エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

2017年04月18日

에어서울_롯데연계프로모션 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。

エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウル乗客を対象に「ロッテホテルに宿泊するソウル旅行」商品を構成して、ソウル市内のロッテホテルを特別価格で利用できるようにした。長崎‐仁川2泊3日の商品では、ロッテワールドタワーツアーコースを設けるなど、大々的に宣伝を始めている。このほか、富山をはじめ、静岡、米子(鳥取県)、高松の現地の旅行代理店と協力して、ロッテワールドタワー連携商品構成を準備中だ。

エアソウルの関係者は、「ロッテワールドタワーの『ソウルスカイ』が世界3大展望台として知られ、日本現地でも関心が高い」とし、「エアソウルが日本路線が多く、すべて単独路線であるため、十分に潜在需要があると見て、様々なマーケティング戦略を展開する」と述べた。

エアソウルは現在、日本の7ヵ路線(広島、長崎、高松、富山、静岡、米子、熊本)に好評就航中だ。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

에듀팜_관광특구

忠清北道初の観光特別地区、曽坪エデュファーム、オープン

ゴルフ場、リュージュトラック、水上レジャー施設オープン、 コンドミニアムは下半期開場  忠清北道曽坪郡(チュンピョングン)所在エデュファーム観光特別地区内に公共ゴルフ場などの娯楽施設が14日オープンして、公式の営業に入った。 運営会社である韓国農漁村公社と㈱ブラックストーン・エデ…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む

Image19

世界40カ国が参加、「2020平昌平和フォーラム」閉幕

  – 韓国戦争終戦宣言と南北共同観光区域開発など、平和実践決議案採択 グローバル平和プラットフォームである2020平昌(ピョンチャン)平和フォーラムが韓国戦争終戦宣言と平和条約締結、東海線とユーラシア鉄道の接続対策など7つの議題を盛り込んだ2020平昌平和…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

강원도_SNS기자단

江原道、日本人SNS記者団招請春川新名所広報

 江原道が今年4月、江原道公式日本語ブログやフェイスブックを通して日本人SNS記者団を募集し、江原道春川の新しい観光資源を広報する取材支援行事を実施した。 今回の行事に参加したSNS記者団は14人で、2016年にオープンした春川の新しいランドマークである昭陽江(ソヤンガン)スカイ…続きを読む

nothumbnail

韓国インバウンド、外国人観光客1700万人突破で過去最高記録を更新

2016年の1年間に韓国を訪れた外国人観光客が史上初めて1700万人を超える見通しだ。前の最高記録は、2014年に達成した1420万人だった。 今回の外国人観光客1700万人誘致は、昨年発生したMERS(中東呼吸器症候群)危機を完全に克服したことから意味が大きい。MERS危機によ…続きを読む

롯데면세점_월드터워_확장오픈

「ロッテ免税店ワールドタワー」韓国最大規模で誕生

 ロッテ免税店がソウル蚕室ワールドタワー店を大々的に拡充、オープンしてグローバル1位の免税店としての跳躍に乗り出した。ロッテ免税店は、面積を拡大した蚕室ロッテワールドタワー内のタワー棟とアベニュエルド棟など蚕室ワールドタワー店全体の店舗を6月30日にグランドオープンし、営業に入っ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02