ディスカバー・ソウルパスに「地下鉄フリーパス」を追加検討

2019年06月17日

디스커버_서울패스(모델컷) ソウル市が外国人の自由旅行者の観光の便宜ために、観光地無料入場の特典を提供する「ディスカバー・ソウルパス」に地下鉄の割引定額券の機能を導入し、別途の地下鉄定額パスの市販も検討していることが分かった。

ソウル市によると、外国人専用観光地統合利用券である「ディスカバー・ソウルパス」に地下鉄割引定期券機能を搭載する案をめぐり、ソウル交通公社・コレールなどと協議中であると公式発表した。地下鉄割引定額券は、決められた日の一定時間内に地下鉄の搭乗回数に関係なく無制限に利用できるパスで、現行ディスカバー・ソウルパスの場合、ICカードチャージによってのみ地下鉄やバスを利用することができ、利用者から経済的にソウルを旅行できる地下鉄定額券機能の搭載に対する要求が続いてきた。

現在、利用区間についての協議が進行中の状態で、ソウル交通公社傘下の地下鉄1~8号線が対象路線になるものと予想されており、コレールが運営する京春線や盆唐線などの首都圏広域鉄道路線と新盆唐線などの民間資本鉄道路線は、運営社との追加協議を通じて利用対象路線を追加の如何を決定する予定である。

2016年7月に発売された「ディスカバー・ソウルパス」(24・48・72時間券)は、外国人観光客がソウル市内の66の人気観光地に無料で入場することができ、美容・韓流文化体験観光地で割引を受けられ、ソウルを自由旅行する外国人の必要アイテムとなっており、累積5万枚以上販売されて人気を集めている。

文/池淑記者

Pocket

関連する記事はこちら

烏竹軒韓屋村

江原道・江陵に「烏竹軒韓屋村」オープン

伝統的な建築様式に現代的な施設を加味、インターネットと現場予約で利用可能    2018平昌冬季五輪氷上競技が行われる江原道江陵市の烏竹軒一帯に、国内外の観光客を対象にした韓屋スタイルの宿泊施設「烏竹軒(オジュッコン)韓屋村」が12月7日にオープンし、公式的な営業に入っ…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

신임_관광공사사장

韓国観光公社、安榮培・新社長就任「斬新なアイデアで、観光産業に新しい風起こしたい」

 韓国政府文化体育観光部が、空席だった韓国観光公社社長に安榮培(アン・ヨンベ)・前国政広報処次長を任命、公式業務に入った。新社長の任期は2021年5月16日までの3年間となる。 文化体育観光部は「新任の安榮培社長は、大統領秘書室国政広報秘書官、国政広報処次長を歴任し、政府レベルの…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

코리아그랜드세일2019

外国人対象「コリアグランドセール」来年1月17日に開催決定

2月28日まで開催、航空・宿泊などの観光プロモーション実施  (財)韓国訪問委員会は、来年1月17日から2月28日まで「2019コリアグランドセール(Korea Grand Sale)」を開催すると発表した。コリアグランドセールは、ショッピング、観光、韓流など韓国の魅力的なコンテ…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

인천시티투어_개편

仁川観光公社、仁川シティツアーを改編、「日本語案内に無料Wi‐Fiもサービス」

仁川空港第2旅客ターミナル、沿岸埠頭バス停の新設などリニューアル    本格的な春を迎え、仁川観光公社が今月からシティツアー路線を全面改編、仁川を訪れる国内外の観光客の利便性と満足度を一層高める。 仁川観光公社によると、既存の松島〜月尾・開港場を循環する「島ライン」コー…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02