今年の観光都市選定3都市、国内外の観光客誘致始動

2019年03月25日

「2019年韓国旅行、康津・安山・蔚山市中区に来てください!」

2019_올해의관광도시 「2019年度今年の観光都市」に選定された全羅南道・康津郡、京畿道・安山市、蔚山広域市中区の3都市が、本格的な国内外の観光客を迎える準備に入った。

「今年の観光都市」事業は、韓国政府が毎年、観光の可能性がある基礎自治体を選定して、3年間で最大国費25億ウォンを支援し、地域観光産業を育成する政策だ。

まず、全羅南道・康津郡は、2017年康津訪問の年の独自の事業を皮切りに、2019年今年の観光都市に至るまで、3年連続しての観光事業を進めてきただけに、観光の誘致拡大を確信している。

康津郡は昨年、康津湾葦の林に生態の道を造成し、観光インフラを重点構築したのはもちろん、駕牛島吊り橋と連携して青磁展望台と約1㎞に及ぶ海上下降体験施設ジップトラックまで完成して、自然&アウトドア観光地としてのインフラを構築しただけでなく、康津湾生態公園周辺に様々な生態体験館、学習館、レジャー施設などを追加推進し、国内外の観光客を康津に呼び集める計画である。

特に、康津郡は2019年今年の観光都市の成功開催のために、指定飲食店も運営する。レストラン490ヵ所のうち、優秀な店20ヵ所を選定して、康津を訪れる観光客に最高レベルの快適さを提供する計画だ。指定飲食店は7月から運営される。

ソウルから1時間の距離に位置する京畿道・安山市は、2019年今年の観光都市事業を通じて、既存の産業都市のイメージから脱皮し、観光都市としてのイメージ変身を図る。

安山市は西海岸の干潟、塩田、ガラス工芸、紙工芸、陶芸、乗馬、ヨット、生態トレッキングなど、ユニークな体験をすることができる豊富な生態資源を保有して、観光都市として発展することができる高い可能性を秘めており、特に、安山市の代表的な生態観光地である大阜島を中心に、ウォーキングコースである「大阜ヘソル道」、150種20万羽の渡り鳥を観察することができる「大松湿地」、西海岸の美しい夕日と大阜島の秘境を鑑賞できる「九峰島夕日展望台」、海が割れる神秘的な現象を鑑賞できる「炭島海の道」、首都圏最大規模の「安山葦湿地公園」などを重点広報し、首都圏から簡単に訪ねられる海洋生態観光都市を前面広報する。

蔚山広域市中区は、公式キャラクターである「蔚山クネギ」を活用した「蔚山クネギと一緒に行く面白い中区の旅」をコンセプトに、計4ヵ分野11の細部事業を通じて観光客を迎える計画だ。
元都心一円にオブジェと公共施設を芸術化したアートオブジェを設置し、昨年実施した小確幸プログラム、ルーフトップ「The画廊」事業を拡大運営する。また、「蔚山クネギ観光資源化プロジェクト」の一環でレトロ写真館を運営して、元都心を訪れた観光客がレトロな衣装を着て路地のあちこちを巡り、過去に旅立つ体験プログラムも運営する。

この他にも大衆的な人気の高い蔚山クネギのキャラクターコラボデザイン商品を発掘・製作して販売し、昨年3回行われた蔚山クネギ・セミミュージカルを8回に拡大して、蔚山広域市中区を訪れる観光客に見どころも提供する。

今年の観光都市の詳細なイベントや旅行情報は、康津郡(http://www.gangjin.go.kr/culture)、安山市(https://tourinfo.iansan.net)、蔚山中区(http://www.junggu.ulsan.kr/tour)の各都市別観光公式ホームページを通じて確認できる。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

녹색나라체험사진공모전

2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付  韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。  公募展は、韓国内の農村体験学習のブームア…続きを読む

티웨이_제주_오사카_취항

ティーウェイ航空、済州‐日本に新規路線

 済州と大阪を行き来する新規の空の道が開かれる。済州特別自治道は6月30日から、格安航空会社ティーウェイ航空が済州と大阪を行き来する直行便を就航する予定であると16日に明らかにした。 ティーウェイ航空は、済州‐大阪路線を毎日就航することに決定し、今月中にホームページに運賃を告知し…続きを読む

강원도_기가와이파이

江原道内の主要な観光地に 無料のWi-Fiゾーン構築

江原道の観光地に無料のWi‐Fiゾーンが構築される。韓国観光公社は、31日、江原道と通信キャリアであるKTとLGテレコムと業務協約を結び、今年中に江原道の名所150ヵ所に無料Wi‐Fiゾーンを構築すると明らかにした。今回の協約は東アジア圏の観光客の増加と2018平昌冬季オリンピッ…続きを読む

nothumbnail

羽田空港内に「平昌オリンピックと韓国観光広報館」運営

今年5月18日から東京羽田空港に2018年平昌冬季オリンピック成功開催のための韓国観光広報館(以下、韓国観光広報館)が設置・運営する。 韓国観光公社は3日(月)、江原道・韓国空港公社・2018平昌オリンピック組織委員会・韓国訪問委員会と5者間の業務協約を締結し、5月18日から2ヵ…続きを読む

空港鉄道

AREX空港鉄道、直通列車に多言語無料Wi-Fi導入

 利用キャリアに関係なく国内外の観光客誰もが無線インターネットに接続できる無料Wi-Fiサービスが、首都圏の地下鉄では初めてAREX空港鉄道直通列車で提供される。 空港鉄道は、直通列車のサービス強化の一環として、誰でも利用できる多言語Wi-Fi設備を車内に構築し、3月18日から本…続きを読む

欲張り釜山キャンペーン

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で 九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施    韓国観光公社福岡支社は、福岡‐釜山間の航路路線の活性化と訪韓観光誘致拡大のために、代表的な定期路線であるJR九州の「ビートル」、「ニューかめりあ」と共同で、12月27日まで「欲張り釜山キ…続きを読む

전북순환관광

「全北主要観光地を一度に」循環観光バス始動

 全羅北道はシティツアー旅行商品として脚光を浴びている「全北循環観光バス」の運行を開始した。循環観光バスは、今年末まで毎週末に全州韓屋村とセマングム防潮堤、益山弥勒寺址、南原広寒楼など、全北地域14の市・郡を連携して、日帰りまたは1泊2日コースで一度に訪ねることができる観光商品だ…続きを読む

KATA_회장_취임식

韓国旅行業協会第10代オ・チャンフィ会長就任

韓国内の旅行業界を総括する団体である韓国旅行業協会(KATA)の第10代会長にオ・チャンフィ・セバン旅行社代表が公式就任した。 3月6日、ソウル・プレジデントホテルで開催された役員の就任式に参加したオ・チャンフィ新会長は「任期初年度を旅行業界和合と相生の元年に定め、インバウンド市…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02