「ソウル16ヵ所の観光地が1枚で」ディスカバーソウルパス発売

2016年09月21日

故宮・韓流体験館など有料観光地70%割引

ディスカバーソウルパス ソウル市とソウル観光マーケティング(株)が、ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地の入場も可能で、交通カードとしても使える外国人観光客向け1日観光パス「ディスカバーソウルパス(Discover Seoul Pass)」を発売した。

ディスカバーソウルパスは観光施設1日利用券で、最初に利用する観光施設の入場時刻から24時間利用できるパスで、韓国の公共交通機関利用のICカードであるT-money機能も備えた一石二鳥のパスだ。

販売価格は3万9,900ウォンで、パスを購入すれば、対象となる16ヵ所の観光施設を個別訪問した場合、合計した入場料の15万2,000ウォンより70%以上割引した金額で、24時間、16ヵ所の有料観光施設のうち、一部の設備だけ訪問してもパスを購入価格以上のメリットを享受できる。

パスで入場できる観光地16ヵ所は、△景福宮△昌徳宮△昌慶宮△徳寿宮△宗廟△西大門刑務所歴史館△サムスン美術館「リウム(Leeum)」△国立現代美術館ソウル館△ミュージアム・キムチ間△Nソウルタワー展望台△MBCワールド△K-Live東大門△トリック愛・ミュージアム△グレバンミュージアム△博物館は生きている△フィギュアミュージアムW。

入場施設は、グローバル観光レビューサイトである「トリップアドバイザー」のビッグデータを分析、外国人観光客の選好度が高い体験・観覧施設を中心に最終選定した。

それと共にソウル市は、代表的な観光地はもちろん、韓流体験観光地、美術館・博物館など様々な形でソウルの文化に出会える観光地を幅広く取り込み、観光客が個人の好みに応じて観光できるように選択の幅を広げた。

ディスカバーソウルパスの発売に合わせて、外国人観光客がパスの利用方法や入場可能な観光地の詳細情報も得ることができるよう、専用のスマートフォンアプリで「ディスカバーソウルパス」もリリースする。

このアプリは、16ヵ所の観光地の情報だけでなく、すでに訪問したところとこれから訪問できる場所を知らせる機能、パスが利用できる残り時間をカウントダウンしてくれる機能も備えている。5ヵ国語(韓国語、英語、日本語、中国語簡体、中国語繁体字)で製作し、アップストアから無料でダウンロードできる。

パスの購入は、仁川空港内に入店しているKEBハナ銀行支店とCUコンビニ、そして明洞観光案内所、シティツアーバスチケット売り場(光化門・DDP)などで可能だ。この他にも「ビジットソウル(VisitSeoul.net)」でオンラインで事前に購入した後、明洞観光情報センターで受領することもできる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

0003634221_001_20220420134501379

「バスに乗って済州の夜の旅をしよう」…22日から「夜のバス」運行

済州島観光協会は4月20日、「済州シティツアー夜間バス(以下、ヤバムバス)」を22日から運行すると発表した。 2019年から始まったヤバムバスは昨年までは夏期間のみ運営されてきたが、今年は春、秋プログラムを追加し、一足早く運営を始めた。 春の夜行バスは22日から5月28日までで、…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

koreatourcard

交通の利便性と観光恵沢を盛り込んだコリアツアーカード人気

 (財)韓国訪問委員会(委員長・朴三求)が今年1月に発売したコリアツアーカードが発売2ヵ月で1万枚の販売を突破し、外国人観光客から大きな反響を得ている。 コリアツアーカードの販売チャンネル(航空会社、コンビニエンスストア、空港鉄道)ごとの統計によると、今年1月末にコリアツアーカー…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む

2020040801000554400031841_20200407102312927

韓国観光公社、夜に美しい「夜間観光100選」を発表

(画像)▲夜間観光100選に選定された釜山松島海上ケーブルカー – 新型コロナが終息以降、新規観光コンテンツプロジェクトとして重点広報 韓国観光公社(社長アン・ヨンベ)が観光客誘致確保と、滞留時間の増大を通じて地域宿泊まで誘導するステイ型観光コンテンツ「夜間観光」を積極的に推進し…続きを読む

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

안전디딤돌_앱

「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。 韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害の…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence