アシアナ航空、仁川空港第1ターミナルの東カウンターに移転

2018年11月08日

아시아나_카운터_이전 アシアナ航空が10月1日付で、仁川国際空港第1ターミナル搭乗手続きカウンターやラウンジなどの諸施設を既存の西側から東側に移転した。

今回、以前は第1ターミナル航空会社再配置計画に沿ったもので、搭乗手続きカウンターは、既存のK、L、M棟から、A、B、C棟に移転し、ファースト、ビジネスラウンジは、既存の43番、28番ゲート付近から11番、26番ゲート近くに移転した。

搭乗手続きカウンターを以前に合わせて常用顧客の便宜のために「プレミアムチェックインゾーン」も新設した。プレミアムチェックインゾーンはカウンターの外装を半透明のガラスの壁で構成した独立した空間で、洗練された華やかな雰囲気の待機・休憩スペースにし、乗客がチェックイン時に便利で居心地のよい経験をすることができるようにした。

東に移転した3ヵ所のラウンジ(ファーストラウンジ1ヵ所、ビジネスラウンジ2ヵ所)も利便性を大幅に強化した。総面積4798㎡の空間内に座席数を調整して、1人当たりの単位面積を5・37㎡から5・89㎡に拡大して、より快適な休息を取ることができるように構成し、プライベートな空間を好む最近の傾向を反映して、1人席を拡大して運営する。また、ウォーカーヒルホテルアンドリゾートからのケータリングによってさまざまな料理を提供し、別途の酒類バーとテーブルを用意して、余裕をもって酒類やお茶を楽しみたい顧客のためのスペースも運営する。

既存の使っていた西側のビジネスラウンジは、改装を経て2019年6月からスターアライアンス優秀会員と外航社専用ラウンジとして運営される。

アシアナ航空は、現在、東京、関西、福岡、仙台など、日本全国の9ヵ都市で11ヵ日韓路線に好評就航している。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

디스커버패스_서울플러스판

外国人観光客専用「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」発売

南怡島・エバーランド・松島セントラルパークなど 観光地96ヵ所をカード一枚で利用  ソウルを訪れた外国人観光客がカード一枚で京畿・仁川まで合計96ヵ所の観光地を利用できる外国人専用観光パス「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」が発売される。 「ディスカバーソウルパス…続きを読む

세계유산_한국의산사_법주사

韓国山寺7ヵ所、ユネスコ世界遺産登録

 ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は6月30日(現地時間)、バーレーンの首都マナーマで開かれた第42回会議で韓国の山寺7ヵ所を世界遺産の文化遺産に登録した。韓国で13番目のユネスコ世界遺産となる。 韓国がユネスコ世界遺産に申請した「山寺、韓国の山地僧院(Sansa、Buddhis…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

원아시아페스티벌2017

「2017釜山ワンアジアフェスティバル」開催

 10月にK‐POPのトップスターが釜山で全世界の韓流ファンと集う。釜山広域市主催、釜山観光公社主管の下でアジアナンバーワン韓流フェスティバル「2017釜山ワンアジアフェスティバル」(以下、BOF)が開催される。 「BOF」は釜山が有する文化・観光のインフラと韓流コンテンツ及びア…続きを読む

롯데월드_협약

マスターカードで決済するとロッテワールドアドベンチャー、ソウルスカイ割引

マスターカード、ロッテワールドと外国人観光客の誘致業務協約  マスターカードは、ロッテワールドと外国人観光客の積極的な誘致のための業務協約(MOU)を締結したと発表した。今回の協約に基づいて、マスターカードを使用している外国人観光客は、ロッテワールドアドベンチャー利用時、1日フリ…続きを読む

한국관광공사영상공모전

韓国旅行チップ映像公募展開催

 韓国観光公社が12月14日まで「韓国旅行チップ映像公募展」を開催する。公募展の応募は韓国を訪問する外国人観光客に役立つ独創的な映像を出品し、韓国人・外国人誰でも応募できる。 映像の主題は、△地下鉄1回券を購入および使用法、△仁川空港からソウル市内への行き方、△お勧め写真撮影ポイ…続きを読む

Kフードカレンダー

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版 韓国政府文化体育観光部傘下の海外文化広報院が、外国人に馴染みのある韓国料理をテーマにした「2016年Kフード(K-Food)フォトカレンダー」を製作し、11月9日から国内外に発表した。 海外文化広報院は、毎年、伝統文化や韓流コンテンツを…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02