プロゴルファー・イ・ボミ、平昌オリンピック広報大使委嘱

2017年07月11日
イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

イ・ヒボム組織委員長(左)と広報大使に委嘱されたプロゴルファーイ・ボミ選手

女子プロゴルファーのイ・ボミが平昌オリンピック広報大使として活動する。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会は5月27日、「2年連続で日本女子プロゴルフ(JLPGA)ツアー賞金王となったプロゴルファーのイ・ボミを同日午前、ソウル韓国プレスセンター外信サポートセンターで平昌オリンピック広報大使に委嘱した」と明らかにした。

イ・ボミは今後、平昌オリンピック広報のために行われる国内外の主なイベントはもちろん、オンライン広報、広告などの事業に参加するなど、平昌大会のブーム造成に大きく寄与するものと期待される。

イ・ボミは、2007年に韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)にデビューし、2010年にKLPGAツアーで最多勝、賞金王、最小打数賞を獲得して国内舞台で大きな注目を浴びた。昨年JLPGA賞金王を獲得し、2年連続で日本女子プロゴルフ賞金王に輝いたスター選手だ。現在、日本でルックスと実力を兼ね備えた選手として最高の人気を享受している。

イ・ヒボム組織委員長はこの日、委嘱牌を伝達し、「大韓民国を代表するプロゴルファーとして主舞台である日本だけでなく全世界に平昌冬季オリンピックを知らせる事業に最善を尽くしてほしい」と要請した。

イ・ボミ広報大使は「日本で活動しながら、むしろ韓国に対する誇りと愛情がさらに深まった。特に2018平昌大会は韓国で30年ぶりに開かれるオリンピックとして期待が格別だ」とし、「今後、日本で平昌オリンピックへの関心を引き出すよう努力したい」と所感を明らかにした。

組織委員会は最近、ソプラノ歌手チョ・スミ、歌手テヤン、コメディアンのチョン・チャンウに続いて、イ・ボミまで、様々な分野の広報大使を委嘱、五輪ブーム造成に拍車をかけている。
文/李相直記者

 

Pocket

関連する記事はこちら

엑소_한국관광광고

2018年韓国観光海外広告、EXOが担当

「韓国でこれもやってみた?」がテーマ  文化体育観光部と韓国観光公社は、韓国観光の認知度向上を通じた外国人観光客の誘致拡大のために、外国人個別観光客が興味深く体験できる、それぞれの趣向に合わせたコンテンツを盛り込んだ6つのテーマ、21の広告を制作し、海外広報を行なう。 公社は、デ…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

세계유산_한국의산사_법주사

韓国山寺7ヵ所、ユネスコ世界遺産登録

 ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は6月30日(現地時間)、バーレーンの首都マナーマで開かれた第42回会議で韓国の山寺7ヵ所を世界遺産の文化遺産に登録した。韓国で13番目のユネスコ世界遺産となる。 韓国がユネスコ世界遺産に申請した「山寺、韓国の山地僧院(Sansa、Buddhis…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

スキー・コリア・フェスティバル

韓国観光公社、「スキー・コリア・フェスティバル」開催で平昌冬季オリンピック組成ブーム

来年3月初めまで、観光客4千人余りの参加を展望    韓国観光公社が韓国の冬の魅力と2018平昌冬季オリンピック広報のために「スキー・コリア・フェスティバル(Ski Korea Festival)」イベントを12月から来年3月まで計21回にわたって大々的に開催すると発表…続きを読む

百済テーマプロモーション

忠清南道、百済歴史テーマで日本からの観光客4万人誘致に総力

 忠清南道が今年、日本人観光客4万人誘致を目標に百済歴史の旅コースと、ホームステイコースを開発し、修学旅行団体や個人観光客の誘致を推進する。これは2015年に百済歴史遺跡地区がユネスコ世界遺産に登録されてから百済時代の歴史遺跡が集中している公州・扶余と天安、牙山、泰安地域を中心に…続きを読む

현대백회점면세점_오픈

現代デパートDUTYFREE、貿易センター店公式オープン

 現代百貨店グループが免税店事業に第一歩を踏み出した。現代百貨店グループは11月1日、ソウル江南区三成洞現代デパート貿易センター店に現代デパートDUTY FREE(www.hddfs.com)をオープンした。2016年末に免税店事業権を受けて約2年ぶりだ。 免税店の店舗は、現代百…続きを読む

江原道名誉外信記者団

2016年江原道公式日本語ブログ 「名誉外信記者団」が発足

 2018年冬季オリンピックの舞台として、世界中から注目を集める平昌(ピョンチャン)がある江原道(カンウォンド)。韓国国内では、避暑地として、また大自然が楽しめるヒーリング旅行地として良く知られているものの、日本ではソウルや釜山に比べ知名度が低いのが実情だった。そこで、昨年の下半…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02