プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

2017年07月11日
イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外信サポートセンターで平昌オリンピック広報大使に委嘱した」と明らかにした。

イ・ボミは今後、平昌オリンピック広報のために行われる国内外の主なイベントはもちろん、オンライン広報、広告などの事業に参加するなど、平昌大会のブーム造成に大きく寄与するものと期待される。

イ・ボミは、2007年に韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)にデビューし、2010年にKLPGAツアーで最多勝、賞金王、最小打数賞を獲得して国内舞台で大きな注目を浴びた。昨年JLPGA賞金王を獲得し、2年連続で日本女子プロゴルフ賞金王に輝いたスター選手だ。現在、日本でルックスと実力を兼ね備えた選手として最高の人気を享受している。

イ・ヒボム組織委員長はこの日、委嘱牌を伝達し、「大韓民国を代表するプロゴルファーとして主舞台である日本だけでなく全世界に平昌冬季オリンピックを知らせる事業に最善を尽くしてほしい」と要請した。

イ・ボミ広報大使は「日本で活動しながら、むしろ韓国に対する誇りと愛情がさらに深まった。特に2018平昌大会は韓国で30年ぶりに開かれるオリンピックとして期待が格別だ」とし、「今後、日本で平昌オリンピックへの関心を引き出すよう努力したい」と所感を明らかにした。

組織委員会は最近、ソプラノ歌手チョ・スミ、歌手テヤン、コメディアンのチョン・チャンウに続いて、イ・ボミまで、様々な分野の広報大使を委嘱、五輪ブーム造成に拍車をかけている。
文/李相直記者

 

Pocket

関連する記事はこちら

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

333

韓国現地の携帯レンタルが1日100円で可能。

テレコムスクエアが新プランの提供を開始する。 株式会社テレコムスクエアは、法人登録することで1日100円で利用できる海外用携帯電話のレンタルプランの提供を12月末までの期間限定で開始した。新プランは、現地の携帯電話番号の提出が求められる防疫管理強化国への入国の際に必要となる携帯電…続きを読む

getImage

文化体育観光部、国立文化芸術施設4月19日まで休館を延長

文化体育観光部と文化財庁は、新型コロナの拡散を防ぐために「強化された社会的距離の確保」期間に国立文化芸術施設や屋内文化財観覧施設の休館を4月19日まで延長することとした。 当該施設は国立中央博物館と地方博物館13カ所(慶州・光州・全州・大邱・扶余・公州・晋州・清州・金海・済州・春…続きを読む

熊本地震寄付

韓国旅行業界、熊本地震に慰労寄付金を伝達

 韓国観光公社(社長・鄭昌洙)と韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)は、5月26日(木)に在韓日本大使館を訪問し、昨年4月に日本熊本一帯で発生した地震の被害に対して心からの慰労の意を表し、旅行業界と共同で募金した寄付金1億ウォンを伝達した。 韓国観光公社は、2011年に日本の…続きを読む

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

서울역_공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナルに入居

 空港鉄道は、12月1日に韓国国籍の格安航空会社であるイースター航空とソウル駅都心空港ターミナルの搭乗手続きサービスを提供するための入居契約を締結したと発表した。 今回の契約により、チェックインシステムの構築が完了する12月20日からソウル駅都心空港ターミナルでイースター航空の搭…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02