「2018昌原訪問の年」開幕

2018年02月07日

창원방문의해 2018年「昌原訪問の年」が開かれた。慶南昌原市が1月2日、昌原訪問の年成功祈願塔除幕を皮切りに、観光客誘致拡大のための「2018昌原訪問の年」事業を始動した。

昌原市は今年、国内外の観光客1千500万人の訪問という目標を立てた。2016年の昌原市訪問者1千95万人より37%ほど増加した数値だ。

2018年は、オリンピック、ワールドカップ、世界陸上選手権大会などと共に代表的なスポーツの祭典として挙げられる世界射撃選手権大会が昌原で開催され、昌原訪問の年の意義を深める見通しだ。世界射撃選手権大会は、120ヵ国から選手・役員4千500人余りが昌原を訪問して8月31日に開幕し、9月14日まで開催する。

昌原市は射撃大会を前後して大きな祭りやイベントを年間を通して開催し、国内外の観光客を昌原市に誘致する計画だ。韓国最大の春の花祭りである鎮海軍港祭、全世界の若者がK‐POPの実力を競うK‐POPワールドフェスティバル、馬山カゴパ菊祭り、彫刻ビエンナーレ、世界韓人経済人大会などの大型フェスティバルやイベントが今年も開催される予定だ。

文/大成直子記者

Pocket

関連する記事はこちら

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

강원도_도쿄프로모션

平昌冬季オリンピックの熱気を日本に! 江原道知事が東京で広報活動を実施

来年2月9日から開催されるスポーツの祭典、平昌冬季オリンピック・パラリンピックの魅力を伝える「平昌五輪広報ゾーン」の除幕式が4月11日午後3時より東京・新宿のコリアセンターにて行われ、五輪開催地である江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事をはじめ、李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大…続きを読む

티웨이항공_제주_도쿄_A

ティーウェイ、済州‐成田9月2日就航

 韓国籍の格安航空会社ティーウェイ航空が、済州‐成田路線を9月2日から新規就航した。就航スケジュールは週4回(火、木、土、日)で、済州国際空港の出発時間は火曜日の午後2時30分、木曜日の午後4時、土曜日の午後1時30分、日曜日の午後4時30分で、成田国際空港まで1時間55分で到着…続きを読む

nothumbnail

韓国インバウンド、外国人観光客1700万人突破で過去最高記録を更新

2016年の1年間に韓国を訪れた外国人観光客が史上初めて1700万人を超える見通しだ。前の最高記録は、2014年に達成した1420万人だった。 今回の外国人観光客1700万人誘致は、昨年発生したMERS(中東呼吸器症候群)危機を完全に克服したことから意味が大きい。MERS危機によ…続きを読む

에어서울_롯데연계프로모션

エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。 エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウ…続きを読む

2018관광도시_선포식

仁川江華郡・忠南公州市「2018今年の観光都市」共同宣布式開催

 「2018今年の観光都市」に選ばれた仁川江華郡と忠清南道公州市が3月4日、ソウルCOEXで開催された「私の国旅行博覧会」会場で共同宣布式を開催した。イベントには、イ・サンボク江華郡守、オ・シドク公州市長、韓国観光協会中央会キム・ホンジュ会長、観光業界や自治体関係者などが参加し、…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

全国互換交通カード

「Tマネー全国互換交通カード」来年から光州・江原でも使用

 来年2016年から「Tマネー(T-money)全国互換交通カード」1枚で全国どこへでも旅行できるようになる。ソウル市は14日に締結した地域の交通カード事業者間の互換性協約に基づき、これまでTマネー全国互換交通カードが使えなかった光州でも来年1月30日から利用できるようになると明…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02