仁川空港第2ターミナル、来年1月18日にオープン

2018年01月03日

인천공항_제2여객터미널 仁川国際空港第2旅客ターミナルが1月18日にオープンする。韓国政府国土交通省と仁川国際空港公社は「平昌冬季オリンピックを約3週間後に控えた来年1月18日、仁川空港第2旅客ターミナルを公式オープンすることを決定した」と明らかにした。

平昌冬季オリンピックは2018年2月9日に開幕し、オリンピック選手村は1月30日オープンする。そのため、国土部は現地適応のために早期入国する選手や大会関係者が利用できるように第2旅客ターミナルのオープン日を決定した。

年間旅客1800万人を処理することができる第2旅客ターミナルは、チェックイン、セキュリティチェック、税関検査、検疫、搭乗など出入国のためのすべての手続きが第1旅客ターミナルとは別途に行われる独立したターミナルだ。

第2ターミナルには大韓航空と米国のデルタ、エールフランス航空、KLMオランダの4ヵ航空会社が入り、アシアナ航空をはじめとするその他の航空会社は第1旅客ターミナルに残る。
第2ターミナルの開場によって、仁川空港は年間7200万人の乗客と500万トンの貨物を処理することができるようになる。特に出入国待機スペースの拡大、自動搭乗券発行などの無人自動化サービスの拡大、乗り換え施設を隣接して配置した乗り換えクラスター造成などにより、出入国と乗り換えがより速く、より便利になる見通しだ。

バス・鉄道待合室を第2交通センターに統合配置することで公共交通機関の利用がいっそう便利になり、交通センターと旅客ターミナル間の移動距離を59mにし、第1旅客ターミナル(223m)に比べて大幅に短縮した。

案内ロボット、双方向の情報案内が可能なフライト情報表出システム(FIDS)など、様々なスマート技術によって旅客案内を強化し、最新型の円形のセキュリティ検索機を導入して航空のセキュリティを強化したのも特徴だ。

スリーピングボックス、スポーツおよびゲーム空間などの乗り換えアメニティ、滑走路や航空機を眺望できる展望台、地下1階から地上3階まで吹き抜けとなった常設文化空間「グレートホール」、メディアウォールと室内・外の大規模な造園などは、仁川空港第2旅客ターミナルだけの差別化された体験を提供する予定だ。

第2ターミナルの建設は仁川空港の3段階の建設事業の一環で2013年から開始し、510万人の労働者と87万台の機器が動員されて工事を行った末に9月末に完成した。

一方、仁川空港公社側は旅行者がターミナルを間違えることがないように注意を呼びかけた。航空券Eチケットで航空会社別のターミナルを事前に確認することが重要だ。それでもターミナルを間違えた乗客や送迎客のために、ターミナル間を行き来する無料シャトルバスも運営する。シャトルバスは5分間隔で運行する。所要時間は、第1ターミナルから第2ターミナルまでは約15分(距離15㎞)、逆に行く時には、約18分(18㎞)と違いがある。搭乗場所は、第1ターミナル3階の出国場の8番出入り口の前と、第2ターミナル3階の4、5番出入り口だ。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

코리아그랜드세일2019

外国人対象「コリアグランドセール」来年1月17日に開催決定

2月28日まで開催、航空・宿泊などの観光プロモーション実施  (財)韓国訪問委員会は、来年1月17日から2月28日まで「2019コリアグランドセール(Korea Grand Sale)」を開催すると発表した。コリアグランドセールは、ショッピング、観光、韓流など韓国の魅力的なコンテ…続きを読む

경부선_ITX

5月から龍山‐大田区間もITX‐青春利用

新道林・鷺梁津駅も停車、5月1日から1日に12回運行    コレールが、5月1日(月)から京釜龍山(ヨンサン)‐大田(テジョン)区間にIXT‐青春の運行を開始した。運行回数は平日基準1日12回運行(片道6回)で、龍山駅から大田駅までの平均運行時間は1時間55分。この列車…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

nothumbnail

訪韓日本市場回復加速のためのバイラルマーケティング強化

韓国観光公社は4月15日(土)、ソウルキャピタルホテルで「第5期在韓日本人ネットワーク」SNS記者団発足式を開催し、回復に入った訪韓日本市場拡大のために、本格的なバイラルマーケティングに取り組むことを明らかにした。 「在韓日本人ネットワーク」SNS記者団は、韓国在住の日本人の中で…続きを読む

티웨이_대구구마모토

ティーウェイ航空、大邱‐熊本新規就航

 韓国国籍の格安航空会社であるティーウェイ航空が大邱‐熊本路線を11月下旬から新規就航する。大邱 ‐熊本路線は11月29日から週3回(火、木、土)運航し、詳細スケジュールは大邱を午後2時15分に出発して午後3時15分に熊本に到着し、熊本発の便は午後4時15分に出発して5時15分に…続きを読む

nothumbnail

BOYS AND MEN、江原道観光広報大使に

江原道は2月19日、平昌にある静江園(韓国の伝統料理文化体験館)にて日本の人気アイドルグループ「BOYS AND MEN」を江原道観光広報大使に委嘱した。今回の観光広報大使委嘱は2016年オリコン週間シングルチャートとビルボード・ジャパンホット100チャート1位を占めるなど、日本…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02