今年の観光都市選定3都市、国内外の観光客誘致始動

2019年03月25日

「2019年韓国旅行、康津・安山・蔚山市中区に来てください!」

2019_올해의관광도시 「2019年度今年の観光都市」に選定された全羅南道・康津郡、京畿道・安山市、蔚山広域市中区の3都市が、本格的な国内外の観光客を迎える準備に入った。

「今年の観光都市」事業は、韓国政府が毎年、観光の可能性がある基礎自治体を選定して、3年間で最大国費25億ウォンを支援し、地域観光産業を育成する政策だ。

まず、全羅南道・康津郡は、2017年康津訪問の年の独自の事業を皮切りに、2019年今年の観光都市に至るまで、3年連続しての観光事業を進めてきただけに、観光の誘致拡大を確信している。

康津郡は昨年、康津湾葦の林に生態の道を造成し、観光インフラを重点構築したのはもちろん、駕牛島吊り橋と連携して青磁展望台と約1㎞に及ぶ海上下降体験施設ジップトラックまで完成して、自然&アウトドア観光地としてのインフラを構築しただけでなく、康津湾生態公園周辺に様々な生態体験館、学習館、レジャー施設などを追加推進し、国内外の観光客を康津に呼び集める計画である。

特に、康津郡は2019年今年の観光都市の成功開催のために、指定飲食店も運営する。レストラン490ヵ所のうち、優秀な店20ヵ所を選定して、康津を訪れる観光客に最高レベルの快適さを提供する計画だ。指定飲食店は7月から運営される。

ソウルから1時間の距離に位置する京畿道・安山市は、2019年今年の観光都市事業を通じて、既存の産業都市のイメージから脱皮し、観光都市としてのイメージ変身を図る。

安山市は西海岸の干潟、塩田、ガラス工芸、紙工芸、陶芸、乗馬、ヨット、生態トレッキングなど、ユニークな体験をすることができる豊富な生態資源を保有して、観光都市として発展することができる高い可能性を秘めており、特に、安山市の代表的な生態観光地である大阜島を中心に、ウォーキングコースである「大阜ヘソル道」、150種20万羽の渡り鳥を観察することができる「大松湿地」、西海岸の美しい夕日と大阜島の秘境を鑑賞できる「九峰島夕日展望台」、海が割れる神秘的な現象を鑑賞できる「炭島海の道」、首都圏最大規模の「安山葦湿地公園」などを重点広報し、首都圏から簡単に訪ねられる海洋生態観光都市を前面広報する。

蔚山広域市中区は、公式キャラクターである「蔚山クネギ」を活用した「蔚山クネギと一緒に行く面白い中区の旅」をコンセプトに、計4ヵ分野11の細部事業を通じて観光客を迎える計画だ。
元都心一円にオブジェと公共施設を芸術化したアートオブジェを設置し、昨年実施した小確幸プログラム、ルーフトップ「The画廊」事業を拡大運営する。また、「蔚山クネギ観光資源化プロジェクト」の一環でレトロ写真館を運営して、元都心を訪れた観光客がレトロな衣装を着て路地のあちこちを巡り、過去に旅立つ体験プログラムも運営する。

この他にも大衆的な人気の高い蔚山クネギのキャラクターコラボデザイン商品を発掘・製作して販売し、昨年3回行われた蔚山クネギ・セミミュージカルを8回に拡大して、蔚山広域市中区を訪れる観光客に見どころも提供する。

今年の観光都市の詳細なイベントや旅行情報は、康津郡(http://www.gangjin.go.kr/culture)、安山市(https://tourinfo.iansan.net)、蔚山中区(http://www.junggu.ulsan.kr/tour)の各都市別観光公式ホームページを通じて確認できる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

코레일라운지

コレール、メンバーシップラウンジをリニューアル

一人席、列車運行表示モニターなど、アメニティが大幅に拡充  コレールは、顧客を中心に設備を拡張した新しいメンバーシップラウンジをオープンした。コレールは2月に行われたメンバーシップラウンジリニューアル工事を終え、全国の5駅(ソウル・龍山・大田・東大邱・釜山)のメンバーシップラウン…続きを読む

 7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終通過し、歓呼する韓国代表団(左から宋河珍・全羅北道知事、羅善華・韓国文化財庁長、安熙正・忠清南道知事、羅卿瑗・外交統一委員会委員長)。韓国は今回の百済歴史遺跡地区がユネスコの世界遺産登録確定したことにより、12番目のユネスコ世界遺産を持つこととなった。(写真提供:忠清南道庁)

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録

百済歴史遺跡地区、ユネスコ世界遺産登録 第39回ユネスコ世界遺産委員会で登録審査を最終通過 公州・扶餘・益山の百済歴史遺跡地区が、最終的に世界遺産リストに名を連ねた。7月4日、ドイツのボンで開かれた第39回ユネスコ世界遺産委員会(WHC)で百済歴史遺跡地区が世界遺産登録審査を最終…続きを読む

今年の-光都市

2019年の観光都市「康津郡・安山市・蔚山市中区へようこそ」

 韓国政府文化体育観光部を通して2019年度の「今年の観光都市」に選ばれた康津(カンジン)郡・安山(アンサン)市・蔚山(ウルサン)市中区の3ヵ自治体が本格的な国内外の観光客の歓迎に入る。 全羅南道康津郡は駕牛島(カウド)、美港・馬良(マリャン)港などの海洋観光と朝鮮時代の丁若鏞(…続きを読む

에듀팜_관광특구

忠清北道初の観光特別地区、曽坪エデュファーム、オープン

ゴルフ場、リュージュトラック、水上レジャー施設オープン、 コンドミニアムは下半期開場  忠清北道曽坪郡(チュンピョングン)所在エデュファーム観光特別地区内に公共ゴルフ場などの娯楽施設が14日オープンして、公式の営業に入った。 運営会社である韓国農漁村公社と㈱ブラックストーン・エデ…続きを読む

강원도_장근석_홍보대사

チャン・グンソク、平昌オリンピック・江原道広報大使委嘱

オリンピックと江原観光広報特別CF撮影、 聖火リレー走者としても参加  俳優チャン・グンソクが「2018平昌冬季オリンピック」・「2018平昌冬季パラリンピック」および「江原道」の広報大使に抜擢された。委嘱式は12月8日に江原道庁で行われた。 広報大使に抜擢された彼は、委嘱式を皮…続きを読む

티웨이_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州 – 大阪路線就航、日本人観光客呼ぶ

 韓国格安航空会社で日韓路線に多数就航しているティーウェイ航空が済州‐大阪間の定期路線を6月30日に開設し、正式運航に入った。済州を訪れる日本人観光客が大幅に減少して低迷局面が続く中で、格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空が済州‐大阪路線に就航し、日本市場の攻略に再び活力を吹き…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

東横イン大邱

ビジネスホテルチェーン「東横イン」、大邱に2店オープン

 日本のビジネスホテルチェーンである東横インが、大邱に2つの支店を設立する。東横インが380億ウォンをかけて大邱最大の繁華街である中区東城路と東大邱駅の近くに支店を建てる。215室規模の東城路店(写真)はヤングスクエアの建物を賃借して来年オープンし、東大邱駅複合乗換センターの近く…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02