く取り込み、観光客が個人の好みに応じて観光できるように選択の幅を広げた。

ディスカバーソウルパスの発売に合わせて、外国人観光客がパスの利用方法や入場可能な観光地の詳細情報も得ることができるよう、専用のスマートフォンアプリで「ディスカバーソウルパス」もリリースする。

このアプリは、16ヵ所の観光地の情報だけでなく、すでに訪問したところとこれから訪問できる場所を知らせる機能、パスが利用できる残り時間をカウントダウンしてくれる機能も備えている。5ヵ国語(韓国語、英語、日本語、中国語簡体、中国語繁体字)で製作し、アップストアから無料でダウンロードできる。

パスの購入は、仁川空港内に入店しているKEBハナ銀行支店とCUコンビニ、そして明洞観光案内所、シティツアーバスチケット売り場(光化門・DDP)などで可能だ。この他にも「ビジットソウル(VisitSeoul.net)」でオンラインで事前に購入した後、明洞観光情報センターで受領することもできる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

空港鉄道

空港鉄道、地下鉄搭乗券とセットで統合乗車券発売

乗車券一枚で直通列車、地下鉄すべて利用、4月1日発売    空港鉄道(AREX)は、ソウル駅‐仁川空港駅区間を運行する直通列車と首都圏電車の乗り換えが可能な統合乗車券を独自開発し、4月1日より発売を開始した。 統合乗車券は直通列車の運賃(ソウル駅‐仁川空港駅)に地下鉄の…続きを読む

korea grand sale 2017

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕 1月20日(金)から2月28日(火)まで歴代最大規模にてセール開催    (財)韓国訪問委員会(委員長 朴三求)は、今月1月20日(金)から2月28日(火)まで冬季外来観光客誘致と消費支出の増大にむけた外国人…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

今年の観光都市

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」 韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入  韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。 「今年の観光都市」は広…続きを読む

歓待キャンペーン

平昌冬季オリンピックに備え親切なゲスト歓迎広告キャンペーン実施

韓国観光公社は2016‐2018韓国訪問の年と2018平昌冬季オリンピックに備えた汎国民おもてなし意識の向上と、江原地域住民の親切なゲスト歓迎の雰囲気拡散のために、年末から本格的な観光客のおもてなしキャンペーンを実施する。 「いつも笑顔の大韓民国‐2018平昌冬季オリンピック、あ…続きを読む

Visitkorea

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン

韓国観光公式サイトがリニューアルオープン デザイン全面改編、個別観光客の利便機能拡充し、コンテンツをアップグレード  韓国観光公社が運営する韓国観光海外広報サイト(visitkorea.or.kr)の英語、日本語、中国語サイトがユーザー中心の便利なインターフェースと様々な便利な機…続きを読む

nothumbnail

BOYS AND MEN、江原道観光広報大使に

江原道は2月19日、平昌にある静江園(韓国の伝統料理文化体験館)にて日本の人気アイドルグループ「BOYS AND MEN」を江原道観光広報大使に委嘱した。今回の観光広報大使委嘱は2016年オリコン週間シングルチャートとビルボード・ジャパンホット100チャート1位を占めるなど、日本…続きを読む

韓国訪問の年

韓国訪問委員会、「2016〜2018韓国訪問の年」宣言

韓国訪問委員会、「2016〜2018韓国訪問の年」宣言 朴槿恵大統領など千人余りが参加、外国人観光客2千万人誘致目標 (財)韓国訪問委員会(委員長・朴三求)が11月6日、ソウル景福宮興礼門広場で「2016〜2018韓国訪問の年」宣布式行事を開催した。この日の行事には、朴槿恵大統領…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02