大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

2018年11月08日

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で
観光都市跳躍

大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業

大田訪問の年ロゴ 韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市としての変貌を準備する。

大田広域市の「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年、広域市昇格30周年となる2019年を記念する事業で、大田広域市の観光産業全般を整備して、持続的に成長可能な新成長動力として位置づける計画だ。

大田訪問の年の宣布と共に、具体的な目標と事業内容も一部公開した。まず、訪問の年宣布を通じて2019年度の年間大田市訪問観光客数を500万人に拡大する。大田広域市の現在の観光客の数は年間350万人レベルで、全国の広域市のうちで最下位レベルにとどまっているが、大田訪問の年によって大幅に拡大するという目標だ。

国内外の観光客にとって魅力的な大田広域市のイメージ向上を目指して関連事業も樹立する。まず、観光客を誘引できる様々なキラーコンテンツを大々的に企画する。韓国で3番目に大きな規模を誇る人工湖であり、大田広域市の自然観光ランドマークである大清湖に新規歩道や景観施設を造成して、日の出と夜景眺望の名所として人気の食蔵山の頂上に展望台を新たに建設する。

現代アート・インスタレーション・イベントも開催する。以前にソウルロッテワールドタワーで行われていたラバーダックのような大型のバルーン型造形物を甲川の河川敷一帯とハンバッ樹木園芝生広場に設置し、エキスポ橋一帯に自然と科学を表現したトリックアート・イベントスペースも造成し、みどころを提供する計画だ。

この他にも文化の香りツアー、大清湖ツアー、ヒーリングツアー、健康ツアーなど大田広域市のカラーを盛り込んだテーマ観光商品も企画して専門の旅行代理店を通して大々的に販売する予定である。

まだ具体的な内容は公開されていないが、観光収入拡大の中核となる外国人観光客の誘致拡大のための事業も検討中だ。外国人観光客の訪問を誘導することができる専用商品の新設と交通の拡大のためのシティツアーに加え、大田広域市の認知度を向上するための海外マーケティングも実施を検討する予定だ。

「2019大田訪問の年」を記念する公式ロゴも公開した。公式ロゴは大田の地名の頭文字である「大」の字と、1993年の大田エキスポ当時の象徴である「ハンビッ塔」、そしてエキスポ公式マスコットだったクムドリの「宇宙軌道」の形を組み合わせてシンボル化したもので、大田エキスポを契機に発展を遂げた大田がさらに大きく成長したことを表現している。

キャッチフレーズは「ビジットテジョン7030」で、大田市発足70年、広域市昇格30年の意味を込めて「7030」という数字の組み合わせを加えた。

大田広域市側は「1993大田エキスポが大田という都市を世界に知らせ、大田の発展を劇的に早めたように、2019大田訪問の年が大田観光の新たな飛躍のきっかけとなるだろう」と明らかにした。

一方、「2019大田訪問の年」の詳細キャンペーンと関連情報は、2019年1月中に公式ホームページを通じて公開される予定だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KATA_会長

KATA、日本九州熊本大分応援団派遣

8月26日から28日まで、旅行会社の社員約200人が熊本城など被災地を訪問  韓国旅行業協会(会長・梁武承/以下、KATA)は、来る8月26日から28日まで、九州観光推進機構と共同主催で、日本政府観光局(JNTO)とアシアナ航空の後援で「日本九州熊本大分応援団(以下、応援団)」を…続きを読む

211838_159840_1428

2019私の国旅行博覧会開幕

 韓国政府文化体育観光部が主催し、韓国観光協会中央会及びCOEXが主管する韓国内のローカル旅行最大の博覧会である「2019私の国旅行博覧会」が4月4日(木)から7日(日)まで4日間、ソウルCOEX(3階ホールC)で開かれる。 今年で16回目を迎える今年のイベントは、夜間観光コンテ…続きを読む

서브02_함양휴양밸리(모노레일)

ヒーリング旅行の目的地、咸陽大鳳山休養バレー

慶尚南道(キョンサンナムド)に位置する咸陽(ハミャン)郡は全体面積のうち78%が山からなっている。そんな地形を生かし、山で楽しむヒーリング旅行先として注目されているのが、咸陽大鳳山休養バレーだ。 大鳳山(テボンサン)の地形を生かし、大自然の中で楽しむ宿泊施設やキャンプ場、そして健…続きを読む

2터미널_한국전통문화센터

仁川国際空港第2ターミナル「韓国伝統文化センター」新規開館

 韓国政府文化体育観光部が仁川国際空港第2ターミナル内に韓国固有の伝統文化を展示して体験できる文化空間である韓国伝統文化センターを新たに開館した。 韓国伝統文化センターは、今年の初めに新たに開港した仁川国際空港第2ターミナルの出国場である3階両側の便宜空間(東館253番ゲート、西…続きを読む

仁川空港ガイド

仁川空港、外国人旅客に合わせた「空港ガイド」 アプリをリリース

 仁川国際空港公社が、多国語道案内、空港での会話など、外国人旅客のためのオーダーメイドサービスをさらに強化したモバイルアプリ「仁川空港ガイド」の新バージョンを発表した。今回のバージョンは、デジタル地図と連携して、仁川空港から全国各地へ、全国から空港までの両方向の道案内サービスを、…続きを読む

釜関フェリー

釜関フェリー、「日本への帰国前に釜山の夜景をお楽しみください」

月1~2回海雲台の夜景を観覧した後、下関へ出航    釜山‐下関航路が好評就航中の48年の歴史を誇る日韓国際カーフェリー船舶会社釜関フェリー(www.pukwan.co.kr)が、釜山港出港の前に釜山の夜景を楽しむ「ロマンチック船上夜景ツアー」を定期運航コースに導入し、…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

KATA九州応援団

KATA九州応援団、 地震の被害を受けた熊本を訪問し応援

 韓国旅行業協会(KATA、会長・梁武承)が熊本大震災で被害を受けた九州地域を応援するために、8月26日から28日まで、200人余りの韓国内の旅行業界関係者を同伴して九州地域を訪問し、応援のメッセージを送った。韓国旅行業協会と九州観光推進機構が共同主催し、日本政府観光局(JNTO…続きを読む


東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02

  • travel agence