「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

2015年04月06日

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で
大邱都心を楽しもう

大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題

大邱タヨバス 大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博している「コマバス・タヨ」のバスのキャラクターがラッピングされたオープントップ2階建てバスを導入し、3月31日から運行を開始した。

改編した都心循環路線は当初、近代路地、キムグァンソク通りなど、都心に集中して運行していた路線を、寿城池、アプ山展望台などの外郭観光地まで拡大運行し、平和市場のタクトンチプ通り、パンコゲ・ムチムフェ通り、アンジラン・コプチャン通りなどの大邱を代表するグルメ通りを運行コースに加えて大邱の多彩な味と見所を提供する。

この他にも、現在配車間隔を90分から40分に大幅に短縮し、週末のみ運営していた文化観光解説士の解説サービスも平日まで拡大する。

運行スケジュールは午前9時30分から午後6時40分まで一日に12回運行し、大人5千ウォン、中高生4千ウォン、子供・敬老・障碍者3千ウォンの1日乗車券を購入すれば一日中自由に乗り降りできる。

また、今回の改編に際し、イーワールド、アプ山ロープウェイ、寿城ランド、グルメ通り、ゲストハウスなど、民間事業体(14ヵ所)と協力体系を構築して日帰りシティーツアー(都心循環路線に限る)乗車券を提示すれば提携業者別の割引および無料贈呈などの恵沢を受けることができ、シティーツアー乗車券1枚あればお得な大邱旅行を楽しむことができる。

外国人個人旅行客のための政策として、当初、ホテル宿泊券を所持する外国人のみに提供されてきた登場料金割引サービスも、今回のシティーバス改編に際し、ゲストハウスおよび韓屋宿泊施設の利用客まで拡大して適用すると、大邱広域市側は明らかにした。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

Image19

世界40カ国が参加、「2020平昌平和フォーラム」閉幕

  – 韓国戦争終戦宣言と南北共同観光区域開発など、平和実践決議案採択 グローバル平和プラットフォームである2020平昌(ピョンチャン)平和フォーラムが韓国戦争終戦宣言と平和条約締結、東海線とユーラシア鉄道の接続対策など7つの議題を盛り込んだ2020平昌平和…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

2

高麗人参・山養参とは

韓国の歴史ドラマを見ると、病気の親を助けるために奥深い山中を何日間もさまよい、必死で薬草を探すシーンが出てきます。 多くの草木の中から、赤い実をつけた枝と5つの葉っぱを見つけると「参をみた!(サムバッタ)」と感動しながら、掘り出すのが自然産の人参です。これは特別な効能があるとされ…続きを読む

今年の-光都市

2019年の観光都市「康津郡・安山市・蔚山市中区へようこそ」

 韓国政府文化体育観光部を通して2019年度の「今年の観光都市」に選ばれた康津(カンジン)郡・安山(アンサン)市・蔚山(ウルサン)市中区の3ヵ自治体が本格的な国内外の観光客の歓迎に入る。 全羅南道康津郡は駕牛島(カウド)、美港・馬良(マリャン)港などの海洋観光と朝鮮時代の丁若鏞(…続きを読む

麗水「ロマンチックバスキングツアーバス」

麗水「ロマンチックバスキングツアーバス」出発

 文化体育観光部の2017年度の地方自治体を対象とした「シティツアー」育成支援事業に、全羅南道麗水(ヨス)市の「ロマンチックバスキングツアーバス」事業が選定された。 今回選ばれた「ロマンチックバスキングツアーバス」は、麗水市が既存のシティツアーに新たに導入して推進している事業で、…続きを読む

0003634221_001_20220420134501379

「バスに乗って済州の夜の旅をしよう」…22日から「夜のバス」運行

済州島観光協会は4月20日、「済州シティツアー夜間バス(以下、ヤバムバス)」を22日から運行すると発表した。 2019年から始まったヤバムバスは昨年までは夏期間のみ運営されてきたが、今年は春、秋プログラムを追加し、一足早く運営を始めた。 春の夜行バスは22日から5月28日までで、…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence