「旌善フォーラム2020」、8月20日から3日間、江原道旌善で開幕

2020年08月10日

-UN、NGO、政府など多数の専門家が参加、自然と社会、経済の連携を考察

持続可能な地球と、バランスの取れた人類の未来を議論するため、全世界の専門家たちが一堂に集まる「チョンソン(旌善) フォーラム2020」が今月20日から22日までの3日間、カンウォンド(江原道)旌善郡ハイワングランドホテルコンベンションタワーで開催される。

今年で3回目を迎える「旌善フォーラム2020」は、江原道と(社)江原国際会議センターが主催する大規模なグローバルフォーラムで、地球環境と人に対する研究を通じて、今後進むべき方向の模索を行うとともに、持続が可能な発展のための国際・地域社会の多角的な実践方案について、グローバル専門家と大衆がコミュニケーションを通じて共感していく、参加しやすい知識フォーラムとして位置付けられている。

今回の行事を主導する江原道と江原国際会議センターでは、UN 2030の議題である持続可能な開発の目標を達成が可能な実践方案論議のために、環境と経済、企業、社会との間の連携と重要性を浮き彫りにし、真のグリーンニューディールの実現が可能な手がかりとなるプログラムを用意した。

「緑の地球、一つになった私たち」というスローガンのもと、「持続可能な地球とバランスの取れた人類の生活」というテーマで進行される「旌善フォーラム2020」は、気候の変動と生態系の破壊、そして地球を襲った新型コロナウイルス感染症による共同体意識の消失など、人類の前におかれた共同の宿題を解決していくために、全体、地球、人類、江原、企業でセッションを分けて、様々な議論が行われる予定だ。

政府、UN関係者、NGO団体、企業などが参加することで、理論にとどまらず、社会と経済と人類の実践につながる江原道の緑色革新希望「グリーン・イノベーション」を目指し、意識啓発を通じて、世界の市民意識の涵養にも大きく寄与するものと期待している。

「旌善フォーラム2020」は、今年からピョンチャン(平昌)、カンヌン(江陵)に加え、オリンピック開催都市の均衡発展と持続可能な発展を図るため開催地を旌善郡へ変更した。

江原道側は「地球環境破壊と、石炭産業の象徴だった廃鉱地域である旌善地域に、グリーンニューディールという国家的・地域的価値を込め、地球人類の共生と繁栄の意味と真正性をより持たせたいという思いから、開催地に決定した」と付け加えた。

開幕式は8月20日の午後1時30分からで、フォーラムの開始を知らせる基調講演にアン・ビョンオク国家気候環境会議運営委員長、キム・サンヒョプ ウリドゥレミレ(私たちの未来)理事長が「新気候システムとグリーンニューディール」というテーマで発表し、講演では、<定義とは何か>の著者として有名なマイケル・サンデル ハーバード大学政治哲学教授が講演者として登場し、持続が可能な発展について、オンラインでの講演を行う。

旌善フォーラム2020の詳細な内容とプログラムは公式ホームページ(https://www.g9forum.kr/)を通じて確認が可能だ。

Pocket

関連する記事はこちら

대한항공_엠버서더(슈퍼M)

大韓航空、「スーパーエム」グローバルアンバサダー委嘱

大韓航空が韓国を代表する韓流の先頭走者と手を結び、より高く飛び立つ。 大韓航空は11月6日(水)、ソウル江西区空港洞所在の大韓航空本社にて、SMエンターテイメント所属アーティストのスーパーエム(SuperM)をグローバルアンバサダー(Global Ambassador)に任命した…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

ITX-새마을

コレール、ITXでWi-Fi無料サービス

 これからはITX‐セマウルとITX‐青春でも列車利用中の無線インターネット(Wi‐Fi)が利用できるようになる。コレールは7月1日(土)から列車利用客の変化した生活パターンに合わせてITX‐セマウルとITX‐青春では、無線インターネットサービスを新たに実施すると発表した。 客室…続きを読む

신규거점항공사_선정(에어로케이)

襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。 今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

고토치셔틀_2020

「2020ご当地シャトル」で地方小都市旅行に出発!

文化体育観光部と韓国観光公社が実施する日本の個人旅行者向けツアープログラム「KOREAご当地シャトル」の2020年度新規コース5ヵ所が発表され、今年の春シーズンから正式運用に入る。 「2020ご当地シャトル」コースは、仁川広域市の江華(カンファ)郡、江原道の高城(コソン)‐束草(…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02