全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

2015年04月07日

全羅北道循環観光バス 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。

「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村、群山仙遊島、完州三禮文化芸術村など14の市郡観光地の様々な観光名所、体験を提供して道内外の観光客に交通の便を提供し、地域の観光活性化する広域シティーツアー事業だ。

特に、今年は前年より運営回数を増やし、12月まで事業を拡大して運営し、旅行商品の設定時に一つの市郡に一つの代表観光地を入れ、地域内の公共交通機関と連携するなど、旅行コースを観光客がより有益で便利に利用することができように編成した。

商品の案内や利用方法は、ウェブサイト(http://www.jbtour.or.kr, www.gojb.netwww.iskytour.com)または電話で予約(063-252-2988)が可能で、道内の日帰り商品は1万ウォン、ソウル・釜山出発商品は9万7千ウォン(1泊2日)の低コストで全羅北道の隠された魅力を探して旅することができる。

全羅北道循環観光バスは、2004年に最初の運行を開始して、2014年までに総4万7232人が搭乗した。2014年には3月から11月まで139回運行して5788人が搭乗し、バス1台あたりの平均搭乗人員が41.6人で、2014年の全北旅行手段として観光客が全北循環観光バスを多く選択したことが分かった。

全羅北道庁側は「道内地域観光がさらに活性化するように『全羅北道循環観光バス』事業が、観光客を中心に、利用はより快適に、コースはより充実させて、『もう一度! バスに乗ってもう一日滞在したくなる全北』年間キャンペーンを進行する計画」と付け加えた。

文/町野山宏記者

Pocket

関連する記事はこちら

청주국제공항_간사이취항

チェジュ航空、清州‐関西に7月21日新規就航

 チェジュ航空が7月21日、韓半島の中央に位置する清州国際空港を拠点として大阪の関西国際空港路線に公式就航する。新規就航する予定の清州‐大阪路線は、毎日週7回の日程で、当該路線にボーイング737‐800(座席186・189席)機種を投入し、具体的なフライトスケジュールは6月末の協…続きを読む

大田訪問の年ロゴ

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で 観光都市跳躍 大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業  韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市として…続きを読む

江原道名誉外信記者団

2016年江原道公式日本語ブログ 「名誉外信記者団」が発足

 2018年冬季オリンピックの舞台として、世界中から注目を集める平昌(ピョンチャン)がある江原道(カンウォンド)。韓国国内では、避暑地として、また大自然が楽しめるヒーリング旅行地として良く知られているものの、日本ではソウルや釜山に比べ知名度が低いのが実情だった。そこで、昨年の下半…続きを読む

코레일패스

「コレールパス」リニューアル9月発売

 韓国鉄道コレールが8月1日から一定期間、コレールが運営する全ての列車を自由に利用できる外国人専用鉄道周遊券「コレールパス(Korail Pass)」を全面改編したと発表した。今まで入国期間に応じて区分販売してきた外国人対象パスの種類を一つに統合運営し、別途手続きなく購入後すぐに…続きを読む

欲張り釜山キャンペーン

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施

「ビートル」・「ニューかめりあ」共同で 九州発「欲張り釜山キャンペーン」実施    韓国観光公社福岡支社は、福岡‐釜山間の航路路線の活性化と訪韓観光誘致拡大のために、代表的な定期路線であるJR九州の「ビートル」、「ニューかめりあ」と共同で、12月27日まで「欲張り釜山キ…続きを読む

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

고택체험_상품

韓国観光公社、名品故宅&韓屋ステイを 連携した体験観光商品販売

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)で選定した「名品故宅&韓屋ステイ体験観光商品」の販売が開始される。同商品は、5月に同公社が開催した公募展を通じて選ばれ、韓屋で宿泊しながら、韓菓作り、茶道などの伝統文化を体験して近くの観光地を巡る日程で構成された異色の商品だ。商品において体験できる韓…続きを読む

KTX딜카

コレール、新概念カーシェアリング交通サービス「KTX‐デリカー」ローンチ

 コレールが、列車とカーシェアリングが出会い、快適に旅行できる新概念の交通サービスである「KTX‐デリカー」を9月からローンチし、サービスを開始した。サービスの名称である「デリカー」はデリバリー・カーシェアリング(時間制レンタカー)サービスを意味し、コレールの公式アプリであるコレ…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02