ヒーリング旅行の目的地、咸陽大鳳山休養バレー

2021年03月19日

서브02_함양휴양밸리(모노레일)

慶尚南道(キョンサンナムド)に位置する咸陽(ハミャン)郡は全体面積のうち78%が山からなっている。そんな地形を生かし、山で楽しむヒーリング旅行先として注目されているのが、咸陽大鳳山休養バレーだ。

大鳳山(テボンサン)の地形を生かし、大自然の中で楽しむ宿泊施設やキャンプ場、そして健康とヒーリングを楽しめる森林浴場、また、その頂上には体験施設であるモノレールとジップラインが設置されている。その中で一番注目されるのが、国立公園の智異山(チリサン)を含む高山峻峰のオーラが鑑賞できる韓国最長(3.93km)の大鳳モノレールと韓国最高水準の長さでスリルが満喫できる大鳳ジップライン。

大鳳山下部の乗り場から、頂上を結ぶ3.93kmのモノレールは、韓国で最も長い距離が自慢で、四季を通して美しい大鳳山と周辺の風景を楽しめる。大鳳山の頂上である1228mまで、32分ほどをかけてゆっくりと上っていく。

その頂上からは、大鳳ジップラインが楽しめる。このジップラインは自由方式で国内最長距離(3.27km)および最高度(1.228m)を誇り、、最高速度は時速120kmと、スリル満点で大自然が満喫できる。もちろん、事前に教育を受けてから乗るので、安全にスリルを楽しめる。

モノレール利用金額:12,000ウォン、所要時間:約65分

ジップライン利用金額:46,000ウォン、所要時間:約20分

Pocket

関連する記事はこちら

1052997_482049_0554

襄陽ソピビーチ「韓国観光の星」として選ばれる

  今年一年韓国観光を輝かせた「2020韓国観光の星」に襄陽(ヤンヤン)ソピビーチなどの5ヶ所が選ばれた。 文化体育観光部と韓国観光公社は、新型コロナという困難な状況の中でも、今年の一年間、差別化された魅力と完璧な防疫管理により韓国観光の発展に寄与した観光地5箇所を「2…続きを読む

0002088295_001_20190418095500855

韓・中・日の国際eスポーツオムニポテント発足、第1回大会10月22日、ソウルで開催

IEOC(International e-Sports Omnipotent Committee)が主催し、IEOC Korea、IEOC Japan、IEOC Chinaが共同主管する「第1回国際eスポーツオムニポテント大会組織委員会」の発足式が4月18日、ソウル新羅ホテルで開…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

20190918_121231

秋に行けばより美しい旅行先は? 「ウリ旅行GOGOフェスティバル」で探してみよう!

9月18~19日の2日間、ソウル広場にはたくさんのテントが広い敷地内に設置されていた。ソウル市が旅行活性化を促すことを目的に全国の地方自治体と国内旅行社を集めて「2019ウリ旅行GOGOフェスティバル」を開催したからだ。 各地域の自慢の観光地や、おいしいグルメ、そして韓半島の平和…続きを読む

코레일_여행플랫폼

コレール、「列車の旅で外国人自由旅行客をキャッチ」

 コレールは鉄道・宿泊・観光地を一度に予約することができる総合旅行プラットフォームである「自分だけの列車の旅づくり」の外国語版である「Explore Korea with your own rail travel plan」の開発を完了し、本格的な外国人観光客の誘致を開始する。 …続きを読む

2

ソウルパスでより手軽に韓国を旅行してみよう

韓国を訪問する外国人自由旅行客に様々なチケット、ツアー、アクティビティなど単品旅行商品を中継するOTAプラットフォーム「ソウルパス」を運営しているトラボールリューションが、インバウンド旅行サービスとしては初めてギフトカードを発売した。 「ソウルパス旅行ギフトカード」は1万ウォンと…続きを読む

vist

釜山観光公社、「釜山に行けば」・「VISIT BUSAN」新規BI発表

 釜山観光公社は、国内・外の観光客を対象に釜山観光ブランドイメージを向上するために、「釜山に行けば」、「VISIT BUSAN」を新規BI(Brand Identity)に選定したと発表した。 今回のBIは、国内外の旅行者に釜山観光公社という機関名の硬い広報イメージを脱皮し、旅行…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence