「Tマネー全国互換交通カード」来年から光州・江原でも使用

2015年12月03日

全国互換交通カード 来年2016年から「Tマネー(T-money)全国互換交通カード」1枚で全国どこへでも旅行できるようになる。ソウル市は14日に締結した地域の交通カード事業者間の互換性協約に基づき、これまでTマネー全国互換交通カードが使えなかった光州でも来年1月30日から利用できるようになると明らかにした。

全国互換交通カードは、バス・地下鉄・電車・高速バス・高速道路など、全国のあらゆる交通機関で利用できるカードで、昨年6月に発売された。昨年、全国の主要自治体の交通カード事業者間の協約がなされ、国内のほとんどの地域(96%)で全国互換交通カードを使用することができていたが、広州・江原・全羅南道の一部の地域では事業者間の協約やシステムの開発が遅れ、これまで使用できなかった。しかし、来年1月に光州を皮切りに、上半期には江原・全南の一部地域までサービス範囲が拡大する。
今回の協約によって、現在、光州と大邱地域の交通カード「ハンペイ」と「ワンパス」が発行している全国互換交通カードも、首都圏のすべての公共交通機関で利用できるようになる。
文/金鍾奎記者

Pocket

関連する記事はこちら

VR技術を利用して、実際にボブスレーの競技をしているような体験ができる

仁川空港に平昌冬季五輪広報のためのICTラウンジがオープン

聖火が仁川空港に到着して韓国内での聖火リレーがスタートした11月1日、仁川空港の空港鉄道入口前に仁川空港ICTラウンジがオープンした。ICTラウンジは、ICT(情報通信技術)を利用して、冬季オリンピックに関連したさまざまな体験ができる場所。VR(仮想現実)でオリンピックの種目を体…続きを読む

s-IMG_1516

世界文化遺産「百済歴史遺跡地区」日本メディア・ブロガー・考古学関係者招聘

    2015年ユネスコ世界遺産に登録されてから、日本人観光客への関心を浴びている忠清南道・全羅北道の「百済歴史遺跡地区」。今回、更なる日本人観光客誘致を目指し、コリアトラベル新聞は、日本全国からメディア・ブロガー・考古学関係者を招聘し、10月26日から3泊…続きを読む

티웨이항공_제주_도쿄_A

ティーウェイ、済州‐成田9月2日就航

 韓国籍の格安航空会社ティーウェイ航空が、済州‐成田路線を9月2日から新規就航した。就航スケジュールは週4回(火、木、土、日)で、済州国際空港の出発時間は火曜日の午後2時30分、木曜日の午後4時、土曜日の午後1時30分、日曜日の午後4時30分で、成田国際空港まで1時間55分で到着…続きを読む

江原道名誉外信記者団

2016年江原道公式日本語ブログ 「名誉外信記者団」が発足

 2018年冬季オリンピックの舞台として、世界中から注目を集める平昌(ピョンチャン)がある江原道(カンウォンド)。韓国国内では、避暑地として、また大自然が楽しめるヒーリング旅行地として良く知られているものの、日本ではソウルや釜山に比べ知名度が低いのが実情だった。そこで、昨年の下半…続きを読む

nothumbnail

「片道5万ウォン」仁川空港発定額型タクシー検討中

韓国政府が輸送事業法の改正を通じて、メーターに出た料金に依存せず、運行区間と時間に応じて定額料金で利用できるタクシーの運行を検討中だ。 改正された輸送事業法に基づいて、これまでメーターの基準でのみ運営することができたタクシーの運行を、特定区間と時間定額運賃による運営が可能となり、…続きを読む

제주공항_신라면세점_오픈

済州空港国際線ターミナル、新羅免税店オープン

114㎡面積に約60ブランド、 6月に売り場拡大しグランドオープン  ホテル新羅が運営する新羅免税店が3月1日から済州空港国際線で営業を開始した。新羅免税店済州空港店は約114㎡(34坪)の規模で、化粧品や香水、酒、タバコなど60種類のブランドを備え、この日、ソフトオープンした。…続きを読む

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

nothumbnail

韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。 今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02