「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

2017年10月31日

안전디딤돌_앱 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。

韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害のリアルタイム通知をはじめ、GPS衛星情報を活用して、周辺の救急医療センターや病院、薬局などの地図検索が可能なのが特徴だ。

特に12月からは、多言語のメールサービスを通じて韓国政府が韓国国民を対象に発送する緊急災害メールをアプリを通して、外国語で受けることができる。緊急災害メールは、夏の猛暑警報から地震発生情報、微小粒子状物質警報、国家非常事態の際に迅速に事態の状況を伝えるサービスで、増加する外国人観光客にも韓国国民と同じレベルの安全性に関する情報を提供して、2018年の平昌冬季オリンピックを控え、外国人観光客に「安全韓国」のイメージを知らせるために、韓国政府がサービスの改善を進めてきた。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

청주시티투어

「清州旅行がワンストップで便利に」2019清州シティツアー運行

 清州市が今月から11月17日まで、清州市の主要な観光地を結ぶ2019清州シティツアーを運営する。 2019年度清州シティツアーは、季節別の特性を活かして、春・秋の旅行2コース、夏の旅行2コースで定期ツアーを構成し、各コース別の特色を生かして、「見てみる(名所テーマ)」、「知って…続きを読む

방탄소년단_서울시홍보

ソウル市、名誉観光広報大使「防弾少年団」マーケティング始動

防弾少年団ラッピング・ソウルシティツアーバスなど運行  ソウル市が2019年度の国内外の観光客の誘致拡大を目的として、ソウル市の名誉観光広報大使である防弾少年団(BTS)と共に共同マーケティングを大々的に展開する。 まず、ソウル市を訪れる外国人観光客に人気の高いソウルシティツアー…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

ソウル市タルンイ

ソウル市自転車「タルンイ」、「外国人観光客もすぐご利用ください」

 ソウル市が運営している公共自転車「タルンイ」の利用がこれまで韓国国籍者の会員制から外国人観光客を含む非会員制に拡大された。 今回の利用条件の簡素化により、これまで利用が不可能だった外国人観光客も、本人認証や会員登録などの複雑な手続きなく、オンライン決済(携帯電話小額決済、カード…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02