「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

2017年05月17日

전북순환관광 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ。

これを利用すれば、市・郡の観光名所のコース別のテーマ観光商品はもちろん、生態資源と世界遺産、農村体験など多様な見どころと体験活動を便利に楽しむことができる。各コースには、専任の解説士が同行して詳しく案内する。

循環観光バスは、都内循環型17コース(基本形8コース、生態・お祭り観光9コース)をはじめ、週末と平日にも運行するソウル(首都圏)・釜山(慶尚圏)広域型20コース(日帰り、1泊2日各10コース)、KTXなど列車連携型50コース(日帰り33コース、1泊2日17コース)で構成されている。

特に全羅北道は今年「全北観光の年」を迎え、広域型・鉄道連携型コースを大幅に増やし、西海の古群山群島と伝統文化体験地、映画・ドラマのロケ地などを含め、昨年よりそれぞれ5倍、2倍以上拡大した。

全北循環観光バスの利用料は、日帰りが1万ウォン、ソウル・釜山の場合、日帰り3万ウォン、1泊2日9万7千ウォン。バスに加えて鉄道コースをセットにした鉄道連携型はコースによって、6万2千ウォンから16万5千ウォンまで多様だ。利用方法は、インターネットのホームページ(jbtour.or.kr)か電話で予約する。

全羅北道の関係者は、「今年の循環観光バスは、新しいコースを大幅に増やし、体験型観光など、差別化された運営で選択の幅を広げた」とし「カード1枚で安価で簡単に観光できる全北ツアーパスと連携して3500万人観光客時代を開いていきたい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

에듀팜_관광특구

忠清北道初の観光特別地区、曽坪エデュファーム、オープン

ゴルフ場、リュージュトラック、水上レジャー施設オープン、 コンドミニアムは下半期開場  忠清北道曽坪郡(チュンピョングン)所在エデュファーム観光特別地区内に公共ゴルフ場などの娯楽施設が14日オープンして、公式の営業に入った。 運営会社である韓国農漁村公社と㈱ブラックストーン・エデ…続きを読む

롯데면세점_월드터워_확장오픈

「ロッテ免税店ワールドタワー」韓国最大規模で誕生

 ロッテ免税店がソウル蚕室ワールドタワー店を大々的に拡充、オープンしてグローバル1位の免税店としての跳躍に乗り出した。ロッテ免税店は、面積を拡大した蚕室ロッテワールドタワー内のタワー棟とアベニュエルド棟など蚕室ワールドタワー店全体の店舗を6月30日にグランドオープンし、営業に入っ…続きを読む

청주시티투어

「清州旅行がワンストップで便利に」2019清州シティツアー運行

 清州市が今月から11月17日まで、清州市の主要な観光地を結ぶ2019清州シティツアーを運営する。 2019年度清州シティツアーは、季節別の特性を活かして、春・秋の旅行2コース、夏の旅行2コースで定期ツアーを構成し、各コース別の特色を生かして、「見てみる(名所テーマ)」、「知って…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

nothumbnail

「片道5万ウォン」仁川空港発定額型タクシー検討中

韓国政府が輸送事業法の改正を通じて、メーターに出た料金に依存せず、運行区間と時間に応じて定額料金で利用できるタクシーの運行を検討中だ。 改正された輸送事業法に基づいて、これまでメーターの基準でのみ運営することができたタクシーの運行を、特定区間と時間定額運賃による運営が可能となり、…続きを読む

KTX_便宜改善

「KTXで手軽にデジタル機器の充電を」

 韓国鉄道公社(コレール)が現在運行中のKTXの全客席にコンセント設置作業を終えたと明らかにした。コンセントはコレールが保有するKTX車両の1020両全てに充電用電源コンセント1口とUSBポート2口を一つにした「混合型コンセント」を設置した。 KTX-1車両には、客室壁の窓と窓の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02