仁川観光公社、仁川シティツアーを改編、「日本語案内に無料Wi‐Fiもサービス」

2018年03月27日

仁川空港第2旅客ターミナル、沿岸埠頭バス停の新設などリニューアル

 

인천시티투어_개편 本格的な春を迎え、仁川観光公社が今月からシティツアー路線を全面改編、仁川を訪れる国内外の観光客の利便性と満足度を一層高める。

仁川観光公社によると、既存の松島〜月尾・開港場を循環する「島ライン」コースは、「ハーバーライン」に名称を変更し、主要観光地(沿岸旅客ターミナル、仁川総合魚市場、新浦国際市場)の停留所を追加した。「ハーバーライン」は、配車間隔30分で1日14回運営する。

都心(松島〜蘇莱浦口〜富平〜九月)を循環する「シティライン」は、運行回数を1日2回から7回に増やし利便性を大幅に改善した。公社はシティツアー路線乗り換えが可能な点を考えると相乗効果が大きいと期待している。

松島と永宗をつなぐ「海ライン」は、今回の改編により、仁川国際空港第2ターミナルを経由するようになり、空港を利用する内・外国人観光客と乗り換え客がより便利に仁川旅行ができるようになった。「海ライン」は、配車間隔1時間、1日9回運行する。

利用料金も利用者がカスタマイズできるかたちに改善した。ハーバーラインとシティラインの利用客は大人5千ウォン、海ラインの利用客は1万ウォンだが、統合券(1万ウォン)を購入すれば、3つの路線をすべて利用でき、さらに経済的だ。この他にも、既存の団体割引(10人以上20%割引)のほか、早朝券(路線別1回目)、半日券(午後3時以降)が新設され、利用目的に合わせてお得なチケット購入が可能だ。

シティツアーバスも最新型2階建てバスを導入し、利用上のサービスも大幅に改善した。既存の韓国人観光客中心のサービスから抜け出し、日本語を含む5ヵ国語の案内放送サービスを提供し、新型2階建てバスに限り車内無料Wi‐Fiも提供する。

チケットの購入および搭乗方式も簡素化した。チケットは仁川駅観光案内所と仁川総合観光案内所(セントラルパーク駅)で現金かクレジットカードで購入でき、チケットを買えなくてもバスに乗った後に運転手を通してクレジットカード決済することができるようになった。

仁川観光公社側は「2階建てバスの導入を契機に路線を拡大し、サービスを全面改編した。特に、仁川シティツアー海ラインコースの場合、仁川空港第2ターミナルまで経由するようにルートを調整し、仁川空港を通じて韓国を訪れる外国人観光客がより便利に仁川シティツアーを楽しむことができるように配慮した」とし、「今後、2018年の観光都市である仁川広域市江華郡のシティツアー路線もまもなく発表し、仁川地域ツアーの活性化に努力する」と述べた。

一方、仁川シティツアーの利用客は2016年度基準1万4422人、2017年度は2万9585人で、205%の大幅な増加を見せている。

仁川シティツアーの詳細についてはシティツアー案内電話(032-772-3509)または仁川シティツアーホームページ(http://incheoncitytour.com)、仁川の各観光案内所で確認できる。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

경기관광공사_EG셔틀

京畿道、外国人専用のEGシャトルバス新規コース運行

 京畿道と京畿観光公社が外国人観光客向けのシャトルバスの「EGシャトル」の新規コースを3月15日から運行開始した。EGシャトルは、ソウルに約80%以上集中している訪韓外国人の個人自由旅行を京畿道に誘致するために、昨年から道と公社がローンチした外国人観光客向けのシャトルバス。 正式…続きを読む

장근석_성화봉송

チャン・グンソク、江原道春川での聖火リレー「五輪成功開催祈願」

 「2018平昌冬季オリンピック」、「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使チャン・グンソクが聖火リレーの江原道春川区間のラストを飾った。 1月29日、江原道春川で開かれた「2018平昌冬季オリンピック」聖火リレー行事に参加したチャン・グンソクは、江原道庁一帯…続きを読む

李羲道処長

〈インタビュー〉慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長

「韓国の歴史と文化の精髄あふれる 慶尚北道へようこそ」   慶尚北道観光公社マーケティング事業処・李羲道処長    韓国東南部に位置する慶尚北道は、韓国内でも最も魅力的な観光地に数えられる土地。四季の美しい魅力を誇る自然をはじめ、慶州と安東に代表される歴史遺産…続きを読む

nothumbnail

韓国政府、「MERS心配無用」 韓国観光安全対策を準備、施行へ

韓国政府文化体育観光部(長官・金鍾德)が中東呼吸器症候群(以下、MERS)の発生による訪韓観光市場の萎縮に備え「訪韓外国人観光市場対応法案」を発表し、本格的な対応に入った。 今回の対策は、MERS事態が継続しながら訪韓キャンセル及び延期などにより、外国人観光客が減少している中、韓…続きを読む

Print

2018 江原道 PyeongChang Olympic Winter Games

  オリンピックまで あと1年となりました オリンピック(Olympic) 2018.2.9 – 2.25 (17days) パラリンピック (Paralympic) 2018.3.9 – 3.18 (10days) 実際に行われるオリンピック施…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

평창_공식앱

2018平昌オリンピック公式モバイルアプリ、日本語の更新

 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、大会を控えて公式モバイルアプリをオリンピックモードに更新した。公式アプリは、昨年11月1日「聖火リレーモード」のバージョンでローンチされ、アップデートを経て、1月29日には試合のスケジュール、競技場紹介などに加え、試…続きを読む

에어서울_롯데연계프로모션

エアソウル、ロッテワールドタワー連携旅行商品企画

 アシアナ航空系列の格安航空会社(LCC)エアソウルが、ソウルロッテワールドタワーの公式オープンに伴い、日本の旅行客の誘致に乗り出す。 エアソウルは現在就航中の各日本就航地の旅行会社と協力してロッテワールドタワーを活用した多彩な観光特価商品を構成した。広島‐仁川路線では、エアソウ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02