大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

2018年11月08日

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で
観光都市跳躍

大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業

大田訪問の年ロゴ 韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市としての変貌を準備する。

大田広域市の「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年、広域市昇格30周年となる2019年を記念する事業で、大田広域市の観光産業全般を整備して、持続的に成長可能な新成長動力として位置づける計画だ。

大田訪問の年の宣布と共に、具体的な目標と事業内容も一部公開した。まず、訪問の年宣布を通じて2019年度の年間大田市訪問観光客数を500万人に拡大する。大田広域市の現在の観光客の数は年間350万人レベルで、全国の広域市のうちで最下位レベルにとどまっているが、大田訪問の年によって大幅に拡大するという目標だ。

国内外の観光客にとって魅力的な大田広域市のイメージ向上を目指して関連事業も樹立する。まず、観光客を誘引できる様々なキラーコンテンツを大々的に企画する。韓国で3番目に大きな規模を誇る人工湖であり、大田広域市の自然観光ランドマークである大清湖に新規歩道や景観施設を造成して、日の出と夜景眺望の名所として人気の食蔵山の頂上に展望台を新たに建設する。

現代アート・インスタレーション・イベントも開催する。以前にソウルロッテワールドタワーで行われていたラバーダックのような大型のバルーン型造形物を甲川の河川敷一帯とハンバッ樹木園芝生広場に設置し、エキスポ橋一帯に自然と科学を表現したトリックアート・イベントスペースも造成し、みどころを提供する計画だ。

この他にも文化の香りツアー、大清湖ツアー、ヒーリングツアー、健康ツアーなど大田広域市のカラーを盛り込んだテーマ観光商品も企画して専門の旅行代理店を通して大々的に販売する予定である。

まだ具体的な内容は公開されていないが、観光収入拡大の中核となる外国人観光客の誘致拡大のための事業も検討中だ。外国人観光客の訪問を誘導することができる専用商品の新設と交通の拡大のためのシティツアーに加え、大田広域市の認知度を向上するための海外マーケティングも実施を検討する予定だ。

「2019大田訪問の年」を記念する公式ロゴも公開した。公式ロゴは大田の地名の頭文字である「大」の字と、1993年の大田エキスポ当時の象徴である「ハンビッ塔」、そしてエキスポ公式マスコットだったクムドリの「宇宙軌道」の形を組み合わせてシンボル化したもので、大田エキスポを契機に発展を遂げた大田がさらに大きく成長したことを表現している。

キャッチフレーズは「ビジットテジョン7030」で、大田市発足70年、広域市昇格30年の意味を込めて「7030」という数字の組み合わせを加えた。

大田広域市側は「1993大田エキスポが大田という都市を世界に知らせ、大田の発展を劇的に早めたように、2019大田訪問の年が大田観光の新たな飛躍のきっかけとなるだろう」と明らかにした。

一方、「2019大田訪問の年」の詳細キャンペーンと関連情報は、2019年1月中に公式ホームページを通じて公開される予定だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

nothumbnail

大田市、外国人観光客の誘致インセンティブ支援を拡大

大田市が「2019大田訪問の年」に備え、大田市の観光資源広報や観光産業の活性化を目的として、外国人旅行者誘致のためのインセンティブを拡大支援する。 市は、滞在型観光の活性化のために、外国人団体観光客10人以上が大田で1日以上の宿泊施設、飲食店などの観光施設2ヵ所以上訪問した場合、…続きを読む

현대백회점면세점_오픈

現代デパートDUTYFREE、貿易センター店公式オープン

 現代百貨店グループが免税店事業に第一歩を踏み出した。現代百貨店グループは11月1日、ソウル江南区三成洞現代デパート貿易センター店に現代デパートDUTY FREE(www.hddfs.com)をオープンした。2016年末に免税店事業権を受けて約2年ぶりだ。 免税店の店舗は、現代百…続きを読む

입국장면세점

入国フロア免税店、仁川空港に5月オープン

 韓国政府が国民の旅行便宜を拡大するため、仁川空港で入国フロアの免税店を5月から運営する。これにより、韓国の空港に到着してからも免税品の購入が可能となる。これまでは、韓国からの出国時、または日本など海外の空港から出国時の免税店でのみ利用でき、飛行機の搭乗時に携帯するなどの煩わしさ…続きを読む

티웨이_제주취항

ティーウェイ航空、済州‐名古屋路線4月に新規就航、東京路線も増便

 ティーウェイ航空が済州‐名古屋(中部国際空港)の直行便で新規就航する。ティーウェイ航空は4月9日から済州‐名古屋路線に週4回(火・木・金・日)の日程で新規就航すると発表した。済州‐名古屋路線は2014年末、業績悪化によって運行が中断したことがあり、今回のティーウェイ航空の新規就…続きを読む

記念撮影する主要来賓

日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事開催

特別レポート 日韓民間交流の新しい転換点、 日韓国交正常化50周年日韓友好交流行事 韓国観光公社とアシアナ航空が共同開催した「日韓友好交流行事」が2月12日から14日まで開催された。2015年日韓国交正常化50周年を記念して、日韓の友好関係増進のた​​めの交流行事を韓国で開催しよ…続きを読む

s-IMG_1516

世界文化遺産「百済歴史遺跡地区」日本メディア・ブロガー・考古学関係者招聘

    2015年ユネスコ世界遺産に登録されてから、日本人観光客への関心を浴びている忠清南道・全羅北道の「百済歴史遺跡地区」。今回、更なる日本人観光客誘致を目指し、コリアトラベル新聞は、日本全国からメディア・ブロガー・考古学関係者を招聘し、10月26日から3泊…続きを読む

vist

釜山観光公社、「釜山に行けば」・「VISIT BUSAN」新規BI発表

 釜山観光公社は、国内・外の観光客を対象に釜山観光ブランドイメージを向上するために、「釜山に行けば」、「VISIT BUSAN」を新規BI(Brand Identity)に選定したと発表した。 今回のBIは、国内外の旅行者に釜山観光公社という機関名の硬い広報イメージを脱皮し、旅行…続きを読む

大邱-成田就航

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる

成田‐大邱路線確定、東京発空の道が開かれる 9月からティーウェイ航空週4回運航、 189席のボーイング737‐800機投入    今年3月に16年ぶりに復活した日本第2の関門である大阪への直行便就航に続き、9月からは第1関門空である東京成田にも、大邱の直行便が就航する。…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence