外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

2017年05月17日

한국방문위원회_설문조사 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満足度調査を実施した結果、94%が韓国を再訪したいと答えた。

再訪の理由としては、ショッピング(24%)と親切(20%)、グルメ(20%)、多様な観光地(19%)などを挙げた。特に訪問客がホスピタリティセンターで経験した最も満足したサービスは、言語の通訳(54%)であることが明らかになった。

回答者の性別は女性54%、男性46%で、年齢は30代(34%)と20代(34%)の割合が高かった。国籍別訪問率は、中国人観光客が最も高かった昨年とは異なり、今年は日本(25%)、東南アジア(20%)の順となった。地域のホスピタリティセンター訪問率は明洞(25%)と江南マイス(19%)が最も高かった。

韓国国内の春の旅行週間とゴールデンウィークなどが重なる主要訪韓時期に開催された歓迎週間に、明洞、南大門、東大門、鍾路清渓、弘大などソウル市内の7ヵ所の主要な観光特区では、外国人観光客の観光の満足度を高めるためのホスピタリティセンターが運営され、いずれも4万2千人余りの外国人観光客がホスピタリティセンターを訪れた。

ホスピタリティセンターでは、観光便宜サービスの提供をはじめ、ハングルネームタグ作り、観光地バーチャルリアリティ(VR)体験、韓服体験などの参加型プログラムとテコンドーパフォーマンス、Kポップカバーダンス、伝統公演などの多彩な見どころを披露した。また、東南アジア圏の観光客がよく訪れる明洞、弘大、東大門のホスピタリティセンターに該当言語圏の案内人材を追加配置して、効果的な多言語通訳サービスを提供した。特に今回の歓迎週間の期間には、委員会所属の大学生微笑国家代表らが参加し、外国人観光客に2018平昌冬季オリンピックと「親切な韓国」を知らせることに力を注いだ。

ハン・ギョンア韓国訪問委員会事務局長は「今回の歓迎週間には、例年に比べて東南アジアと日本の個別観光客の割合が大幅に増加し、観光客が主な再訪問の理由として『親切』を挙げたのが非常に印象的」だとし「今後、2018平昌冬季オリンピックを控えて韓国の親切文化の拡散のために、さらに努力したい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

경부선_ITX

5月から龍山‐大田区間もITX‐青春利用

新道林・鷺梁津駅も停車、5月1日から1日に12回運行    コレールが、5月1日(月)から京釜龍山(ヨンサン)‐大田(テジョン)区間にIXT‐青春の運行を開始した。運行回数は平日基準1日12回運行(片道6回)で、龍山駅から大田駅までの平均運行時間は1時間55分。この列車…続きを読む

웰니스25_스파G

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成

韓国ウェルネス観光25選を選定、 健康とヒーリング観光を本格育成 韓方、ビューティー・スパ、ヒーリング・瞑想、 自然・森林治癒の4テーマを選定    韓国政府文化体育観光部と韓国観光公社が韓国観光新成長テーマであるウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として「ウェ…続きを読む

慶尚北道プロモーション

「慶尚北道へようこそ」 東京で観光プロモーション開催

 慶尚北道観光公社(社長・金大祐)は、慶尚北道と共同で8月25日から4日間、日本人観光客誘致に向けた観光広報キャンペーンを実施し、注目を集めた。 今回の広報キャンペーンは、9月1日から始まったティーウェイ航空による成田空港・大邱空港間の定期路線就航を控えた日本人観光客の慶北誘致の…続きを読む

제주공항_신라면세점_오픈

済州空港国際線ターミナル、新羅免税店オープン

114㎡面積に約60ブランド、 6月に売り場拡大しグランドオープン  ホテル新羅が運営する新羅免税店が3月1日から済州空港国際線で営業を開始した。新羅免税店済州空港店は約114㎡(34坪)の規模で、化粧品や香水、酒、タバコなど60種類のブランドを備え、この日、ソフトオープンした。…続きを読む

이스타항공_취항

イースター航空、鹿児島と宮崎の定期便新規就航

 韓国国籍格安航空会社であるイースター航空が九州地域の鹿児島空港と宮崎空港にそれぞれ定期便を就航する。 仁川‐鹿児島路線は11月1日から12月20日まで週3回(水、金、日)運航し、12月21日から2018年2月28日までは週7回に毎日運航数を増やして、冬のピーク時の顧客の需要に合…続きを読む

SM免税店

ハナツアー、「SM免税店仁川空港店」オープン

ハナツアー、「SM免税店仁川空港店」オープン    ハナツアーが11月1日、仁川国際空港に子会社SM免税店の第1号店となる「SM免税店仁川空港店」をオープンした。SM免税店は「スマートショッピング、グッドメモリーズ(Smart Shopping、Good Memorie…続きを読む

中央会会長

〈インタビュー〉韓国観光協会中央会・金烘主会長

「地方観光活性化政策で、 韓国観光の競争力を育てます!」   インタビュー:韓国観光協会中央会 金烘主会長   韓国観光協会中央会は韓国政府文化体育観光部所管の特殊法人で、韓国観光の活性化を目指して1963年に設立された韓国内の各観光分野協会の求心的役割をする…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02