外国人観光客94%が「韓国再訪したい」 ショッピング・親切に満足

2017年05月17日

한국방문위원회_설문조사 外国人観光客の94%が韓国を再訪したいというアンケート調査の結果が出た。韓国訪問委員会によれば、先月28日から5月7日まで「2017春の外国人観光客歓迎週間」に設置したホスピタリティセンターを訪れた個別観光客2300人余りを対象に、韓国訪問およびホスピタリティセンターに対する満足度調査を実施した結果、94%が韓国を再訪したいと答えた。

再訪の理由としては、ショッピング(24%)と親切(20%)、グルメ(20%)、多様な観光地(19%)などを挙げた。特に訪問客がホスピタリティセンターで経験した最も満足したサービスは、言語の通訳(54%)であることが明らかになった。

回答者の性別は女性54%、男性46%で、年齢は30代(34%)と20代(34%)の割合が高かった。国籍別訪問率は、中国人観光客が最も高かった昨年とは異なり、今年は日本(25%)、東南アジア(20%)の順となった。地域のホスピタリティセンター訪問率は明洞(25%)と江南マイス(19%)が最も高かった。

韓国国内の春の旅行週間とゴールデンウィークなどが重なる主要訪韓時期に開催された歓迎週間に、明洞、南大門、東大門、鍾路清渓、弘大などソウル市内の7ヵ所の主要な観光特区では、外国人観光客の観光の満足度を高めるためのホスピタリティセンターが運営され、いずれも4万2千人余りの外国人観光客がホスピタリティセンターを訪れた。

ホスピタリティセンターでは、観光便宜サービスの提供をはじめ、ハングルネームタグ作り、観光地バーチャルリアリティ(VR)体験、韓服体験などの参加型プログラムとテコンドーパフォーマンス、Kポップカバーダンス、伝統公演などの多彩な見どころを披露した。また、東南アジア圏の観光客がよく訪れる明洞、弘大、東大門のホスピタリティセンターに該当言語圏の案内人材を追加配置して、効果的な多言語通訳サービスを提供した。特に今回の歓迎週間の期間には、委員会所属の大学生微笑国家代表らが参加し、外国人観光客に2018平昌冬季オリンピックと「親切な韓国」を知らせることに力を注いだ。

ハン・ギョンア韓国訪問委員会事務局長は「今回の歓迎週間には、例年に比べて東南アジアと日本の個別観光客の割合が大幅に増加し、観光客が主な再訪問の理由として『親切』を挙げたのが非常に印象的」だとし「今後、2018平昌冬季オリンピックを控えて韓国の親切文化の拡散のために、さらに努力したい」と述べた。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

江原道庁、駐韓日本言論社の招待を通して江原道を広報

2018平昌冬季オリンピック開催地などを訪問 江原道(道知事・崔文旬)は、10月21日から1泊2日の日程で、駐韓日本言論社を招待する。今回参加する言論社は読売新聞、北海道新聞、共同通信の三社で、今回初めての江原道訪問となる。 今回の招請事業は、江原道とコリアトラベル新聞と共同で企…続きを読む

ソウル観光マーケティング

ディスカバーソウルパスで最も韓国的でトレンディーなソウルをお楽しみください

Interveiw ソウル観光マーケティング(株)徐丙坤 戦略経営本部長    ソウル市内の故宮、韓流体験館、美術館など16ヵ所の有料観光地を24時間自由に楽しむことができる「ディスカバーソウルパス」が発売された。観光地の入場に加え、交通カードとしても使用できる機能まで…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む

청와대사랑채

青瓦台サランチェが再開館、韓国文化観光広報館としてリニューアル

韓国文化展示室、企画展示室、記念品店などで構成 韓食広報館では韓食試演プログラムなどの体験コーナーも運営  韓国観光公社(ビョン・チュソク社長)が、伝統と現代を包括した総合韓国文化観光広報館である青瓦台サランチェを一新し、5月27日(火)に再開館した。  昨年、韓国人27万人、外…続きを読む

南海ヒーリングアイランド造成

慶尚南道、大韓民国代表観光地 「南海ヒーリングアイランド」造成

 慶尚南道が大韓民国代表観光地である南海を2020年までに1兆2829億ウォン、2021年以後には1319億ウォン、合計1兆4148億ウォンを投入して「ヒーリングアイランド」として造成すると発表した。 南海ヒーリングアイランドは、慶尚南道に面した南海が保有している天恵の自然環境や…続きを読む

발족식-단체사진-3-(2)

「ウェルネス観光25選運営協議体」発足

 韓国観光公社(社長:鄭昌洙)は韓国観光を牽引する新たな成長動力としてウェルネス観光を本格的に育成するための第一歩として、昨年5月に選定された「ウェルネス観光25選」業界代表および関連自治体関係者100人余りが参加する中、7月18日(火)、ソウル・ザ・プラザホテルでウェルネス観光…続きを読む

평창700_열차여행

平昌アルペンシア、「正東津日の出・ハッピー700平昌列車の旅」発売

電車やバスで行く正東津・江陵・アルペンシア・平昌一周コース    平昌アルペンシアリゾートとコレール江原本部は、列車とバスを結合したレールシティツアー商品「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」を発売した。 「正東津の日の出・ハッピー700平昌列車の旅」は、1泊2…続きを読む

空港鉄道

空港鉄道ソウル駅と1、4号線の乗り換え通路が開通

空港鉄道ソウル駅と地下鉄1、4号線を接続する乗り換え通路が3月28日に開通した。これにより、空港鉄道と地下鉄1、4号線との乗り換え時間が大幅に短縮されるなど、地下鉄1、4号線を利用した空港アクセスが強化された。 乗り換え通路が開通することによって、空港鉄道ソウル駅から地下鉄4号線…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02