アシアナ航空、仁川空港第1ターミナルの東カウンターに移転

2018年11月08日

아시아나_카운터_이전 アシアナ航空が10月1日付で、仁川国際空港第1ターミナル搭乗手続きカウンターやラウンジなどの諸施設を既存の西側から東側に移転した。

今回、以前は第1ターミナル航空会社再配置計画に沿ったもので、搭乗手続きカウンターは、既存のK、L、M棟から、A、B、C棟に移転し、ファースト、ビジネスラウンジは、既存の43番、28番ゲート付近から11番、26番ゲート近くに移転した。

搭乗手続きカウンターを以前に合わせて常用顧客の便宜のために「プレミアムチェックインゾーン」も新設した。プレミアムチェックインゾーンはカウンターの外装を半透明のガラスの壁で構成した独立した空間で、洗練された華やかな雰囲気の待機・休憩スペースにし、乗客がチェックイン時に便利で居心地のよい経験をすることができるようにした。

東に移転した3ヵ所のラウンジ(ファーストラウンジ1ヵ所、ビジネスラウンジ2ヵ所)も利便性を大幅に強化した。総面積4798㎡の空間内に座席数を調整して、1人当たりの単位面積を5・37㎡から5・89㎡に拡大して、より快適な休息を取ることができるように構成し、プライベートな空間を好む最近の傾向を反映して、1人席を拡大して運営する。また、ウォーカーヒルホテルアンドリゾートからのケータリングによってさまざまな料理を提供し、別途の酒類バーとテーブルを用意して、余裕をもって酒類やお茶を楽しみたい顧客のためのスペースも運営する。

既存の使っていた西側のビジネスラウンジは、改装を経て2019年6月からスターアライアンス優秀会員と外航社専用ラウンジとして運営される。

アシアナ航空は、現在、東京、関西、福岡、仙台など、日本全国の9ヵ都市で11ヵ日韓路線に好評就航している。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

airbusan

エアプサン、大邱‐大阪・札幌に新規就航

 韓国アシアナ航空系列の低コスト航空会社で、釜山を拠点に路線を運営しているエアプサンが、慶尚北道圏の中心都市、大邱広域市にある大邱空港から大阪関西国際空港と北海道新千歳空港間の定期便を昨年12月23日に就航した。 就航スケジュールは大邱‐関西国際空港が週7回デイリー就航で、出国便…続きを読む

에어서울_롯데연계프로모션

エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。 エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウ…続きを読む

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外…続きを読む

영천시_K트레블버스

永川市、外国人観光客対象「Kトラベルバス」3月から運行

 慶尚北道永川市が2019年に「外国人観光客誘致元年の年」と定め、外国人観光客誘致のためのKトラベルバスを本格的に運行する。 Kトラベルバスは、ソウル市が2017年から全国の地方自治団体との相互交流協力のために、外国人観光客を対象に運行する地方都市の有料バス自由旅行商品。今年3月…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

2020_코리아그랜드세일

韓国最大のショッピング・文化観光祭り「コリアグランドセール」開幕

今年で10周年を迎える韓国最大の外国人観光客対象のショッピング文化祭「2020コリアグランドセール(Korea Grand Sale 2020)」が1月16日から2月29日までの45日間、韓国の全地域にて開催される。 「コリアグランドセールへの招待(Inviting you to…続きを読む

全国互換交通カード

「Tマネー全国互換交通カード」来年から光州・江原でも使用

 来年2016年から「Tマネー(T-money)全国互換交通カード」1枚で全国どこへでも旅行できるようになる。ソウル市は14日に締結した地域の交通カード事業者間の互換性協約に基づき、これまでTマネー全国互換交通カードが使えなかった光州でも来年1月30日から利用できるようになると明…続きを読む

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。 「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。 入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。 青瓦台セ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02