仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

2018年03月27日

2터미널_한국전통문화센터 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。

韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西248番ゲート近く)に位置し、すっきりとした韓屋的な空間デザインの東館は「思いやりとコミュニケーションの文字、ハングル」を、西館は「韓国裝身工芸の趣と香り」をテーマに観光客が韓国の伝統文化を体験し、共感できるように作られた。

文化体育観光部側は「仁川空港第1ターミナルに続いて、新たにオープンした第2ターミナルでも韓国の伝統文化を広く知らせることができる空間が準備された。3〜4ヵ月ごとにテーマを変えて、韓国文化の過去、現在、未来を一つの空間で体験することができるコンテンツを継続的にリリースする予定」と述べた。

文/池淑記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

大田市、外国人観光客の誘致インセンティブ支援を拡大

大田市が「2019大田訪問の年」に備え、大田市の観光資源広報や観光産業の活性化を目的として、外国人旅行者誘致のためのインセンティブを拡大支援する。 市は、滞在型観光の活性化のために、外国人団体観光客10人以上が大田で1日以上の宿泊施設、飲食店などの観光施設2ヵ所以上訪問した場合、…続きを読む

歓待キャンペーン

平昌冬季オリンピックに備え親切なゲスト歓迎広告キャンペーン実施

韓国観光公社は2016‐2018韓国訪問の年と2018平昌冬季オリンピックに備えた汎国民おもてなし意識の向上と、江原地域住民の親切なゲスト歓迎の雰囲気拡散のために、年末から本格的な観光客のおもてなしキャンペーンを実施する。 「いつも笑顔の大韓民国‐2018平昌冬季オリンピック、あ…続きを読む

부여연꽃축제

扶余「薯童蓮祭り」7月6日〜15日開催

 忠清南道扶余郡の代表的な夏祭りとして定着した第16回薯童蓮祭りが7月6日から15日まで宮南池で開催される。 今年は「世界を抱いた宮南池、夜も輝く!」というテーマで、伝説の蓮と知られる「大賀ハス」や、夜明けにのみ花を咲かせるスイレン、ピンク色の紅蓮など、1千万輪の蓮の饗宴と薯童蓮…続きを読む

白羊寺

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」

白羊寺を訪れた真っ赤な絨毯、「韓国最高の紅葉の絶景」 全羅南道長城郡に位置する白羊寺双溪楼の紅葉の絶景。内蔵山国立公園にある白岩山白羊寺は、屏風のような白鶴峰と境内のあちこちにあるもみじが調和し、韓国最高のもみじの名所として知られる。特に双溪楼を背景にした紅葉の絶景が白眉とされて…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

ジンエアー

ジンエアー、仁川‐北九州新規就航

 ジンエアーが12月13日に仁川‐北九州路線を新規就航した。仁川‐北九州路線は、既に12月1日就航した釜山‐北九州路線と共に、大韓航空系列のLCC航空会社であるジンエアーが単独で運行する。 ジンエアーの仁川‐北九州路線には、180席規模のB737~800航空機が投入され、週4回(…続きを読む

盧博來・舒川郡守(左)と(株)インターナショナルコミュニケーションの李漢錫・代表理事。

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開

忠南・舒川の銘酒「素麹酒」、国内外に広報展開 素麹酒ソウル広報館オープン、素麹酒ガイドブック制作し、 物産&旅行需要の創出 忠清南道舒川郡の地域特産品である伝統酒「素麹酒」が今年の下半期、韓国国内および日本市場を対象にした大々的なブランドのプロモーション活動を開始する。日韓地域広…続きを読む

아시아나항공_이수민

アシアナ航空、新人俳優「イ・スミン」専属モデルに抜擢

 アシアナ航空が新しい専属モデルに新人俳優イ・スミン(17)を抜擢、2年間の専属モデル契約を締結したと発表した。 歴代アシアナ航空専属モデルのうちで最年少で選ばれたイ・スミンは、東洋的な顔と新鮮なイメージが強みの俳優だ。2014年にEBS教養番組「ポニハニ」の司会者として活動しな…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02