「韓国のランドマーク123階」 ロッテワールドタワー、グランドオープン

2017年04月18日

ランドマークホテル「シグニエルソウル」&
展望台「ソウルスカイ」もオープン

lotteworldtower 世界3位の高さであり、韓国最高の高さを誇るロッテワールドタワーが4月3日にオープンした。 1987年に事業用地選定後、30余年ぶりにソウルの空の上に新しいランドマークとしてそびえ立った。

ロッテグループは3日午後4時、ロッテワールドタワー76階イベント会場で「ロッテワールドタワーグランドオープン式」を行った。この日のオープン式には、辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長をはじめ、韓国内の政財界の要人が出席した。

この日のオープン式はロッテワールドタワー着工から完成までを収めたドキュメンタリー映像を皮切りに、辛東彬会長の挨拶、主要外賓の祝辞などが続いた。その後、会場では、主要外賓が参加する「空の扉を開くゴールデンキーセレモニー」が、外部では設備、安全などの従業員が参加する除幕式、「グランドオープニング」というスローガンが刻まれた風船を空に飛ばすパフォーマンスなどが行われた。

ロッテワールドタワーは、地下6階、地上123階で、高さが海抜555mに達する。高さだけ見れば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)、中国の上海タワー(632m)に続いて世界第3位だ。

地下1階から12階までは「ロビー&ポディウム」で、金融センター、メディカルセンター、フィットネスセンター、ギャラリーなどワンストップリビングが可能な施設が入居する。既存のアベニューエル建物8階と9階、タワーの8階、9階は連結しており、免税店が追加で拡張される予定だ。

14~38階には、多国籍企業を誘致してグローバルビジネスのハブとなる「プライムオフィス」が、42~71階には、業務と社交、居住と休息を兼ねる「シグニエル・レジデンス」が入る。

76~101階には国内最高の高さ、最高級のランドマークホテルである「シグニエルソウル」が入る。韓国的な情緒を込めてデザインした「シグニエルソウル」の合計235室の客室からは、ソウルのスカイラインと夜景を眺めることができる。

108~114階までの7つの階は、1つの階全体を使用する国内最高のプライベートオフィス設備であり社交空間である「プレミア7」が、117~123階まではロッテワールドタワーの象徴的な施設である展望台「ソウルスカイ」が入る。

ソウルスカイは、地上から500mの高さ、ロッテワールドタワー117~123階の合計9つの階で構成されている。1時間あたり900人の同時収容が可能で、地下から2台上下に連結して同時に運行するダブルデッキエレベーター「スカイシャトル」に乗れば展望台まで1分で到着する。

展望台の入場料は大人2万7千ウォンで、午前9時30分から午後11時まで運営する。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

제주공항_신라면세점_오픈

済州空港国際線ターミナル、新羅免税店オープン

114㎡面積に約60ブランド、 6月に売り場拡大しグランドオープン  ホテル新羅が運営する新羅免税店が3月1日から済州空港国際線で営業を開始した。新羅免税店済州空港店は約114㎡(34坪)の規模で、化粧品や香水、酒、タバコなど60種類のブランドを備え、この日、ソフトオープンした。…続きを読む

アベンジャーズ

ハリウッド大作「アベンジャーズ」 ロケ地を観光コースとして開発

 撮影当時から高い関心を集め、公開後にはその撮影地に国内外の観光客の訪問が増加している映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の背景となったソウル名所を、ソウル市が「ソウルの中のアベンジャーズ」コースとして開発する。 映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」は、昨…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

百済キャンペーン

百済の歴史遺跡地区世界遺産登録、九州特別キャンペーン実施

 韓国観光公社福岡支社が百済の歴史遺跡地区のユネスコ世界文化遺産登録を契機に、大々的な百済特別訪韓キャンペーンを展開、日本の九州地域内の韓国観光市場の回復を図る。 今回の九州地域百済の歴史遺跡地区世界遺産登録で行われる特別キャンペーンは、百済と歴史的に深い関係がある九州地域での友…続きを読む

ITX-새마을

コレール、ITXでWi-Fi無料サービス

 これからはITX‐セマウルとITX‐青春でも列車利用中の無線インターネット(Wi‐Fi)が利用できるようになる。コレールは7月1日(土)から列車利用客の変化した生活パターンに合わせてITX‐セマウルとITX‐青春では、無線インターネットサービスを新たに実施すると発表した。 客室…続きを読む

KTX_便宜改善

「KTXで手軽にデジタル機器の充電を」

 韓国鉄道公社(コレール)が現在運行中のKTXの全客席にコンセント設置作業を終えたと明らかにした。コンセントはコレールが保有するKTX車両の1020両全てに充電用電源コンセント1口とUSBポート2口を一つにした「混合型コンセント」を設置した。 KTX-1車両には、客室壁の窓と窓の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02