「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

2017年10月31日

안전디딤돌_앱 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。

韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害のリアルタイム通知をはじめ、GPS衛星情報を活用して、周辺の救急医療センターや病院、薬局などの地図検索が可能なのが特徴だ。

特に12月からは、多言語のメールサービスを通じて韓国政府が韓国国民を対象に発送する緊急災害メールをアプリを通して、外国語で受けることができる。緊急災害メールは、夏の猛暑警報から地震発生情報、微小粒子状物質警報、国家非常事態の際に迅速に事態の状況を伝えるサービスで、増加する外国人観光客にも韓国国民と同じレベルの安全性に関する情報を提供して、2018年の平昌冬季オリンピックを控え、外国人観光客に「安全韓国」のイメージを知らせるために、韓国政府がサービスの改善を進めてきた。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む

논산_선샤인랜드

論山「サンシャインランド」が人気

 イ・ビョンホンとキム・テリ主演のドラマ話題作「ミスターサンシャイン」のロケ地である「論山サンシャインランド」が韓流観光の新名所として人気を集めている。ドラマ「ミスターサンシャイン」は「トッケビ」、「太陽の末裔」をつくったキム・ウンスク作家の作品で、1871年江華島韓米戦争当時、…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

영천시_K트레블버스

永川市、外国人観光客対象「Kトラベルバス」3月から運行

 慶尚北道永川市が2019年に「外国人観光客誘致元年の年」と定め、外国人観光客誘致のためのKトラベルバスを本格的に運行する。 Kトラベルバスは、ソウル市が2017年から全国の地方自治団体との相互交流協力のために、外国人観光客を対象に運行する地方都市の有料バス自由旅行商品。今年3月…続きを読む

0002088295_001_20190418095500855

韓・中・日の国際eスポーツオムニポテント発足、第1回大会10月22日、ソウルで開催

IEOC(International e-Sports Omnipotent Committee)が主催し、IEOC Korea、IEOC Japan、IEOC Chinaが共同主管する「第1回国際eスポーツオムニポテント大会組織委員会」の発足式が4月18日、ソウル新羅ホテルで開…続きを読む

2019_한국관광의별(A)

2019韓国観光の星、楽安邑城・光のバンカー・EXO等が選ばれる

文化体育観光部と韓国観光公社が韓国を輝かせた競争力のある観光資源を選定・受賞する「韓国観光のの星」授賞式2019年度行事が昨年12月10日、ソウル新羅ホテルで開催され、楽安邑城(ナグァンウプソン)など計7つの観光資源が栄光に選ばれた。 授賞式は、本賞と特別賞に分かれ、本賞には△楽…続きを読む

コリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏

江原道、コリアン・フード・コラムニスト八田靖史氏を招待し、江原道グルメ紹介

江原道の8ヵ都市を探訪、代表グルメをSNS・ユーチューブで発信 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック開催都市として名を知らしめた韓国を代表する観光都市・江原道が日本人観光客に対する江原道観光広報のためにコリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏を招待し、7月…続きを読む

신규거점항공사_선정(에어로케이)

襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。 今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02