大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

2015年04月06日

大邱国際空港‐関西の直行便が16年ぶりに開かれる

ティーウェイ航空、3月30日から週5回のスケジュールで定期就航

tway

大邱・慶北圏の関門である大邱国際空港と日本関西の玄関口である関西国際空港間を結ぶ国際定期便が3月30日に開かれた。大邱・慶北圏から日本への定期便が就航するのは16年ぶりのことで、同路線は1998年9月、利用客低調を理由に中断した。
16年ぶりに復活した大邱・関西路線には、日本地域で多数の定期便を意欲的に推進している格安航空会社ティーウェイ航空が引き受けた。5回往復(片道10回)で、189人が搭乗することができるボーイング737‐800機が投入される。
スケジュールは、週5回(月、水、金、日‐往復2回)で、TW242便は午後1時20分に大阪を出発して大邱に午後3時に到着し、TW241便は午前11時に大邱を出発して関西に午後12時20分に到着する。週末の日曜日は、利用客の便宜のために午前と午後便の1日2回が運航され、関西からは午後6時50分に出発する。大邱国際空港と関西国際空港までの飛行時間は約1時間40分。
料金も格安航空会社であるだけに、経済的だ。片道料金基準で1万円前後となっており、日本語に対応しているティーウェイ航空のホームページ(www.twayair.com)かティーウェイ航空券を扱う日本国内の主要旅行代理店を介して購入できる。
定期便が就航するティーウェイ航空は、「LCC(格安航空会社)の中で初めてティーウェイ航空が大邱‐日本関西路線という重要な就航をすることになった。大邱は韓国内陸中央に位置する観光都市で、日本と歴史的に縁の深い鹿洞書院をはじめ、朝鮮時代から350年の伝統を持つ漢方薬通りである大邱薬令市などの観光名所に加え、ソウルに劣らないショッピングを楽しむことができる東城路、そして大邱10味に代表される料理が多様で、新しい韓国旅行を期待する日本人観光客には絶好のスポット」とし、「合理的な価格で、大阪と関西圏の旅行を提供することができるように努力する」と明らかにした。
大邱市側のソン・サムダル大邱市空港鉄道担当は「これまで大邱と慶尚北道圏を訪れる日本人観光客は金海空港や金浦、仁川空港などを利用するしかなかったが、今回の関西国際空港の定期便就航によってダイレクトに大邱に来ることができようになった」とし、「大邱・慶北地域を訪れる日本人観光客誘致に今回のティーウェイ航空の定期便就航が大きく寄与するだろう」と期待感を示した。
一方、大邱市は、年末までに関西国際空港に加え、東京成田空港と香港国際空港間の直行便の路線も追加で推進する計画だ。
文/李相直記者

Pocket

関連する記事はこちら

KATA_회장s

〈インタビュー〉韓国旅行業協会会長・梁武承

日韓相互交流人口 1000万人に向けて 韓国旅行業協会会長・梁武承   昨年、日韓交流人口は700万人を突破した。その裏では両国政府のみならず、旅行業界の努力があったことは確かだ。そんな韓国旅行業の立役者の一人である韓国旅行業協会(KATA)の梁武承(ヤン・ムスン)会長…続きを読む

jal

日本航空‐大韓航空、特典航空券の相互交換を開始

 日本と韓国で最大の航空会社である日本航空と大韓航空が12月1日を期して、日韓路線においてマイレージプログラム提携を開始した。今回の提携により、両社のマイレージ会員は特典航空券の相互搭乗が可能となり、マイレージの使用と特典航空券の利便性が拡大する。 特典航空券の相互交換によって、…続きを読む

녹색나라체험사진공모전

2014忠清圏緑の国体験写真コンテスト

9月30日まで、韓国観光公社忠清協力団で受付  韓国観光公社忠清協力団は「緑の幸せに染まる」というテーマで、忠清圏の4つの市・道(大田市、忠清南道、忠清北道、世宗市)農村体験村を旅行・訪問する体験客を対象に体験写真コンテストを開催する。  公募展は、韓国内の農村体験学習のブームア…続きを読む

大韓航空岡山

大韓航空、仁川‐岡山路線を週9回に増便

大韓航空が岡山路線を増便する。大韓航空は現在週7回運航している仁川‐岡山路線を6月4日から8月10日まで週2回を増便して週9回となる。 韓国基準の増便は、出発便が金曜日と月曜日の午前7時30分に仁川空港を出発して午前9時に岡山へ到着し、帰国便が木曜日と日曜日の午後9時に岡山を出発…続きを読む

shuttlebus

舎堂‐光明KTXシャトルバス1月11日から運行開始

 ソウル舎堂駅‐光明駅間を15~20分で運行するKTXシャトルバス(路線番号8507番)が本格的に運行に入り、ソウル江南地域とKTX光明駅間が非常に近くなった。 KTXシャトルバスは地下鉄2・4号線舎堂駅でKTX光明駅まで江南循環高速道路を利用して17㎞区間を中間停車なしにノンス…続きを読む

慶尚南道観光博覧会

慶尚南道旅行情報が一堂に、慶南観光博覧会開幕

 慶尚南道の18ヵ市・郡の観光情報を一ヵ所で接することができる「2016慶南観光博覧会」が、18〜20日、昌原コンベンションセンターで開かれる。博覧会を通じては慶尚南道の各地域を代表する観光地、祭り、レジャー、歴史、文化探訪、自然景観など慶尚南道の多様な観光コンテンツが紹介される…続きを読む

陜川映像テーマパーク

陜川映像テーマパーク、7月1日新たにオープン!

陜川映像テーマパークが7月1日から、大統領府セット場の再開場と共に新しい姿でオープンする予定だ。 「陜川郡映像テーマパーク運営条例」の改正に伴い、青瓦台セット場が映像テーマパークの運営範囲に含まれて統合運営される。 入場料は大人3千ウォンから5千ウォンに引き上げられる。 青瓦台セ…続きを読む

nothumbnail

「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売

日本人観光客シャトルバスで全州へ 日本人の個人旅行者対象「ソウル‐全州日帰り有料シャトルバス」商品発売  韓国観光公社と全州市が共同で、11月9日までの毎週金・土・日曜日にソウル‐全州を往復する有料シャトルバス商品を運行する。   全州シャトルバスは、ソウルに集中している日本人観…続きを読む

東海岸圏経済自由区域01
東海岸圏経済自由区域02