仁川空港第2ターミナル、来年1月18日にオープン

2018年01月03日

인천공항_제2여객터미널 仁川国際空港第2旅客ターミナルが1月18日にオープンする。韓国政府国土交通省と仁川国際空港公社は「平昌冬季オリンピックを約3週間後に控えた来年1月18日、仁川空港第2旅客ターミナルを公式オープンすることを決定した」と明らかにした。

平昌冬季オリンピックは2018年2月9日に開幕し、オリンピック選手村は1月30日オープンする。そのため、国土部は現地適応のために早期入国する選手や大会関係者が利用できるように第2旅客ターミナルのオープン日を決定した。

年間旅客1800万人を処理することができる第2旅客ターミナルは、チェックイン、セキュリティチェック、税関検査、検疫、搭乗など出入国のためのすべての手続きが第1旅客ターミナルとは別途に行われる独立したターミナルだ。

第2ターミナルには大韓航空と米国のデルタ、エールフランス航空、KLMオランダの4ヵ航空会社が入り、アシアナ航空をはじめとするその他の航空会社は第1旅客ターミナルに残る。
第2ターミナルの開場によって、仁川空港は年間7200万人の乗客と500万トンの貨物を処理することができるようになる。特に出入国待機スペースの拡大、自動搭乗券発行などの無人自動化サービスの拡大、乗り換え施設を隣接して配置した乗り換えクラスター造成などにより、出入国と乗り換えがより速く、より便利になる見通しだ。

バス・鉄道待合室を第2交通センターに統合配置することで公共交通機関の利用がいっそう便利になり、交通センターと旅客ターミナル間の移動距離を59mにし、第1旅客ターミナル(223m)に比べて大幅に短縮した。

案内ロボット、双方向の情報案内が可能なフライト情報表出システム(FIDS)など、様々なスマート技術によって旅客案内を強化し、最新型の円形のセキュリティ検索機を導入して航空のセキュリティを強化したのも特徴だ。

スリーピングボックス、スポーツおよびゲーム空間などの乗り換えアメニティ、滑走路や航空機を眺望できる展望台、地下1階から地上3階まで吹き抜けとなった常設文化空間「グレートホール」、メディアウォールと室内・外の大規模な造園などは、仁川空港第2旅客ターミナルだけの差別化された体験を提供する予定だ。

第2ターミナルの建設は仁川空港の3段階の建設事業の一環で2013年から開始し、510万人の労働者と87万台の機器が動員されて工事を行った末に9月末に完成した。

一方、仁川空港公社側は旅行者がターミナルを間違えることがないように注意を呼びかけた。航空券Eチケットで航空会社別のターミナルを事前に確認することが重要だ。それでもターミナルを間違えた乗客や送迎客のために、ターミナル間を行き来する無料シャトルバスも運営する。シャトルバスは5分間隔で運行する。所要時間は、第1ターミナルから第2ターミナルまでは約15分(距離15㎞)、逆に行く時には、約18分(18㎞)と違いがある。搭乗場所は、第1ターミナル3階の出国場の8番出入り口の前と、第2ターミナル3階の4、5番出入り口だ。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

nothumbnail

コレール、ソウル駅乗り換え通路に荷物コンベアベルト設置

鉄道‐地下鉄間の乗り換え通路に韓国初導入   コレールがソウル駅の「鉄道‐地下鉄(1・4号線)の間の乗り換え通路」に荷物専用の電動コンベアベルトを設置し、乗客の荷物を楽に移動することができるように改善したと発表した。 列車利用客乗り換え通路に荷物を運ぶコンベアが設置され…続きを読む

tway

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航 大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶ…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

수원관광_앱

水原市の観光情報、「水原観光」モバイルアプリで手軽に

 水原市観光に関する情報が集められた日本語対応のモバイルアプリケーション「水原観光」が1月5日にリリースされた。「水原観光」アプリは、水原を初めて訪れる人にもアプリがあれば手軽に観光できるように、水原市の観光情報がわかりやすく整理されたもの。アプリには、▲水原観光▲祭り&公演▲水…続きを読む

lovelybuyeo

扶余観光「4色シティツアー」運行

 世界文化遺産百済遺跡地区の中心都市である忠南扶余郡が4つのテーマの2017年度の新規シティツアーバス商品である「4色シティツアー」の正式運行に入った。 シティツアーは、文化観光解説士の深みのある解説と共にユネスコ世界遺産である百済歴史遺跡地区と扶余の観光名所を体験する4つのコー…続きを読む

디스커버패스_서울플러스판

外国人観光客専用「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」発売

南怡島・エバーランド・松島セントラルパークなど 観光地96ヵ所をカード一枚で利用  ソウルを訪れた外国人観光客がカード一枚で京畿・仁川まで合計96ヵ所の観光地を利用できる外国人専用観光パス「ディスカバーソウルパス・ソウルプラスエディション」が発売される。 「ディスカバーソウルパス…続きを読む

청주국제공항_에어로K

清州国際空港、韓国観光の新関門に

清州空港を拠点とするLCC「エアロK」発足可視化    清州国際空港を拠点とした格安航空会社「エアロK」が離陸準備をしている。来年4月に済州路線に就航した後、日本など国外路線を拡大していく計画だ。 エアロKは6月29日、忠北道庁で記者会見を開き、「清州空港は中部圏の核心…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02