全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

2015年04月07日

全羅北道循環観光バス 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。

「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村、群山仙遊島、完州三禮文化芸術村など14の市郡観光地の様々な観光名所、体験を提供して道内外の観光客に交通の便を提供し、地域の観光活性化する広域シティーツアー事業だ。

特に、今年は前年より運営回数を増やし、12月まで事業を拡大して運営し、旅行商品の設定時に一つの市郡に一つの代表観光地を入れ、地域内の公共交通機関と連携するなど、旅行コースを観光客がより有益で便利に利用することができように編成した。

商品の案内や利用方法は、ウェブサイト(http://www.jbtour.or.kr, www.gojb.netwww.iskytour.com)または電話で予約(063-252-2988)が可能で、道内の日帰り商品は1万ウォン、ソウル・釜山出発商品は9万7千ウォン(1泊2日)の低コストで全羅北道の隠された魅力を探して旅することができる。

全羅北道循環観光バスは、2004年に最初の運行を開始して、2014年までに総4万7232人が搭乗した。2014年には3月から11月まで139回運行して5788人が搭乗し、バス1台あたりの平均搭乗人員が41.6人で、2014年の全北旅行手段として観光客が全北循環観光バスを多く選択したことが分かった。

全羅北道庁側は「道内地域観光がさらに活性化するように『全羅北道循環観光バス』事業が、観光客を中心に、利用はより快適に、コースはより充実させて、『もう一度! バスに乗ってもう一日滞在したくなる全北』年間キャンペーンを進行する計画」と付け加えた。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

BOYS AND MEN、江原道観光広報大使に

江原道は2月19日、平昌にある静江園(韓国の伝統料理文化体験館)にて日本の人気アイドルグループ「BOYS AND MEN」を江原道観光広報大使に委嘱した。今回の観光広報大使委嘱は2016年オリコン週間シングルチャートとビルボード・ジャパンホット100チャート1位を占めるなど、日本…続きを読む

DBSクルーズ

束草港‐舞鶴港の国際船舶航路が6月末に就航

 江原道環東海本部は昨年6月末から中断していた束草(ソクチョ)港の国際航路(旧・白頭山航路)が新しい船会社によって今年6月に再開すると3月9日、明らかにした。 束草港の国際航路は東海(トンヘ)港から日本の境港港(鳥取県)間の国際航路を運行しているDBSクルーズフェリー(株)から昨…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

평창700_열차여행

平昌アルペンシア、「正東津日の出・ハッピー700平昌列車の旅」発売

電車やバスで行く正東津・江陵・アルペンシア・平昌一周コース    平昌アルペンシアリゾートとコレール江原本部は、列車とバスを結合したレールシティツアー商品「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」を発売した。 「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」は、1泊2…続きを読む

평창올림픽3

PyeongChang 2018 オリンピック Winter Games

    1.Passion. Connected. ひとつとなった情熱! 2.2018年には江原道(平昌、江陵、旌善)で第23回冬季オリンピックと、第12    回冬季パラリンピックが開催されます。 3.2018平昌冬季オリンピック ○ 大会期間:2018. …続きを読む

티웨이항공_제주_도쿄_A

ティーウェイ、済州‐成田9月2日就航

 韓国籍の格安航空会社ティーウェイ航空が、済州‐成田路線を9月2日から新規就航した。就航スケジュールは週4回(火、木、土、日)で、済州国際空港の出発時間は火曜日の午後2時30分、木曜日の午後4時、土曜日の午後1時30分、日曜日の午後4時30分で、成田国際空港まで1時間55分で到着…続きを読む

Kフードカレンダー

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版

「2016Kフード・フォトカレンダー」出版 韓国政府文化体育観光部傘下の海外文化広報院が、外国人に馴染みのある韓国料理をテーマにした「2016年Kフード(K-Food)フォトカレンダー」を製作し、11月9日から国内外に発表した。 海外文化広報院は、毎年、伝統文化や韓流コンテンツを…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02