「2020大邱慶北観光の年」宣布

2019年06月17日

대구경북관광의해 大邱・慶北地域の観光共生の序幕を開く「2020大邱慶北観光の年」が宣布された。慶尚北道と大邱市は、2020年を「大邱慶北観光の年」と定め、6月7日、ソウルのCOEXで開幕したソウル国際観光産業博覧会(SITIF2019)で関係者が出席した中で「2020大邱慶北観光の年」宣布式を行った。

この日の宣布式は「2020大邱慶北観光の年」を祝う世界の市民のメッセージが込められた映像上映とセレモニーを皮切りに、中国のアイドル歌手である余枫とマレーシアの人気俳優ポーリーン・タン(Pauline Tan)への広報大使委嘱式を開催し、「2020大邱慶北観光の年」を全世界に広報するために、グローバルサポーターズと大学生のフラッシュモブ舞台も催されて注目を集めた。

権泳臻(クォン・ヨンジン)大邱市長は「人口250万人の大邱は、ショッピング、韓流文化など、都市性の利点を生かし、人工300万人の慶北は自然・ヒーリング・伝統文化などの特色を生かせば、グローバルメガ観光シティとなるだろう。2020大邱・慶北観光の年を通して観光産業を地域の成長動力として発展させていきたい」と所感を明らかにし、李喆雨(イ・チョルウ)知事は「ファッション、音楽、オペラなど大邱の都市文化と慶尚北道の伝統歴史文化資源、美しい自然生態を連携した観光は、地域と世代を超えて誰もが楽しめる魅力的な旅行地となるだろう」とし「大邱慶北特別観光商品も豊富に構成して運営する計画だ。ぜひ訪れて変化した大邱慶北を感じてほしい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

코레일_여행플랫폼

コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。 …続きを読む

コリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏

江原道、コリアン・フード・コラムニスト八田靖史氏を招待し、江原道グルメ紹介

江原道の8ヵ都市を探訪、代表グルメをSNS・ユーチューブで発信 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック開催都市として名を知らしめた韓国を代表する観光都市・江原道が日本人観光客に対する江原道観光広報のためにコリアン・フード・コラムニストとして人気の高い八田靖史氏を招待し、7月…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

아시아나_카운터_이전

アシアナ航空、仁川空港第1ターミナルの東カウンターに移転

 アシアナ航空が10月1日付で、仁川国際空港第1ターミナル搭乗手続きカウンターやラウンジなどの諸施設を既存の西側から東側に移転した。 今回、以前は第1ターミナル航空会社再配置計画に沿ったもので、搭乗手続きカウンターは、既存のK、L、M棟から、A、B、C棟に移転し、ファースト、ビジ…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道直通列車、グループ割引を3人以上にまで拡大

自動券売機発券割引と直通列車、地下鉄乗り換え利便性も改善  コレール空港鉄道が外国人個別旅行客の小グループ化に合わせ、ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行する直通列車のグループ割引を今までの4人以上から3人以上へと変更する直通列車の運賃割引制度を改編した。 現在、直通列車割引制…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

고토치셔틀_2020

「2020ご当地シャトル」で地方小都市旅行に出発!

文化体育観光部と韓国観光公社が実施する日本の個人旅行者向けツアープログラム「KOREAご当地シャトル」の2020年度新規コース5ヵ所が発表され、今年の春シーズンから正式運用に入る。 「2020ご当地シャトル」コースは、仁川広域市の江華(カンファ)郡、江原道の高城(コソン)‐束草(…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02