ティーウェイ航空、大邱‐熊本新規就航

2018年09月27日

티웨이_대구구마모토 韓国国籍の格安航空会社であるティーウェイ航空が大邱‐熊本路線を11月下旬から新規就航する。大邱 ‐熊本路線は11月29日から週3回(火、木、土)運航し、詳細スケジュールは大邱を午後2時15分に出発して午後3時15分に熊本に到着し、熊本発の便は午後4時15分に出発して5時15分に大邱に到着する。

ティーウェイ航空が就航する大邱広域市は、慶尚北道圏の中心都市であり、朝鮮時代から続く伝統韓方通りである薬令市をはじめ、ソウルに劣らないショッピングを楽しめる東城路通り、近代の姿を残した路地、そしてチムカルビに代表される大邱10味などの様々なグルメツアーの目的地として人気を集めている観光都市だ。

一方、ティーウェイ航空は昨年4月28日から仁川‐熊本路線の定期便も運航中で、現在、北海道から沖縄まで、日本だけで合計9ヵ都市、17の定期路線を運営、韓国内の格安航空会社の中で独歩的な日本の地域最多路線を保有している。

ティーウェイ航空側は「大邱空港まで60分しかかからない負担のない飛行時間で、大邱や慶尚北道圏の旅行の便宜がさらに拡大するだろう」と述べた。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

강화읍_가이드북

江華郡、日本の観光客対象の観光パンフレット発刊

 仁川江華郡と仁川観光公社が日本の観光客を対象にした江華グルメ観光パンフレット(写真)を発刊した。仁川江華郡は2018年度の「今年の観光都市」を控え、最近、日本人個別観光客の増加に従って、日本語のグルメパンフレットを2千部発刊したと明らかにした。 今回の観光パンフレットには、日本…続きを読む

웰니스25_스파G

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成 韓方、ビューティー・スパ、ヒーリング・瞑想、 自然・森林治癒の4テーマを選定    韓国政府文化体育観光部と韓国観光公社が韓国観光新成長テーマであるウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として「ウェ…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

nothumbnail

韓国インバウンド、外国人観光客1700万人突破で過去最高記録を更新

2016年の1年間に韓国を訪れた外国人観光客が史上初めて1700万人を超える見通しだ。前の最高記録は、2014年に達成した1420万人だった。 今回の外国人観光客1700万人誘致は、昨年発生したMERS(中東呼吸器症候群)危機を完全に克服したことから意味が大きい。MERS危機によ…続きを読む

チュサンオク広報大使

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に

俳優チュ・サンウク、「親切な大韓民国キャンペーン」広報大使に  財団法人韓国訪問委員会が9月2日、ソウル光化門KTオレスクエアドリームホールで「親切な大韓民国キャンペーン」の広報のために俳優チュ・サンウクを広報大使に選定し、広報大使委嘱式を開催した。  チュ・サンウクは、愉快な笑…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02