チャン・グンソク、平昌オリンピック・江原道広報大使委嘱

2018年01月03日

オリンピックと江原観光広報特別CF撮影、
聖火リレー走者としても参加

강원도_장근석_홍보대사 俳優チャン・グンソクが「2018平昌冬季オリンピック」・「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使に抜擢された。委嘱式は12月8日に江原道庁で行われた。

広報大使に抜擢された彼は、委嘱式を皮切りに、オリンピックの成功的な開催と肯定的なイメージを向上するために本格的に活動を始める。世界の人々が共に参加する国際的なお祭りとするために多方面での広報活動に積極的に参加する予定だ。

チャン・グンソクは「韓国で開かれる2回のオリンピックを両方体験できただけでも嬉しいことなのに、広報大使になることができて感慨深い。平昌オリンピックを誘致するために多くの方が努力してこられ、今も成功のために多くの方が苦労しておられるので、私も少しでも助けになれればと思います。広報大使として一生懸命活動してよい姿をお見せしたい」とオリンピックへの愛情と広報大使としての情熱を見せた。

広報大使として活動も多様に展開する。特に、オリンピックや江原観光広報のために特別なCF撮影を行って2018年初めに公開し、2018平昌冬季オリンピック聖火リレー走者としても参加して、オリンピックのブームアップと大会の成功のために積極的に参加する計画だ。

オリンピックの成功と、平昌をはじめとする江原道を全世界に知らせる広報大使委嘱と同時に、意義深いイベントを準備している。「2018平昌冬季パラリンピック」を記念して、2018枚のチケットを購入して2018人のファンを招待し団体観覧を行う予定だ。

チャン・グンソクは「2018平昌冬季パラリンピックのいろいろな種目の入場券2018枚を購入した。パラリンピックはオリンピックが2月25日に閉幕した後の3月9日から開始するという点で大衆の関心度が相対的に低く、観客の参加率が低調することが懸念される。このような懸念を解消させるために、2018人のファンを招いて試合を団体観覧するイベントを準備した」と公式ホームページを通じて発表した。

日本でも積極的に「2018平昌冬季オリンピック」と「2018平昌冬季パラリンピック」を促進する。特に、1月と2月にそれぞれ日本の大阪、東京で開催される「チャン・グンソク・クリショー4」アリーナツアーを通じて日本のファンに平昌冬季オリンピックとパラリンピックを広報することができる特別なイベントも用意する予定だ。

崔文旬・江原道知事は「韓流スターのチャン・グンソクさんがこれまで韓国、中国、日本などアジアでの文化橋頭堡の役割を担ってきただけに期待が大きく、今後のオリンピックのブームアップと江原道広報にも大きな役割をしてくれるものと信じている」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

포커스84

「韓服を着て、新年の景福宮へお出かけ」

凍えるような寒さの中、ソウルにある景福宮の勤政殿の前で、美しい韓服を着てポーズをとる観光客たち。最近韓服を着て韓国の古宮を訪れ、写真撮影等を楽しむ文化体験が人気となっており、季節を問わず韓服を着て古宮やソウル都心の旅を楽しむ観光客が大幅に増加している。2020年の新年にもインスタ…続きを読む

2터미널_한국전통문화센터

仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。 韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西…続きを読む

nothumbnail

「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売

日本人観光客シャトルバスで全州へ 日本人の個人旅行者対象「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売  韓国観光公社と全州市が共同で、11月9日までの毎週金・土・日曜日にソウル‐全州を往復する有料シャトルバス商品を運行する。   全州シャトルバスは、ソウルに集中している日本人観…続きを読む

大邱タヨバス

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で大邱都心を楽しもう

「タヨ・ラッピング・オープントップ2階建てバス」で 大邱都心を楽しもう 大邱シティーバス循環コースが全面改編、1日券5千ウォンで乗り放題  大邱広域市は地域を訪問する観光客が効果的に観光を楽しむことができるように都心循環路線を全面改編し、子供向けアニメーションで爆発的な人気を博し…続きを読む

getImage

文化体育観光部、国立文化芸術施設4月19日まで休館を延長

文化体育観光部と文化財庁は、新型コロナの拡散を防ぐために「強化された社会的距離の確保」期間に国立文化芸術施設や屋内文化財観覧施設の休館を4月19日まで延長することとした。 当該施設は国立中央博物館と地方博物館13カ所(慶州・光州・全州・大邱・扶余・公州・晋州・清州・金海・済州・春…続きを読む

KTX_便宜改善

「KTXで手軽にデジタル機器の充電を」

 韓国鉄道公社(コレール)が現在運行中のKTXの全客席にコンセント設置作業を終えたと明らかにした。コンセントはコレールが保有するKTX車両の1020両全てに充電用電源コンセント1口とUSBポート2口を一つにした「混合型コンセント」を設置した。 KTX-1車両には、客室壁の窓と窓の…続きを読む

211838_159840_1428

2019私の国旅行博覧会開幕

 韓国政府文化体育観光部が主催し、韓国観光協会中央会及びCOEXが主管する韓国内のローカル旅行最大の博覧会である「2019私の国旅行博覧会」が4月4日(木)から7日(日)まで4日間、ソウルCOEX(3階ホールC)で開かれる。 今年で16回目を迎える今年のイベントは、夜間観光コンテ…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence