仁川国際空港第1旅客ターミナル、4月から改装実施

2018年03月27日

인천공항_1터미널仁川国際空港第1旅客ターミナル(T1)が、4月から大規模な改装工事に入る。仁川空港公社によると、仁川国際空港第1旅客ターミナル出国場全体をリニューアルする大規模な工事が4月から来年初めまで行われる。工事が終わった順に航空会社カウンターも全面再配置する。

今回の改装工事は施設の老朽化とともに、1月に大韓航空とデルタ航空、KLM(オランダ航空)、エールフランスが仁川空港第2旅客ターミナルに移転したことに伴うもの。

当初は2月から工事を開始する予定だったが、平昌冬季オリンピック組織委員会がオリンピック期間出国場に参加者専用出国カウンターを運営しながら改装工事も2月から4月に延期された。

工事の方法は、空港運営上、カウンターAからMまで順次行われる。第1ターミナルでは、合計12のチェックインカウンターを80ヵ所の航空会社が使用している。これを空港のリニューアルが終わった順番に航空会社のチェックインカウンターも再配置する予定だ。

まず第1ターミナルのメインカウンターである東側(A・B・C)のカウンターから工事に入り、工事が終わる9月にアシアナ航空がここに移転する。このほか、済州航空などの格安航空会社(LCC)と外国航空会社のカウンターも工事が終わる来年初めまで順次再配置される。

仁川空港は1月に第2旅客ターミナルがオープン、大韓航空とデルタ航空、KLM(オランダ航空)、エールフランスのスカイチーム(Skyteam)が移転して使用中であり、第1旅客ターミナルは、アシアナ航空が所属している航空同盟体スターアライアンス(Star Alliance)と外国航空会社、格安航空会社(LCC)が従来と同じく使用している。

文/大成直子記

Pocket

関連する記事はこちら

aaaaaaImage7

「旌善フォーラム2020」が成功的に閉幕

– 持続可能な人類の未来の模索、徹底した防疫措置にも注目が集まる 今月8月20日から22日まで、江原道と(社)江原国際会議センターが主催した国際フォーラム「旌善フォーラム2020(JeongSeon Forum 2020)」が徹底された防疫対策の中、3日間の開催を無事…続きを読む

이스타항공_도심공항터미널

イースター航空、ソウル駅都心空港ターミナル利用顧客対象のイベント

6月17日まで、利用顧客対象に日韓往復航空券をプレゼント  韓国国籍の格安航空会社で、東京、大阪、福岡など、日韓両国間の9ヵ路線に就航しているイースター航空が、6月7日までソウル駅都心空港ターミナルを利用する顧客を対象に、日本行き航空券無料当選のチャンスを提供する「スクラッチ宝く…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

水陸両用バス

水陸両用バスに乗って京仁アラベッキルへ

  韓国初の観光水陸両用バスが運行された。アクア観光コリア(株)は、4月水陸両用バスの試験運行を終え、5月15日から水陸両用バス2台を正式に京仁アラベッキルに投入、商業運転を開始した。 仁川西区梧柳洞の西海とソウル江西区の漢江上流の14.2㎞区間をつなぐ人工水路、京仁アラベッキル…続きを読む

청송문화재단_민예촌

青松文化観光財団、韓屋体験宿泊施設「民芸村」を試験運営

  慶尚北道青松郡傘下の青松文化観光財団が運営するプレミアム韓屋体験宿泊施設「民芸村」が6月から8月まで3ヵ月間の試験運用に入ると明らかにした。特に試験運用期間中に宿泊した場合、通常価格から30〜50%の割引を受けられる。  宿泊施設は絶景の自然で人気の高い周王山の観光地(249…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02