仏教文化事業団、 東京・関西でテンプルステイを広報

2017年03月09日

法念院 韓国仏教文化事業団は、2月7日から10日、東京・大阪・京都各地の観光・文化関係者や主要寺院を訪問、韓国仏教テーマツアーを広報した。

東京では、韓国観光公社東京支社、駐日韓国大使館韓国文化院、三進トラベル(旅行社)、クラブツーリズム(旅行社)、仏教タイムス(新聞社)を訪問した。特に、韓国文化院では、イベントスペースを使って韓国仏教文化のPRについて意見交換を行った。また、大阪・京都では、駐大阪大韓民国総領事館、駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院、京都仏教会(聖護院)、ピース観光(旅行社)、法然院、在日本大韓民国民団大阪府地方本部を訪れた。

今回訪日プロモーション団の団長として訪日した韓国仏教文化事業団事業部・文化事業局長の梵鍾(ポムジョン)僧侶は、「韓国テンプルステイ事業は、2002年日韓共同ワールドカップの時に、韓国での観光宿泊施設不足に対する解決法として始まった、韓国の伝統文化を伝える最も韓国らしい文化体験だ。韓国寺院内にテンプルステイ施設を設け、最初の宿泊人数は、年間2千人であったが、昨年2016年は、20万人が宿泊する事業として、韓国のみならず、海外からも注目を浴びている。日本でもヒーリング旅行、ウェルネス旅行などがブームの中、韓国のテンプルステイを多くの日本人に体験して欲しいと思い訪日プロモーションに訪れた」と今回の目的を説明した。

韓国仏教文化事業団は海外向けの33観音聖地巡礼事業をはじめ、日本・中華圏マーケティング活動やコンテンツの開発、テンプルステイ事業の運営サポート、国内外の広報マーケティング、精進料理の研究・広報、寺院食文化体験館運営、専門レストラン「鉢盂供養」の運営、 仏教文化商品事業での仏教文化商品資源の発掘、ブランド開発、商品普及などを行う団体だ。当事業団のイ・ミヌ・チーム長は「これから訪韓外国人観光客の最重要マーケットである日本でのプロモーションを強化していく予定」だと強調した。

文/小峰明記者

Pocket

関連する記事はこちら

全国互換交通カード

「Tマネー全国互換交通カード」来年から光州・江原でも使用

 来年2016年から「Tマネー(T-money)全国互換交通カード」1枚で全国どこへでも旅行できるようになる。ソウル市は14日に締結した地域の交通カード事業者間の互換性協約に基づき、これまでTマネー全国互換交通カードが使えなかった光州でも来年1月30日から利用できるようになると明…続きを読む

p_PPAAAA01_20200728_2

「旌善フォーラム2020」、8月20日から3日間、江原道旌善で開幕

-UN、NGO、政府など多数の専門家が参加、自然と社会、経済の連携を考察 持続可能な地球と、バランスの取れた人類の未来を議論するため、全世界の専門家たちが一堂に集まる「チョンソン(旌善) フォーラム2020」が今月20日から22日までの3日間、カンウォンド(江原道)旌善郡ハイワン…続きを読む

청주국제공항_간사이취항

チェジュ航空、清州‐関西に7月21日新規就航

 チェジュ航空が7月21日、韓半島の中央に位置する清州国際空港を拠点として大阪の関西国際空港路線に公式就航する。新規就航する予定の清州‐大阪路線は、毎日週7回の日程で、当該路線にボーイング737‐800(座席186・189席)機種を投入し、具体的なフライトスケジュールは6月末の協…続きを読む

강화읍_가이드북

江華郡、日本の観光客対象の観光パンフレット発刊

 仁川江華郡と仁川観光公社が日本の観光客を対象にした江華グルメ観光パンフレット(写真)を発刊した。仁川江華郡は2018年度の「今年の観光都市」を控え、最近、日本人個別観光客の増加に従って、日本語のグルメパンフレットを2千部発刊したと明らかにした。 今回の観光パンフレットには、日本…続きを読む

에듀팜_관광특구

忠清北道初の観光特別地区、曽坪エデュファーム、オープン

ゴルフ場、リュージュトラック、水上レジャー施設オープン、 コンドミニアムは下半期開場  忠清北道曽坪郡(チュンピョングン)所在エデュファーム観光特別地区内に公共ゴルフ場などの娯楽施設が14日オープンして、公式の営業に入った。 運営会社である韓国農漁村公社と㈱ブラックストーン・エデ…続きを読む

lotteworldtower

「韓国のランドマーク123階」 ロッテワールドタワー、グランドオープン

ランドマークホテル「シグニエルソウル」& 展望台「ソウルスカイ」もオープン  世界3位の高さであり、韓国最高の高さを誇るロッテワールドタワーが4月3日にオープンした。 1987年に事業用地選定後、30余年ぶりにソウルの空の上に新しいランドマークとしてそびえ立った。 ロッテグループ…続きを読む

공항철도_트래블센터

空港鉄道、「弘大入口駅トラベルセンター」運営

 空港鉄道(AREX)が弘大通りを訪れる国内外の観光客に、列車利用情報とソウル旅行などの観光情報を提供するための総合観光案内所である「トラベルセンター」を弘大入口駅にオープンし、29日から本格的に運用を開始する。 空港鉄道側は「韓国を訪れる個人自由旅行客が着実に増加するにつれて変…続きを読む

韓国地方シャトルツアー

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営

日本人個人旅行客対象のソウル-地方シャトルツアー運営 聞慶、扶餘、平昌・江陵へ100台運行  韓国観光公社(社長・卞秋錫)は3月13日から日本人個人観光客を対象に、ソウルから聞慶、扶餘、平昌・江陵地域を日帰りで往復するシャトルツアーの運行を始めた。 個人旅行でほとんどがソウルで過…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02