「旌善フォーラム2020」が成功的に閉幕

2020年08月26日

aaaaaaImage7

– 持続可能な人類の未来の模索、徹底した防疫措置にも注目が集まる

今月8月20日から22日まで、江原道と(社)江原国際会議センターが主催した国際フォーラム「旌善フォーラム2020(JeongSeon Forum 2020)」が徹底された防疫対策の中、3日間の開催を無事終え、盛況のうちに閉幕した。

平昌冬季オリンピック・パラリンピックの開催2周年を記念して、今年で3回目を迎えた「旌善フォーラム2020」は、平昌冬季オリンピックの遺産である平和と調和というオリンピック精神を継承するため、「緑の地球、一つになった私たち」というスローガンの元、「持続可能な地球とバランスの取れた人類の生活」というテーマにて、セッション全体のトークコンサート、講演など様々なプログラムが行われた。

特にマイケル・サンデル、ジェラードダイヤモンド、イ・グクジョン教授などの有名人が大勢参加して話題を集めた今回のフォーラムでは、全世界の専門家をはじめ、世界の市民たちがオンラインで参加するなど、盛況を成した。

開幕初日、招待講演者として舞台に上がったサンデル教授は、「共存の道、私たちが選択しなければなら価値」というテーマで、持続可能な発展のための産業開発と環境保全などを力説し、深みのある話題を投げかけた。二日目には新型コロナの状況を反映して、ダイヤモンド教授が「人類と自然の調和」というテーマでオンライン問題の提起に対して、全世界の専門家をはじめ、世界の市民たちがオンラインで参加したという点も高く評価された。

企業誘致のための広報展示ブースも運営され、参加企業たちはさまざまな社会貢献活動を実践し、新型コロナによる雇用市場の不安定を解消するために多角的な方案と事例を共有し、持続可能な経営をしていくことで合意した。

社会的距離確保2段階の施行前に開催された「旌善フォーラム2020」は、新型コロナ感染予防などの安全なイベント開催のために、韓国政府の中央災難安全対策本部が提示した「生活の中の距離確保」の詳細な手順などを忠実に履行したと発表した。

特に全国で初めてITを活用し、防疫構築網であるクリーン江原パスポートを通過した入場者のみの出入りを許可するなど、新型コロナ予防のレベルを高めたと評価された。また、ソウル・京畿など首都圏居住者の参加を制限、会場密集を最小化した。

今回のフォーラムには、カン・グムシル江原文化財団理事長、チェ・ヨル環境財団理事長、カン・テソン株式会社BYNブラックヤーク会長の3人が共同組織委員長を務めた。
チェ・ムンスン江原道知事は24日、「新型コロナの厳重な状況にも全世界の専門家たちが一堂に集まり、地球と人類の進むべき方向性を議論する重要な機会となった」とし、「旌善フォーラムは、グローバル交流の場として、グリーンニューディールを実現する中心となるようにしていきたい」と述べた。

aaaaaaaImage6

▲署名式に出席する旌善郡守チェ・スンジュン、江原道議会議長クァク・ドヨウン、カン・グムシル組織委員長、チェ・ヨル組織委員長、カン・テソン組織委員長、チェ・ムンスン江原道知事(左から)

aaaaaaaImage5

▲旌善フォーラム2020の閉幕式で成果報告を発表するチェ・ヨル組織委員長。

Pocket

関連する記事はこちら

Image19

世界40カ国が参加、「2020平昌平和フォーラム」閉幕

  – 韓国戦争終戦宣言と南北共同観光区域開発など、平和実践決議案採択 グローバル平和プラットフォームである2020平昌(ピョンチャン)平和フォーラムが韓国戦争終戦宣言と平和条約締結、東海線とユーラシア鉄道の接続対策など7つの議題を盛り込んだ2020平昌平和…続きを読む

대한민국관광사진공모전

第47回大韓民国観光写真コンテスト開催

 文化体育観光部と韓国観光公社は、国内外の旅行者の心を捕らえる観光写真発掘のために「第47回大韓民国観光写真コンテスト」を開催する。 1973年から始まった大韓民国観光写真コンテストは、長い歴史を誇る国内観光写真の代表コンペで、半世紀にわたって優れた観光写真を発掘、韓国の美しい風…続きを読む

27452_34652_135

「光のバンカー:ゴッホ」展来年2月まで延長

「没入型メディアアート」として注目を集めている「光のバンカー:ゴッホ」展(以下ゴッホ展)の展示が来年2月28日まで延長されることとなった。 このゴッホ展はヴィンセント・ヴァン・ゴッホの代表作品を再解釈して展示したもので、フランスで芸術展示を手掛ける企業カルチャーズフェイスが開発し…続きを読む

서브02_함양휴양밸리(모노레일)

ヒーリング旅行の目的地、咸陽大鳳山休養バレー

慶尚南道(キョンサンナムド)に位置する咸陽(ハミャン)郡は全体面積のうち78%が山からなっている。そんな地形を生かし、山で楽しむヒーリング旅行先として注目されているのが、咸陽大鳳山休養バレーだ。 大鳳山(テボンサン)の地形を生かし、大自然の中で楽しむ宿泊施設やキャンプ場、そして健…続きを読む

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

光化門旅行社代表

〈韓国インバウンド旅行社特集2〉光化門旅行社

DMとサイトを活用して種まき 光化門旅行社 ㈱光化門旅行社代表理事 李光錫(イ・グァンソク)  光化門旅行社は、1994年に設立し、22年間、日本と深い関係を維持しながら旅行業を営んできたインバウンド旅行社だ。かつては東京、大阪、福岡に事務所を置いていたが、通信手段の発達によって…続きを読む




韓国の天気予報韓国のレート
コリアトラベル定期購買

ソウル 路線図
釜山 路線図
テグ 路線図

遯巖書院

鶏龍世界軍文化エキスポ
慶南固城恐竜世界エキスポ
金泉直指寺


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence