「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

2015年04月06日

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で
大邱都心を楽しもう

大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題

大邱タヨバス 大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博している「コマバス・タヨ」のバスのキャラクターがラッピングされたオープントップ2階建てバスを導入し、3月31日から運行を開始した。

改編した都心循環路線は当初、近代路地、キムグァンソク通りなど、都心に集中して運行していた路線を、寿城池、アプ山展望台などの外郭観光地まで拡大運行し、平和市場のタクトンチプ通り、パンコゲ・ムチムフェ通り、アンジラン・コプチャン通りなどの大邱を代表するグルメ通りを運行コースに加えて大邱の多彩な味と見所を提供する。

この他にも、現在配車間隔を90分から40分に大幅に短縮し、週末のみ運営していた文化観光解説士の解説サービスも平日まで拡大する。

運行スケジュールは午前9時30分から午後6時40分まで一日に12回運行し、大人5千ウォン、中高生4千ウォン、子供・敬老・障碍者3千ウォンの1日乗車券を購入すれば一日中自由に乗り降りできる。

また、今回の改編に際し、イーワールド、アプ山ロープウェイ、寿城ランド、グルメ通り、ゲストハウスなど、民間事業体(14ヵ所)と協力体系を構築して日帰りシティーツアー(都心循環路線に限る)乗車券を提示すれば提携業者別の割引および無料贈呈などの恵沢を受けることができ、シティーツアー乗車券1枚あればお得な大邱旅行を楽しむことができる。

外国人個人旅行客のための政策として、当初、ホテル宿泊券を所持する外国人のみに提供されてきた登場料金割引サービスも、今回のシティーバス改編に際し、ゲストハウスおよび韓屋宿泊施設の利用客まで拡大して適用すると、大邱広域市側は明らかにした。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

Print

2018 江原道 PyeongChang Olympic Winter Games

  オリンピックまで あと1年となりました オリンピック(Olympic) 2018.2.9 – 2.25 (17days) パラリンピック (Paralympic) 2018.3.9 – 3.18 (10days) 実際に行われるオリンピック施…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

ロッテワールドタワー

韓国最高ロッテワールドタワー、4月3日オープン確定

  韓国の新しいランドマークとして位置づけられるロッテワールドタワーが使用承認などの手続きを終えて、ロッテグループ創立50周年を迎える4月3日に正式オープンする。全体の延べ床面積は80万5872㎡とサッカー競技場(横105m×縦68m)115個分の大きさで、タワー123…続きを読む

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。 「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。 入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。 青瓦台セ…続きを読む

2터미널_한국전통문화센터

仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。 韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西…続きを読む

歓待キャンペーン

平昌冬季オリンピックに備え親切なゲスト歓迎広告キャンペーン実施

韓国観光公社は2016‐2018韓国訪問の年と2018平昌冬季オリンピックに備えた汎国民おもてなし意識の向上と、江原地域住民の親切なゲスト歓迎の雰囲気拡散のために、年末から本格的な観光客のおもてなしキャンペーンを実施する。 「いつも笑顔の大韓民国‐2018平昌冬季オリンピック、あ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02