コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

2018年12月17日

코레일_여행플랫폼 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。

総合旅行プラットフォームは、全国の列車と160の宿泊施設、350ヵ所の観光地の入場券など、旅行コンテンツをリアルタイムで照会して、一度に予約することができるシステム。これまで外国人観光客はコレールのホームページでは鉄道の乗車券のみ購入することができ、宿泊や観光地の入場券などは別途に予約する不便さがあった。

コレール側は自由旅行客が増える観光トレンドに合わせて、外国人旅行者がニーズに合わせて直接旅行コースやコンテンツを結合して利用できるサービスの必要性を感じてプラットフォームを開発することになったとし、コレールの多言語ホームページを通じて外国人観光客の誰もが便利にサービスを利用することができると明らかにした。

サービスは、来年1月にベータ版をオープンし、正式サービスは3月1日から開始する。なお、正式サービス時には日本語版も提供される予定だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

산청동의보감촌

慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。 韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと4…続きを読む

대한민국관광사진공모전

第47回大韓民国観光写真コンテスト開催

 文化体育観光部と韓国観光公社は、国内外の旅行者の心を捕らえる観光写真発掘のために「第47回大韓民国観光写真コンテスト」を開催する。 1973年から始まった大韓民国観光写真コンテストは、長い歴史を誇る国内観光写真の代表コンペで、半世紀にわたって優れた観光写真を発掘、韓国の美しい風…続きを読む

今年の-光都市

2019年の観光都市「康津郡・安山市・蔚山市中区へようこそ」

 韓国政府文化体育観光部を通して2019年度の「今年の観光都市」に選ばれた康津(カンジン)郡・安山(アンサン)市・蔚山(ウルサン)市中区の3ヵ自治体が本格的な国内外の観光客の歓迎に入る。 全羅南道康津郡は駕牛島(カウド)、美港・馬良(マリャン)港などの海洋観光と朝鮮時代の丁若鏞(…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

청송문화재단_민예촌

青松文化観光財団、韓屋体験宿泊施設「民芸村」を試験運営

  慶尚北道青松郡傘下の青松文化観光財団が運営するプレミアム韓屋体験宿泊施設「民芸村」が6月から8月まで3ヵ月間の試験運用に入ると明らかにした。特に試験運用期間中に宿泊した場合、通常価格から30〜50%の割引を受けられる。  宿泊施設は絶景の自然で人気の高い周王山の観光地(249…続きを読む

청주국제공항_간사이취항

チェジュ航空、清州‐関西に7月21日新規就航

 チェジュ航空が7月21日、韓半島の中央に位置する清州国際空港を拠点として大阪の関西国際空港路線に公式就航する。新規就航する予定の清州‐大阪路線は、毎日週7回の日程で、当該路線にボーイング737‐800(座席186・189席)機種を投入し、具体的なフライトスケジュールは6月末の協…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02