「旌善フォーラム2020」、8月20日から3日間、江原道旌善で開幕

2020年08月10日

-UN、NGO、政府など多数の専門家が参加、自然と社会、経済の連携を考察

持続可能な地球と、バランスの取れた人類の未来を議論するため、全世界の専門家たちが一堂に集まる「チョンソン(旌善) フォーラム2020」が今月20日から22日までの3日間、カンウォンド(江原道)旌善郡ハイワングランドホテルコンベンションタワーで開催される。

今年で3回目を迎える「旌善フォーラム2020」は、江原道と(社)江原国際会議センターが主催する大規模なグローバルフォーラムで、地球環境と人に対する研究を通じて、今後進むべき方向の模索を行うとともに、持続が可能な発展のための国際・地域社会の多角的な実践方案について、グローバル専門家と大衆がコミュニケーションを通じて共感していく、参加しやすい知識フォーラムとして位置付けられている。

今回の行事を主導する江原道と江原国際会議センターでは、UN 2030の議題である持続可能な開発の目標を達成が可能な実践方案論議のために、環境と経済、企業、社会との間の連携と重要性を浮き彫りにし、真のグリーンニューディールの実現が可能な手がかりとなるプログラムを用意した。

「緑の地球、一つになった私たち」というスローガンのもと、「持続可能な地球とバランスの取れた人類の生活」というテーマで進行される「旌善フォーラム2020」は、気候の変動と生態系の破壊、そして地球を襲った新型コロナウイルス感染症による共同体意識の消失など、人類の前におかれた共同の宿題を解決していくために、全体、地球、人類、江原、企業でセッションを分けて、様々な議論が行われる予定だ。

政府、UN関係者、NGO団体、企業などが参加することで、理論にとどまらず、社会と経済と人類の実践につながる江原道の緑色革新希望「グリーン・イノベーション」を目指し、意識啓発を通じて、世界の市民意識の涵養にも大きく寄与するものと期待している。

「旌善フォーラム2020」は、今年からピョンチャン(平昌)、カンヌン(江陵)に加え、オリンピック開催都市の均衡発展と持続可能な発展を図るため開催地を旌善郡へ変更した。

江原道側は「地球環境破壊と、石炭産業の象徴だった廃鉱地域である旌善地域に、グリーンニューディールという国家的・地域的価値を込め、地球人類の共生と繁栄の意味と真正性をより持たせたいという思いから、開催地に決定した」と付け加えた。

開幕式は8月20日の午後1時30分からで、フォーラムの開始を知らせる基調講演にアン・ビョンオク国家気候環境会議運営委員長、キム・サンヒョプ ウリドゥレミレ(私たちの未来)理事長が「新気候システムとグリーンニューディール」というテーマで発表し、講演では、<定義とは何か>の著者として有名なマイケル・サンデル ハーバード大学政治哲学教授が講演者として登場し、持続が可能な発展について、オンラインでの講演を行う。

旌善フォーラム2020の詳細な内容とプログラムは公式ホームページ(https://www.g9forum.kr/)を通じて確認が可能だ。

Pocket

関連する記事はこちら

2

ソウルパスでより手軽に韓国を旅行してみよう

韓国を訪問する外国人自由旅行客に様々なチケット、ツアー、アクティビティなど単品旅行商品を中継するOTAプラットフォーム「ソウルパス」を運営しているトラボールリューションが、インバウンド旅行サービスとしては初めてギフトカードを発売した。 「ソウルパス旅行ギフトカード」は1万ウォンと…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

nothumbnail

「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売

日本人観光客シャトルバスで全州へ 日本人の個人旅行者対象「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売  韓国観光公社と全州市が共同で、11月9日までの毎週金・土・日曜日にソウル‐全州を往復する有料シャトルバス商品を運行する。   全州シャトルバスは、ソウルに集中している日本人観…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

한국관광기념품

大韓民国観光記念品大賞に「景福宮丹青鉛筆」

 「第21回大韓民国観光記念品公募展」大賞(大統領賞)に「景福宮丹青鉛筆」が選ばれた。大賞作は韓国の伝統建築の丹青の美しさと木材の質感が反映されて装飾性と実用性に優れているという評価を受けた。金賞(国務総理賞)はハングルに対する外国人の関心の高さを反映して、ハングルを簡単に学ぶこ…続きを読む

안전디딤돌_앱

「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。 韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害の…続きを読む

고토치셔틀_2020

「2020ご当地シャトル」で地方小都市旅行に出発!

文化体育観光部と韓国観光公社が実施する日本の個人旅行者向けツアープログラム「KOREAご当地シャトル」の2020年度新規コース5ヵ所が発表され、今年の春シーズンから正式運用に入る。 「2020ご当地シャトル」コースは、仁川広域市の江華(カンファ)郡、江原道の高城(コソン)‐束草(…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence