スマートフォン一つで韓国旅行!「モバイルコリアツアーカード」

2018年11月08日

外国人観光客の恵沢、便利なサービス拡大

모바일코리아투어패스 外国人観光客の韓国観光の必須アイテム「コリアツアーカード」が利便性とメリットを最大化して「モバイル」として新たに生まれ変わる。アンドロイドOSプラットフォームの「モバイルコリアツアーカード」は、Tマネーを基盤にした交通カード機能と外国人が好む韓国の文化、観光、ショッピング、エンターテインメント部門の様々な恵沢を提供するコリアツアーカードのモバイル版で、いつでもどこでもダウンロードとチャージが可能なのが特徴だ。

インストールは、グーグルプレイストアでダウンロードでき、日本語を含む4ヵ国語をサポートし、現金のほか、クレジットカードを利用したチャージや払い戻しまでできる。

一方、韓国を訪れた個人自由旅行者に根強い人気を呼んでおり、韓国旅行「マストハブアイテム(Must Have Item)」として位置づけられた「コリアツアーカード」は、昨年1月に発表した後、現在までに30万枚を超える販売実績を示している。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

현대백회점면세점_오픈

現代デパートDUTYFREE、貿易センター店公式オープン

 現代百貨店グループが免税店事業に第一歩を踏み出した。現代百貨店グループは11月1日、ソウル江南区三成洞現代デパート貿易センター店に現代デパートDUTY FREE(www.hddfs.com)をオープンした。2016年末に免税店事業権を受けて約2年ぶりだ。 免税店の店舗は、現代百…続きを読む

코리아세일페스타2018

「2018コリアセールフェスタ」開幕

韓国最大のショッピングフェスティバル 「2018コリアセールフェスタ」開幕 国内外の観光客対象、 9月28~10月7日、韓国全域で割引・景品特典  今年で3回目を迎える2018コリアセールフェスタ(KOREA Sale FESTA)が、9月28日から10月7日まで韓国内の主要デパ…続きを読む

nothumbnail

韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。 今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓…続きを読む

ハナツアー博覧会

2015ハナツアー旅行博覧会、6月5〜7日に開催を確定

2015ハナツアー旅行博覧会、6月5〜7日に開催を確定 高楊市KINTEX6〜8ホールに世界860以上のブース参加   韓国最大の旅行会社ハナツアーが主催する「2015ハナツアー旅行博覧会(HANATOUR International Travel Show 2015)…続きを読む

korea grand sale 2017

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕

ショッピング観光フェスティバル 「コリアグランドセール」開幕 1月20日(金)から2月28日(火)まで歴代最大規模にてセール開催    (財)韓国訪問委員会(委員長 朴三求)は、今月1月20日(金)から2月28日(火)まで冬季外来観光客誘致と消費支出の増大にむけた外国人…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

lotteworldtower

「韓国のランドマーク123階」 ロッテワールドタワー、グランドオープン

ランドマークホテル「シグニエルソウル」& 展望台「ソウルスカイ」もオープン  世界3位の高さであり、韓国最高の高さを誇るロッテワールドタワーが4月3日にオープンした。 1987年に事業用地選定後、30余年ぶりにソウルの空の上に新しいランドマークとしてそびえ立った。 ロッテグループ…続きを読む

에어서울_다카마쓰요나고_증편

エアソウル、高松・米子路線増便へ

 エアソウルが今年10月28日から高松路線を週5回から7回、米子路線を週5回から6回に増便する。今回の増便により、高松路線は開設26年ぶりに日本の地方路線のうちでは初めての1日1便、毎日運航となった。 仁川‐高松路線はアシアナ航空が1992から運航しており、2016年から新たに発…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02