「観光客500万人誘致」、大田訪問の年宣布式開催

2018年12月17日

大田ナイトマーケット、K‐POPコンサートなど楽しみ満載

대전방문의해_선포식 韓国中部圏に位置する教育と科学の都市・大田広域市が12月10日、ソウル光化門広場一帯とフォーシーズンズホテルにて2019大田訪問の年の成功的な開催のための宣布式を開催した。

「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年と広域市昇格30周年を迎えて行なわれる行事で、大田市はこの日、光化門広場で大田訪問の年をサポートする市民サポーターズ発足式を行い、光化門を通る市民に大田訪問の年を広報した。このために、市は光化門北側広場に広報ブースと大型エア造形物を設置し、市民に広報物や記念品を配布して、大田訪問の年を積極的に広報した。

サポーターズ発足式には、市広報大使のコメディアン・キム・ジュノ、UFCの選手であり芸能人のキム・ドンヒョン、声楽家チョン・ギョン、テコンドーアジア大会金メダリストのイ・デフン、メッキスカンパニーのチョ・ウンレ会長、縁故プロ野球チームであるハンファイーグルスのチアリーダーが参加して会場を盛り上げた。

フォーシーズンズホテルで行われた大田訪問の年宣布式では、2019大田訪問の年を知らせる宣布式セレモニーと広報大使の委嘱式が行われた。また、大田の歴史を紹介するストーリーテリングサンドアートと大鼓パフォーマンスなどの祝賀公演が催された。

訪問の年を迎えて行なわれる主な事業やイベントも具体的に開示された。代表コンテンツは「大田ナイトマーケット」。大田の特色が込められたグルメ・観光・アクティビティーを披露し、観光客の視覚と味覚を刺激する予定で、2019年5月から10月までの隔週金・土曜日に大田川辺道路と中央市場一帯で大田ならではのナイトカルチャーを披露する予定だ。

「K‐POPミュージックフェスティバル」も開催し、若年層はもちろん、海外の観光客も呼び集める。 2019年6月中に2日間、大田ワールドカップ競技場一帯で開催される予定で、音楽祭、EDMパフォーマンス、ストリートダンスフェスティバルなど多彩なプログラムで2019年最大のK‐POPイベントとして開催される予定だ。

大田観光の顔ともいえるシティツアーも大幅に改編される。既存運行している「テーマ型」シティバスのほか、「循環型」シティバスが導入される。循環型シティツアーが導入されると、観光客が自分のスケジュールに合わせて自由に乗り降りできるようになり、国内外の観光客が大田市をより効果的に巡ることができるようになる見込みだ。

「トラベルラウンジ」も重要な事業だ。国内だけでなく外国人観光客のキャリアなどの荷物保管サービスに加え、文化体験と休息まで可能なマルチプレイスが提供される。位置は大田創作センター1階に設けられる。

許泰鋌(ホ・テジョン)大田広域市長はこの日の宣布式で、「よく知られていないだけで、大田には多彩な見どころ、楽しみがあります。2019大田訪問の年を通して国内外の観光客500万人誘致を牽引し、大田ならではの観光の魅力を国内外に広報して、大田の観光都市としての地位を確立させたい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

光化門旅行社代表

〈韓国インバウンド旅行社特集2〉光化門旅行社

DMとサイトを活用して種まき 光化門旅行社 ㈱光化門旅行社代表理事 李光錫(イ・グァンソク)  光化門旅行社は、1994年に設立し、22年間、日本と深い関係を維持しながら旅行業を営んできたインバウンド旅行社だ。かつては東京、大阪、福岡に事務所を置いていたが、通信手段の発達によって…続きを読む

百済テーマプロモーション

忠清南道、百済歴史テーマで日本からの観光客4万人誘致に総力

 忠清南道が今年、日本人観光客4万人誘致を目標に百済歴史の旅コースと、ホームステイコースを開発し、修学旅行団体や個人観光客の誘致を推進する。これは2015年に百済歴史遺跡地区がユネスコ世界遺産に登録されてから百済時代の歴史遺跡が集中している公州・扶余と天安、牙山、泰安地域を中心に…続きを読む

신규거점항공사_선정(에어로케이)

襄陽・清州・仁川拠点格安航空会社3社誕生、「地方観光の活力に期待」

 韓国政府国土交通部が昨年11月に新規航空免許を申請した5つの事業者に対する免許諮問会議の結果、フライ江原(襄陽空港)、エアロケイ航空(清州空港)、エアプレミア(仁川空港)にそれぞれ3月5日付で国際航空運送事業免許を発行した。 今回、国土交通部からの航空輸送免許の新規発行によって…続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

kguid-150x150

外国人対象の韓国安全ガイドブック発刊

 文化体育観光部と韓国観光公社は、外国人観光客が安全に韓国旅行を楽しむことができるよう、「韓国の安全ガイドブック(Safe Travel In Korea)」を英語・中国語(簡体字、繁体字)・日本語で出版した。 このリーフレットは、観光警察・観光苦情申告センター・119などの緊急…続きを読む

방한외국인관광객_증가

訪韓外国人観光客1534万人記録、15%増加

 昨年2018年に韓国を訪れた外国人観光客が約1534万人で、前年より15%増えたと暫定集計された。中国のTHAAD報復措置の影響を受けた2017年の1333万5758人と比較すると15・1%増えたもので、「訪韓外来客1500万」線を再び回復した。 2018年の外国人観光客の数値…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

211838_159840_1428

2019私の国旅行博覧会開幕

 韓国政府文化体育観光部が主催し、韓国観光協会中央会及びCOEXが主管する韓国内のローカル旅行最大の博覧会である「2019私の国旅行博覧会」が4月4日(木)から7日(日)まで4日間、ソウルCOEX(3階ホールC)で開かれる。 今年で16回目を迎える今年のイベントは、夜間観光コンテ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02