「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

2017年05月17日

전북순환관광 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ。

これを利用すれば、市・郡の観光名所のコース別のテーマ観光商品はもちろん、生態資源と世界遺産、農村体験など多様な見どころと体験活動を便利に楽しむことができる。各コースには、専任の解説士が同行して詳しく案内する。

循環観光バスは、都内循環型17コース(基本形8コース、生態・お祭り観光9コース)をはじめ、週末と平日にも運行するソウル(首都圏)・釜山(慶尚圏)広域型20コース(日帰り、1泊2日各10コース)、KTXなど列車連携型50コース(日帰り33コース、1泊2日17コース)で構成されている。

特に全羅北道は今年「全北観光の年」を迎え、広域型・鉄道連携型コースを大幅に増やし、西海の古群山群島と伝統文化体験地、映画・ドラマのロケ地などを含め、昨年よりそれぞれ5倍、2倍以上拡大した。

全北循環観光バスの利用料は、日帰りが1万ウォン、ソウル・釜山の場合、日帰り3万ウォン、1泊2日9万7千ウォン。バスに加えて鉄道コースをセットにした鉄道連携型はコースによって、6万2千ウォンから16万5千ウォンまで多様だ。利用方法は、インターネットのホームページ(jbtour.or.kr)か電話で予約する。

全羅北道の関係者は、「今年の循環観光バスは、新しいコースを大幅に増やし、体験型観光など、差別化された運営で選択の幅を広げた」とし「カード1枚で安価で簡単に観光できる全北ツアーパスと連携して3500万人観光客時代を開いていきたい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

jal

日本航空‐大韓航空、特典航空券の相互交換を開始

 日本と韓国で最大の航空会社である日本航空と大韓航空が12月1日を期して、日韓路線においてマイレージプログラム提携を開始した。今回の提携により、両社のマイレージ会員は特典航空券の相互搭乗が可能となり、マイレージの使用と特典航空券の利便性が拡大する。 特典航空券の相互交換によって、…続きを読む

광명역_트래블센터

KTX光明駅都心空港ターミナル「トラベルセンター」オープン

 KTX光明駅都心空港ターミナルに、国内外の旅行者のためのプレミアムトラベルセンターがオープンし、公式サービスを開始した。KTX光明駅地下1階にオープンしたトラベルセンターは、総合コンシェルジュサービス専門企業である「プレミアムパス・インターナショナル」が運営し、携帯電話のローミ…続きを読む

20190918_121231

秋に行けばより美しい旅行先は? 「ウリ旅行GOGOフェスティバル」で探してみよう!

9月18~19日の2日間、ソウル広場にはたくさんのテントが広い敷地内に設置されていた。ソウル市が旅行活性化を促すことを目的に全国の地方自治体と国内旅行社を集めて「2019ウリ旅行GOGOフェスティバル」を開催したからだ。 各地域の自慢の観光地や、おいしいグルメ、そして韓半島の平和…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

부산광역투어패스

釜山・蔚山・慶南を一度に楽しむ「釜山広域ツアーパス」試験販売

 モバイルチケット一枚で釜山・蔚山・慶南の12ヵ所の観光地をお得に利用できる「釜山広域ツアーパス」が年末まで試験発売、運営される。 パス券の使用が可能な観光地は釜山5ヵ所(釜山シティツアーバス・釜山タワー・レッツランパーク釜山慶南イルミア・釜山映画体験博物館・トリックアイミュージ…続きを読む

코리아그랜드세일2019

外国人対象「コリアグランドセール」来年1月17日に開催決定

2月28日まで開催、航空・宿泊などの観光プロモーション実施  (財)韓国訪問委員会は、来年1月17日から2月28日まで「2019コリアグランドセール(Korea Grand Sale)」を開催すると発表した。コリアグランドセールは、ショッピング、観光、韓流など韓国の魅力的なコンテ…続きを読む

에어서울_다카마쓰요나고_증편

エアソウル、高松・米子路線増便へ

 エアソウルが今年10月28日から高松路線を週5回から7回、米子路線を週5回から6回に増便する。今回の増便により、高松路線は開設26年ぶりに日本の地方路線のうちでは初めての1日1便、毎日運航となった。 仁川‐高松路線はアシアナ航空が1992から運航しており、2016年から新たに発…続きを読む

공항철도_홍보대사

空港鉄道広報大使にファン・チヨル

 仁川空港とソウルを最短43分で接続するコレール空港鉄道(AREX)がアジアを中心に人気の高い歌手ファン・チヨルを広報大使に委嘱した。 広報大使に委嘱された歌手ファン・チヨルは空港鉄道広報大使として広報映像制作や各種空港鉄道広報媒体にモデルとして参加する。また、空港鉄道と共に各種…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02