外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

2017年05月17日

한국방문위원회_설문조사 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満足度調査を実施した結果、94%が韓国を再訪したいと答えた。

再訪の理由としては、ショッピング(24%)と親切(20%)、グルメ(20%)、多様な観光地(19%)などを挙げた。特に訪問客がホスピタリティセンターで経験した最も満足したサービスは、言語の通訳(54%)であることが明らかになった。

回答者の性別は女性54%、男性46%で、年齢は30代(34%)と20代(34%)の割合が高かった。国籍別訪問率は、中国人観光客が最も高かった昨年とは異なり、今年は日本(25%)、東南アジア(20%)の順となった。地域のホスピタリティセンター訪問率は明洞(25%)と江南マイス(19%)が最も高かった。

韓国国内の春の旅行週間とゴールデンウィークなどが重なる主要訪韓時期に開催された歓迎週間に、明洞、南大門、東大門、鍾路清渓、弘大などソウル市内の7ヵ所の主要な観光特区では、外国人観光客の観光の満足度を高めるためのホスピタリティセンターが運営され、いずれも4万2千人余りの外国人観光客がホスピタリティセンターを訪れた。

ホスピタリティセンターでは、観光便宜サービスの提供をはじめ、ハングルネームタグ作り、観光地バーチャルリアリティ(VR)体験、韓服体験などの参加型プログラムとテコンドーパフォーマンス、Kポップカバーダンス、伝統公演などの多彩な見どころを披露した。また、東南アジア圏の観光客がよく訪れる明洞、弘大、東大門のホスピタリティセンターに該当言語圏の案内人材を追加配置して、効果的な多言語通訳サービスを提供した。特に今回の歓迎週間の期間には、委員会所属の大学生微笑国家代表らが参加し、外国人観光客に2018平昌冬季オリンピックと「親切な韓国」を知らせることに力を注いだ。

ハン・ギョンア韓国訪問委員会事務局長は「今回の歓迎週間には、例年に比べて東南アジアと日本の個別観光客の割合が大幅に増加し、観光客が主な再訪問の理由として『親切』を挙げたのが非常に印象的」だとし「今後、2018平昌冬季オリンピックを控えて韓国の親切文化の拡散のために、さらに努力したい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

진에어_코리아가이드

ジンエアー、3月まで「コリアガイド」キャンペーン実施

 韓国国籍の格安航空会社・ジンエアーが、日本人観光客に韓国文化を紹介し、多彩な恵沢を提供する「ジンエアーコリアガイド」キャンペーンを2018年3月31日まで実施する。 ジンエアーは「ジンエアーコリアガイド」キャンペーンを通じて韓国料理や生活など韓国の文化コンテンツと様々な特典を提…続きを読む

全羅北道バス

全羅北道、「全羅北道循環観光バス」3月21日から運行

 全羅北道庁は、広域シティツアー旅行商品として継続的に脚光を浴びている「全羅北道循環観光バス」を3月21日から12月27日まで週末ごとに運行すると公式発表した。 「全羅北道循環観光バス運営事業」は、3月21日から週末ごとに道内の8つの商品、道外2つの商品を運営しており、全州韓屋村…続きを読む

안전디딤돌_앱

「安全踏み台」災害メールを外国語でサービス

 今後は韓国語ができない外国人観光客も「安全踏み台(仮名)」アプリで英語と日本語、中国語など、多言語で韓国での緊急災害メールを受けられるようになる。 韓国政府の行政安全部が開発・配布する安全踏み台アプリは、韓国内の気象情報と地震、台風、微小粒子状物質(PM2・5)などの自然災害の…続きを読む

韓国観光の星

11ヵ分野で「平昌・大関嶺」など今年の「韓国観光の星」を選定

11ヵ分野で「平昌・大関嶺」など今年の「韓国観光の星」を選定 文化体育観光部主管、韓国観光の競争力が高い素材を国内外に発信    今年一年間、韓国観光産業で際立った成果を収めた「2016韓国観光の星」が決定した。文化体育観光部(以下、文体部)は、去る12月8日ソウル・新…続きを読む

今年の観光都市

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」

「2016年韓国観光は堤川・茂朱・統営へ」 韓国政府「今年の観光都市」共同宣言式開催、事業突入  韓国観光公社が昨年12月2日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで「2016今年の観光都市堤川・茂朱・統営共同宣言式」を開催し、本格的な事業に突入した。 「今年の観光都市」は広…続きを読む

太陽の末裔列車

観光列車で「太陽の末裔」に会いにいこう!

コレール、「旌善アリラン列車に乗って行くアートレール」旅行商品発売  ソウル清涼里駅から旌善アリラン列車(A‐トレイン)に乗ってKBSの人気ドラマ「太陽の末裔」のロケ地である三炭アートマインなど江原道旌善の名所を巡る「アートレール旅『太陽の末裔に会う』」の商品をコレールが発表した…続きを読む

녹색나라체험사진공모전

2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付  韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。  公募展は、韓国内の農村体験学習のブームア…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道、伝統宮廷音楽と韓服で外国人客応対

列車の到着の音を伝統宮廷音楽に変更、 駅員も韓服着用   仁川空港とソウル駅を直通で連結するコレール・空港鉄道がプラットホームに着く時の音を韓国伝統の宮廷音楽に変更し、ソウル駅と仁川空港駅顧客案内センターの職員ユニフォームを韓服に替えるなど、韓国伝統文化を広報する試みを…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02