「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

2016年03月17日

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入

今年の観光都市 韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。

「今年の観光都市」は広域市・道単位で行われた「地域訪問の年(2004〜2013)」事業の終了に伴い、韓国政府文化体育観光部が地域観光の活性化のために観光の可能性が大きい中小都市3ヵ所を選定し、3年間の体系的な支援によって、魅力的な観光地として育成する事業で、2014年3月に行われた自治体公募において、忠北の堤川、全北の茂朱、慶南の統営を、2016年に初めて実施する「今年の観光都市」に選定した。

「2016今年の観光都市」事業は、共同広報事業と市・郡別個別事業で進行する。韓国観光公社では、2014年から共同広報マーケティング事業として統合広報映像の制作や首都圏地域での広告、助け合い観光、選定都市背後地域TVキャンペーンを実施しており、先月30日には「2016今年の観光都市」統合広報ウェブサイト(tourcity.or.kr)をオープンし、韓国国内での広報に拍車をかけている。

観光都市ごとの主要な事業を見ると、堤川市は「市民が幸せな自然治癒都市・堤川!」というビジョンの下、2016年、内・外国人観光客1105万人誘致を目標に、堤川ヒーリングシティツアー、観光ドゥレ育成支援事業、清風明月フェスティバルなど、4分野18ヵ事業を推進しており、茂朱郡は「四季が活気に満ちたエネルギーがあふれるレジャースポーツ観光都市・茂朱」というビジョンの下、2016年、内・外国人観光客655万1000人誘致を目標に、テコンドー院を連携した日本市場に対する広報マーケティング事業、茂朱チャレンジ・ツアーマスター・イベントなど、4分野21ヵ事業を推進している。

また、統営市は「住んでみたいヒーリング都市、品格のある文化市民」というスローガンの下、韓国を代表する観光地としてだけでなく、海洋スポーツ先取り、島の特性を生かす観光島の開発、文化芸術のグローバル化を推進し、2016年、内・外国人観光客424万500人誘致を目標に、日本観光マーケティングの拡大、全国民の島ファムツアー、統営市音楽フェスティバルなど、4分野20ヵ事業を推進している。

鄭昌洙・韓国観光公社社長は「観光都市の最初の事業である『2016今年の観光都市』事業の成功的な推進のために、来年には、全国民を対象に大々的な広報キャンペーンを展開する予定」とし、「今年選ばれた2017年の観光都市(光州南区、江陵、高霊)をはじめ、来年初めに選定する予定の2018年の観光都市共同広報マーケティング事業を継続して推進し、地域観光の活性化に寄与する計画」と明らかにした。

文化体育観光部は、今年度に続いて2017年度の今年の観光都市として光州広域市南区、江原道江陵市、慶尚北道高靈郡の3ヵ都市も確定しており、今年の観光都市事業をさらに拡大していく予定で、韓国政府は今年の観光都市事業を通じて差別化された地方観光コンテンツを集中的に育成し、外国人観光客の誘致拡大に貢献する計画だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

大邱タヨバス

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で 大邱都心を楽しもう 大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題  大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博し…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む

korea-001-150x150

8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催

「日韓観光交流人口700万人に拡大する」 8月29日、ソウルで日韓観光交流拡大のためのシンポジウム開催  最近、低迷している韓国と日本両国間の観光市場の活性化策を模索して「2015年日韓国交正常化50周年」に連携する両国民間の人的交流の拡大のために8月29日(金)ロッテホテルソウ…続きを読む

仁川空港ガイド

仁川空港、外国人旅客に合わせた「空港ガイド」 アプリをリリース

 仁川国際空港公社が、多国語道案内、空港での会話など、外国人旅客のためのオーダーメイドサービスをさらに強化したモバイルアプリ「仁川空港ガイド」の新バージョンを発表した。今回のバージョンは、デジタル地図と連携して、仁川空港から全国各地へ、全国から空港までの両方向の道案内サービスを、…続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

光化門旅行社代表

〈韓国インバウンド旅行社特集2〉光化門旅行社

DMとサイトを活用して種まき 光化門旅行社 ㈱光化門旅行社代表理事 李光錫(イ・グァンソク)  光化門旅行社は、1994年に設立し、22年間、日本と深い関係を維持しながら旅行業を営んできたインバウンド旅行社だ。かつては東京、大阪、福岡に事務所を置いていたが、通信手段の発達によって…続きを読む

nothumbnail

韓国インバウンド、外国人観光客1700万人突破で過去最高記録を更新

2016年の1年間に韓国を訪れた外国人観光客が史上初めて1700万人を超える見通しだ。前の最高記録は、2014年に達成した1420万人だった。 今回の外国人観光客1700万人誘致は、昨年発生したMERS(中東呼吸器症候群)危機を完全に克服したことから意味が大きい。MERS危機によ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02