「韓国の地下鉄旅行ガイド」リリース

2017年09月21日

한국관광공사_지하철_앱북 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国を訪問する外国人の個人旅行をサポートするために、全国の電車・地下鉄路線と連携して駅周辺の観光地を紹介するモバイル向け「韓国の地下鉄旅行ガイド」を4ヵ国語(英語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語)で発行したと発表した。

「韓国の地下鉄旅行ガイド」は、個人旅行者がいつどこでも電車・地下鉄(首都圏、釜山、大邱、大田、光州)を活用して、簡単に移動できるように、駅から1㎞、徒歩10分以内のアクセス可能な周辺観光地を、歴史、文化、ショッピング、シティツアーなど、様々な体験活動と連携して紹介している。

これと共に地下鉄の利用法、乗り換えシステムなど、個人旅行者に必要不可欠な交通情報や観光地までの出口番号、距離、所要時間、観光地周辺の地図なども盛り込んだ。

また、携帯電話で便利に閲覧できるようにタッチするだけで観光地情報、周辺地図、地下鉄・電車路線図などが簡単に確認でき、内容検索、当該情報のSNS共有、メモ、為替レートの計算など、ユーザー中心の便利な機能的に構成されたことから、公共交通機関を利用して、個人旅行者の訪韓観光がより便利に楽しめるようになるものと想定される。

同ガイドブックは、モバイルアプリブックである「Korea Travel Books」に登載されており、アップルストア、プレイストアから無料でダウンロードできる。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

인천시티투어_개편

仁川観光公社、仁川シティツアーを改編、「日本語案内に無料Wi‐Fiもサービス」

仁川空港第2旅客ターミナル、沿岸埠頭バス停の新設などリニューアル    本格的な春を迎え、仁川観光公社が今月からシティツアー路線を全面改編、仁川を訪れる国内外の観光客の利便性と満足度を一層高める。 仁川観光公社によると、既存の松島〜月尾・開港場を循環する「島ライン」コー…続きを読む

717411_307799_1831

「オリンピック入場券を購入し、多彩な特典を」

 平昌オリンピックの入場券の販売率が50%を突破して順調な販売を続ける中で、組織委員会がオリンピックの入場券で享受することができるさまざまなメリットを公開した。 入場券所持者の主な恵沢としては、オリンピック文化イベントの観覧はもちろん、KTX早期前売り・割引、高速道路通行料の免除…続きを読む

강화읍_가이드북

江華郡、日本の観光客対象の観光パンフレット発刊

 仁川江華郡と仁川観光公社が日本の観光客を対象にした江華グルメ観光パンフレット(写真)を発刊した。仁川江華郡は2018年度の「今年の観光都市」を控え、最近、日本人個別観光客の増加に従って、日本語のグルメパンフレットを2千部発刊したと明らかにした。 今回の観光パンフレットには、日本…続きを読む

장근석_성화봉송

チャン・グンソク、江原道春川での聖火リレー「五輪成功開催祈願」

 「2018平昌冬季オリンピック」、「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使チャン・グンソクが聖火リレーの江原道春川区間のラストを飾った。 1月29日、江原道春川で開かれた「2018平昌冬季オリンピック」聖火リレー行事に参加したチャン・グンソクは、江原道庁一帯…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

평창700_열차여행

平昌アルペンシア、「正東津日の出・ハッピー700平昌列車の旅」発売

電車やバスで行く正東津・江陵・アルペンシア・平昌一周コース    平昌アルペンシアリゾートとコレール江原本部は、列車とバスを結合したレールシティツアー商品「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」を発売した。 「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」は、1泊2…続きを読む

Kフードカレンダー

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版 韓国政府文化体育観光部傘下の海外文化広報院が、外国人に馴染みのある韓国料理をテーマにした「2016年Kフード(K-Food)フォトカレンダー」を製作し、11月9日から国内外に発表した。 海外文化広報院は、毎年、伝統文化や韓流コンテンツを…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02