大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で観光都市跳躍

2018年11月08日

大田広域市、2019年大田訪問の年宣布で
観光都市跳躍

大田市発足70周年、広域市昇格30周年記念事業

大田訪問の年ロゴ 韓国の代表的な教育都市であり、1993年に大田エキスポの成功的開催によって科学都市として位置づけられた大田広域市が2019年に「大田訪問の年」を宣布し、本格的な観光都市としての変貌を準備する。

大田広域市の「2019大田訪問の年」は、大田市発足70周年、広域市昇格30周年となる2019年を記念する事業で、大田広域市の観光産業全般を整備して、持続的に成長可能な新成長動力として位置づける計画だ。

大田訪問の年の宣布と共に、具体的な目標と事業内容も一部公開した。まず、訪問の年宣布を通じて2019年度の年間大田市訪問観光客数を500万人に拡大する。大田広域市の現在の観光客の数は年間350万人レベルで、全国の広域市のうちで最下位レベルにとどまっているが、大田訪問の年によって大幅に拡大するという目標だ。

国内外の観光客にとって魅力的な大田広域市のイメージ向上を目指して関連事業も樹立する。まず、観光客を誘引できる様々なキラーコンテンツを大々的に企画する。韓国で3番目に大きな規模を誇る人工湖であり、大田広域市の自然観光ランドマークである大清湖に新規歩道や景観施設を造成して、日の出と夜景眺望の名所として人気の食蔵山の頂上に展望台を新たに建設する。

現代アート・インスタレーション・イベントも開催する。以前にソウルロッテワールドタワーで行われていたラバーダックのような大型のバルーン型造形物を甲川の河川敷一帯とハンバッ樹木園芝生広場に設置し、エキスポ橋一帯に自然と科学を表現したトリックアート・イベントスペースも造成し、みどころを提供する計画だ。

この他にも文化の香りツアー、大清湖ツアー、ヒーリングツアー、健康ツアーなど大田広域市のカラーを盛り込んだテーマ観光商品も企画して専門の旅行代理店を通して大々的に販売する予定である。

まだ具体的な内容は公開されていないが、観光収入拡大の中核となる外国人観光客の誘致拡大のための事業も検討中だ。外国人観光客の訪問を誘導することができる専用商品の新設と交通の拡大のためのシティツアーに加え、大田広域市の認知度を向上するための海外マーケティングも実施を検討する予定だ。

「2019大田訪問の年」を記念する公式ロゴも公開した。公式ロゴは大田の地名の頭文字である「大」の字と、1993年の大田エキスポ当時の象徴である「ハンビッ塔」、そしてエキスポ公式マスコットだったクムドリの「宇宙軌道」の形を組み合わせてシンボル化したもので、大田エキスポを契機に発展を遂げた大田がさらに大きく成長したことを表現している。

キャッチフレーズは「ビジットテジョン7030」で、大田市発足70年、広域市昇格30年の意味を込めて「7030」という数字の組み合わせを加えた。

大田広域市側は「1993大田エキスポが大田という都市を世界に知らせ、大田の発展を劇的に早めたように、2019大田訪問の年が大田観光の新たな飛躍のきっかけとなるだろう」と明らかにした。

一方、「2019大田訪問の年」の詳細キャンペーンと関連情報は、2019年1月中に公式ホームページを通じて公開される予定だ。

文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

83fdeb2ef870c86f2e96ef61be385bc6-150x150

Kポップエキスポ音楽祭開催

Kポップエキスポ音楽祭開催  韓国Kポップの過去と現在、未来を一度に見ることができる「Kポップエキスポ」の大音楽祭が、第17回仁川アジア競技大会期間中の9月19日から10月5日まで17日間、仁川西区景西洞の京仁アラベッキル仁川港湾公社北仁川複合団地で開幕する。   イベントでは、…続きを読む

DDP_ディオール展

ディオール、「エスプリDIOR」展をDDPでオープン

 フランスの高級ブランドであるディオールの「エスプリ・ディオール‐ディオール精神」展が8月25日まで東大門デザインプラザ(DDP)で開催される。今回の展示会では、ディオールのドレス・香水・アクセサリー・写真・記録等が展示され、世界的なブランドのディオールならではの独歩的なブランド…続きを読む

kguid-150x150

外国人対象の韓国安全ガイドブック発刊

 文化体育観光部と韓国観光公社は、外国人観光客が安全に韓国旅行を楽しむことができるよう、「韓国の安全ガイドブック(Safe Travel In Korea)」を英語・中国語(簡体字、繁体字)・日本語で出版した。 このリーフレットは、観光警察・観光苦情申告センター・119などの緊急…続きを読む

toyokoin

日本系ホテル「東横イン」昌原市にオープン

 釜山と隣接する慶尚南道の中心都市昌原市に、リーズナブル宿泊専門日系ブランドである「東横インホテル」が建設される。昌原市は今まで団体観光客のための宿泊施設が不足であるという指摘があり、競争力のあるホテルを誘致するためにホテル業界を対象として広報活動を繰り広げてきたが、「東横インホ…続きを読む

ITX-새마을

コレール、ITXでWi-Fi無料サービス

 これからはITX‐セマウルとITX‐青春でも列車利用中の無線インターネット(Wi‐Fi)が利用できるようになる。コレールは7月1日(土)から列車利用客の変化した生活パターンに合わせてITX‐セマウルとITX‐青春では、無線インターネットサービスを新たに実施すると発表した。 客室…続きを読む

방한외국인관광객_증가

訪韓外国人観光客1534万人記録、15%増加

 昨年2018年に韓国を訪れた外国人観光客が約1534万人で、前年より15%増えたと暫定集計された。中国のTHAAD報復措置の影響を受けた2017年の1333万5758人と比較すると15・1%増えたもので、「訪韓外来客1500万」線を再び回復した。 2018年の外国人観光客の数値…続きを読む

고토치셔틀_2020

「2020ご当地シャトル」で地方小都市旅行に出発!

文化体育観光部と韓国観光公社が実施する日本の個人旅行者向けツアープログラム「KOREAご当地シャトル」の2020年度新規コース5ヵ所が発表され、今年の春シーズンから正式運用に入る。 「2020ご当地シャトル」コースは、仁川広域市の江華(カンファ)郡、江原道の高城(コソン)‐束草(…続きを読む

인천공항_1터미널

仁川国際空港第1旅客ターミナル、4月から改装実施

仁川国際空港第1旅客ターミナル(T1)が、4月から大規模な改装工事に入る。仁川空港公社によると、仁川国際空港第1旅客ターミナル出国場全体をリニューアルする大規模な工事が4月から来年初めまで行われる。工事が終わった順に航空会社カウンターも全面再配置する。 今回の改装工事は施設の老朽…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02