ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

2016年12月20日

ジンエアー ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。

ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(火、水、金、土)運航して、2月6日からは週7回毎日運航に増便する計画である。スケジュールは韓国出発LJ263便が仁川を午前10時5分に出発し、日本出発LJ264便は、北九州を昼12時20分に出発する。飛行時間は約1時間20分程度。

就航を記念した多様なイベントも実施する。新規就航を記念して、日本・北九州空港でのジンエアーの仁川‐北九州、釜山‐北九州搭乗券を提示する顧客に対し、空港バス無料搭乗券贈呈、レンタカー割引、ポケットWi‐Fi割引、北九州空港内足湯施設無料利用券など豊富な特典を提供する。

文/小峰明記者

Pocket

関連する記事はこちら

エアソウル

エアソウル、10月国際線就航「日本の7ヵ路線で運航」

 アシアナグループ初の格安航空会社であるエアソウルが今年10月から、アシアナ航空の国際線の日本路線の中から7路線に順次就航することを確定した。 エアソウル(代表:リュ・グァンヒ)は10月7日から、アシアナ航空から仁川発高松・静岡・長崎・広島・米子・富山・宇部など日本の7ヵ路線を引…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

ロッテワールド「フライベンチャー」

ロッテワールドに「フライベンチャー」オープン

モーションライドシステム導入した超大型フライトシミュレーションアトラクション  スーパーマンのように空を飛びたいという夢、誰もが一度は想像したのではないだろうか。ソウルにある最大のテーマパークであるロッテワールドアドベンチャーが、12月23日、空を飛ぶ夢を実現してくれる超大型野心…続きを読む

KATA_회장s

〈インタビュー〉韓国旅行業協会会長・梁武承

日韓相互交流人口 1000万人に向けて 韓国旅行業協会会長・梁武承   昨年、日韓交流人口は700万人を突破した。その裏では両国政府のみならず、旅行業界の努力があったことは確かだ。そんな韓国旅行業の立役者の一人である韓国旅行業協会(KATA)の梁武承(ヤン・ムスン)会長…続きを読む

스마트투어가이드_한국관광공사_정창수

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始

韓国観光公社、平昌冬季五輪連携日本市場ブームアップ開始  韓国観光公社(社長・鄭昌洙/写真)は、5月18~24日、東京、大阪、福岡で「2017日本地域韓国文化観光大典」を開催する。 韓国観光公社は、江原道、平昌冬季オリンピック組織委員会、韓国旅行業協会と旅行業界の社長団、観光ベン…続きを読む

韓国観光の星

11ヵ分野で「平昌・大関嶺」など今年の「韓国観光の星」を選定

11ヵ分野で「平昌・大関嶺」など今年の「韓国観光の星」を選定 文化体育観光部主管、韓国観光の競争力が高い素材を国内外に発信    今年一年間、韓国観光産業で際立った成果を収めた「2016韓国観光の星」が決定した。文化体育観光部(以下、文体部)は、去る12月8日ソウル・新…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02