仁川空港第2ターミナル、来年1月18日にオープン

2018年01月03日

인천공항_제2여객터미널 仁川国際空港第2旅客ターミナルが1月18日にオープンする。韓国政府国土交通省と仁川国際空港公社は「平昌冬季オリンピックを約3週間後に控えた来年1月18日、仁川空港第2旅客ターミナルを公式オープンすることを決定した」と明らかにした。

平昌冬季オリンピックは2018年2月9日に開幕し、オリンピック選手村は1月30日オープンする。そのため、国土部は現地適応のために早期入国する選手や大会関係者が利用できるように第2旅客ターミナルのオープン日を決定した。

年間旅客1800万人を処理することができる第2旅客ターミナルは、チェックイン、セキュリティチェック、税関検査、検疫、搭乗など出入国のためのすべての手続きが第1旅客ターミナルとは別途に行われる独立したターミナルだ。

第2ターミナルには大韓航空と米国のデルタ、エールフランス航空、KLMオランダの4ヵ航空会社が入り、アシアナ航空をはじめとするその他の航空会社は第1旅客ターミナルに残る。
第2ターミナルの開場によって、仁川空港は年間7200万人の乗客と500万トンの貨物を処理することができるようになる。特に出入国待機スペースの拡大、自動搭乗券発行などの無人自動化サービスの拡大、乗り換え施設を隣接して配置した乗り換えクラスター造成などにより、出入国と乗り換えがより速く、より便利になる見通しだ。

バス・鉄道待合室を第2交通センターに統合配置することで公共交通機関の利用がいっそう便利になり、交通センターと旅客ターミナル間の移動距離を59mにし、第1旅客ターミナル(223m)に比べて大幅に短縮した。

案内ロボット、双方向の情報案内が可能なフライト情報表出システム(FIDS)など、様々なスマート技術によって旅客案内を強化し、最新型の円形のセキュリティ検索機を導入して航空のセキュリティを強化したのも特徴だ。

スリーピングボックス、スポーツおよびゲーム空間などの乗り換えアメニティ、滑走路や航空機を眺望できる展望台、地下1階から地上3階まで吹き抜けとなった常設文化空間「グレートホール」、メディアウォールと室内・外の大規模な造園などは、仁川空港第2旅客ターミナルだけの差別化された体験を提供する予定だ。

第2ターミナルの建設は仁川空港の3段階の建設事業の一環で2013年から開始し、510万人の労働者と87万台の機器が動員されて工事を行った末に9月末に完成した。

一方、仁川空港公社側は旅行者がターミナルを間違えることがないように注意を呼びかけた。航空券Eチケットで航空会社別のターミナルを事前に確認することが重要だ。それでもターミナルを間違えた乗客や送迎客のために、ターミナル間を行き来する無料シャトルバスも運営する。シャトルバスは5分間隔で運行する。所要時間は、第1ターミナルから第2ターミナルまでは約15分(距離15㎞)、逆に行く時には、約18分(18㎞)と違いがある。搭乗場所は、第1ターミナル3階の出国場の8番出入り口の前と、第2ターミナル3階の4、5番出入り口だ。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

산청동의보감촌

慶尚南道、アンチエイジング・ウェルネスプログラムで日本人観光客誘致

 慶尚南道がアンチエイジング・ウェルネス観光コンテンツをベースにした日本人観光客観光プログラムを通して、5月20日から23日まで日本人観光客の団体40人を誘致し、本格的なアンチエイジング・ウェルネス観光の活性化に乗り出す。 韓国旅行の専門家であり、日本の人気女優の黒田福美さんと4…続きを読む

발행인_이한석-s

〈발행인 신년사〉 2017년은 일본인관광객 유치 확대의 원년

발행인 신년사   “2017년은 일본인관광객 유치 확대의 원년, 한국여행의 새로운 즐거움 지면 통해 전하고파”   코리아트래블 신문 발행인 이한석   한국여행의 새로운 매력을 발견하고 방한 일본인관광객의 관광패턴을 전국의 지…続きを読む

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

서브01_전철여행3선(인천개항장)

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選

1,150ウォンの切符1枚で行く地下鉄・電車の旅3選 韓国にも「灯台もと暗し」ということわざがある。探しているものが目の前にあるのに、遠くばかりを探す愚を諭した言葉だ。これは韓国旅行にも当てはまる。本当に価値ある旅行地に安くて便利な地下鉄や電車に乗って訪ねることができるのに、ぶ厚…続きを読む

ロッテワールド「フライベンチャー」

ロッテワールドに「フライベンチャー」オープン

モーションライドシステム導入した超大型フライトシミュレーションアトラクション  スーパーマンのように空を飛びたいという夢、誰もが一度は想像したのではないだろうか。ソウルにある最大のテーマパークであるロッテワールドアドベンチャーが、12月23日、空を飛ぶ夢を実現してくれる超大型野心…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

창원방문의해

「2018昌原訪問の年」開幕

 2018年「昌原訪問の年」が開かれた。慶南昌原市が1月2日、昌原訪問の年成功祈願塔除幕を皮切りに、観光客誘致拡大のための「2018昌原訪問の年」事業を始動した。 昌原市は今年、国内外の観光客1千500万人の訪問という目標を立てた。2016年の昌原市訪問者1千95万人より37%ほ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02