俳優イ・ドンウク、「平昌オリンピック・江原観光広報大使」委嘱

2018年02月07日

이동욱_홍보대사 俳優のイ・ドンウクが2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会、江原観光広報大使に委嘱された。ソウル韓国プレスセンターで行われた委嘱式に参加したイ・ドンウクは、「幼い時、ソウルで見たオリンピック以来、30年ぶりにもう一度大韓民国でオリンピックが開かれることになり、感慨深い」とし「私もファンクラブと共にパラリンピック大会を観覧しに行く予定」と所感を明らかにした。続いて「平昌五輪が世界の人々の関心を呼び起こして、多くの人が参加できる大会になるように最善を尽くして努力する」と付け加えた。

2018平昌冬季オリンピック・パラリンピックの広報大使となったイ・ドンウクは、オリンピック広報のための国内外の主要なイベントやオンライン広報、広告などに参加し、オリンピックの熱気を継続する予定だ。

文/加藤由香里記者

Pocket

関連する記事はこちら

空港鉄道

空港鉄道、地下鉄搭乗券とセットで統合乗車券発売

乗車券一枚で直通列車、地下鉄すべて利用、4月1日発売    空港鉄道(AREX)は、ソウル駅‐仁川空港駅区間を運行する直通列車と首都圏電車の乗り換えが可能な統合乗車券を独自開発し、4月1日より発売を開始した。 統合乗車券は直通列車の運賃(ソウル駅‐仁川空港駅)に地下鉄の…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

tway

「東京・福岡から大邱へ直行!」、ティーウェイが9月新規路線を就航

 今年9月から大邱~東京(成田空港)と大邱~福岡空港間の空の道が開かれる。大邱国際空港の開港以来、東京の直行定期路線が就航れるのは今回が初めてだ。 大邱‐成田路線は週7回、毎日往復運航する。大邱を午前11時に出発して午後1時10分に成田に到着。また成田からは午後2時10分に出発し…続きを読む

KTX_경강선

ソウル‐江陵を70分で走破、KTX‐京江線今年12月に開通

 仁川国際空港からソウルを経て江陵まで行くKTX‐京江線が来る12月に開通する。 KTX‐京江線は、2月に江原道で開催される平昌冬季オリンピックの鉄道交通インフラの拡大のために工事が行われ、12月に京江線が開通すると、仁川国際空港からソウル、原州を経て東海岸の江陵まで高速鉄道で一…続きを読む

コリアグランドセール2015

ショッピング観光祭りコリアグランドセール、盛況裏に終了

ショッピング観光祭りコリアグランドセール盛況裏に終了 342社が参加、総売上高3457億ウォン、前年比2.5倍増加    (財)韓国訪問委員会(委員長・朴三求)がMERSによって萎縮した観光業界や内需経済を活性化するために、8月14日から10月31日まで早期開催したコリ…続きを読む

discoverseoul

ソウル観光の必需品「ディスカバー・ソウルパス」のアップグレード版発売

空港鉄道(AREX)1回搭乗券特典を追加、72時間券を追加発売  ソウルの人気観光地や公共交通機関をカード1枚で利用できる外国人観光客向けのパス「ディスカバーソウルパス(Discover Seoul Pass)」の特典が大幅に増えた。ソウル市は5月9日、ソウル観光財団と共同でサー…続きを読む

안전디딤돌_앱

「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。 韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害の…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02